スポンサードリンク

千葉駅エリアの人気店、ラソイが2AWと夢のコラボ! 十六穀米で頂くバターチキンカレー、紫悠さまセットvol2を食べてみた

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

2002年の立ち上げから、17年の歴史を千葉で歩んできた「KAIENTAI DOJO」

この6月からその団体名を「2AW」へと変更して再出発するものとなり、

千葉在住のプロレスファンだけでは無く、大きな話題を巻き起こすものとなりました

 

またその一大ムーブメントは、プロレス界だけに留まらず

千葉の飲食店業界にもその熱の余波は押し寄せており、KAIENTAI DOJO時代から、多くの選手が足を運んでいる

こちら、本ブログでもお馴染みのカレー店

千葉駅から徒歩7分、新田町にお店を構えるラソイにも、2AWの新たな船出を祝う新メニューが登場したとのこと

 

という訳で、この日のランチは2AWとのコラボメニューを頂くべく、ラソイを訪れるものとなりました。

千葉駅界隈のインドカレーといえばお馴染み、ラソイ 2AW旗揚げ記念&初夏の新メニューが登場!

オープン以来、定期的に足を運んでいる、新田町(通称:裏千葉)のインドレストラン、ラソイ

こちらのブログで取り上げるのは久々となりますが

千葉の一押しカレー店「ラソイ」に新メニュー! カレーだけじゃない、マトンビリヤーニも激ウマだった!
千葉の飲食店をそれなりに訪問してきてはいるものの、リピートしているお店は少ない中、定期的に訪問しているお店の1つとなるのが、千葉のインドカレー店「RASOI(ラソイ)」 ここ
2018-08-15 08:12

そのカレーを始めとした料理の数々は、今更私が説明する必要も無い品々ばかり

 

加えて、接客を始めとした気配りにも非の打ち所が無く

我が家では、カレー=ラソイの方程式が成立し、気付けば2年を過ぎるものとなります

 

そんなラソイですが、前述した通り

この日の目当てとなるのは、団体名を一新し再出発を果たした2AWとのコラボメニュー

 

ですが、その前に初夏のお勧めメニューが登場したとのことで、まずこちらをチェック

ビーツと玉ねぎのカチュンバーサラダに

パクチーとエビのオリエンタルサラダ

クマルさんのタンドリーチキンは、通常より150円OFFの550円にて提供

 

といった感じで、あまり目にすることの無い、インドレストランらしい品々が並ぶ初夏メニューとなっております

そして、その一番下を飾っているのが「2AW」とのコラボメニューとなるのですが、その詳細はこちら

この6月より、新たに加わった新メニュー、

その1つ目となるのが、2AWとのコラボメニュー第1弾、紫悠さまセット

 

こちらは、甘みとコクを楽しむバターチキンカレーを、敢えて辛口にヒートアップ

そのカレーと共に頂くのは、クセはあるものの、そのクセが病みつきになるパクチーチーズナン

更には、サラダ、ドリンク、チキンティッカ、デザートまでが付いたセットメニューとなります

 

他のランチメニューに比べ、お値段は若干張るものの、カレーをメインにしつつ、

コース料理さながらに各種料理を頂ける訳ですから、納得のボリューム&お値段となります

 

 

続いて左側ですが、こちらは私がラソイを訪問した前日よりスタートしたばかりとなる、

2AWとのコラボメニュー、第二弾のセットメニュー

その名も「紫悠さまセットVol2」となります

 

こちらも主役となるのはバターチキンカレーですが、こちらは通常の辛さなしVer

しかし、これを共に頂くのは、ナンでもジーラライスでもインディカ米でも無く、

私が知る限り、ラソイでは初提供となる十六穀米とのこと

 

ここに彩り鮮やかなビーツのカチュンバーサラダ

ドリンク(基本はチャイですが、ラッシー等に変更可能とのこと)、

SPサラダ、SPデザートの計5品が付いたセットメニューとなっております

 

 

2AWとのコラボに加え、どちらもベースはバターチキンカレー

大きな違いとしては、十六穀米かパクチーナンか

後は、バターチキンカレーの辛さかな、と思っていたところ

 

日頃より懇意にしているスタッフさんより

『バターチキンの辛さはどちらも変えられますよ』との事

 

となると、両セットどちらを選ぶかの大きな基準点は、

・十六穀米

・パクチーチーズナン

このどちらでカレーを頂くか、に絞られるものとなり、

今日の所は十六穀米との組み合わせを試したく「紫悠さまセットVol2」を頂く事に。

 

 

注文を終えると、まずはランチョンマットが用意されるのですが

こちらのデザイン・・・浅川紫悠選手のファンならお馴染み、リングコスチュームと同じデザインとなる拘りぶり(笑)

 

そして、そんなマットの上に登場するのがこちら

セットメニューの1品目、カチュンバーサラダとなります

(セットのドリンクは、ラッシーに変更して頂きました)

 

チョップドサラダの様に、グラスへ盛り付けられた彩り豊かな野菜とチーズ

その上にはパパドが飾られており、見た目の華やかさを与えつつ、インド料理らしい風変わりなサラダとなっております

早速、こちらをスプーンで頂いてみると、まず届くのがスパイスの香り

 

サラダではありながら、数種のスパイスが加えられており、スッと抜ける良い香りの後に辛味が到来

この辛味が、チーズのコクや各野菜の甘さを引き立てており、斬新な味わいであるものの、スパイスの辛味が病みつきになります

 

なおこちらのサラダ、レギュラーメニューにも存在しているとのことですが、今まで気付かず(汗)

カレーの種類が多いお店だけに、そちらにばかり目が向いてしまうこと

 

更には、写真で見ただけでは味の想像が付かない事から、注文する事なくいたのですが、

これはスパイス好きには、是非とも1度味わって欲しい、斬新な味わいに、クセになる美味しさを秘めたサラダとなります。

2AWの新たな船出を祝うコラボメニュー、十六穀米で頂くバターチキン「紫悠さまセットvol2」

この日、ラソイを訪れたのは、お昼真っ只中の12時少し前

 

子供の習い事の兼ね合いで、少し遅めの訪問となったわけですが

11時開店となる店内は既に賑わっており、私たちが入店した時点でも、空席は数えるほど

 

少し聞いた話によると、やはり2AWとのコラボメニューをオーダーするお客さんが多いらしく

この日、私がオーダーした「紫悠さまセットVol2」も、十六穀米を準備する兼ね合いもあり、残り僅かとのこと

お昼時には、日頃から賑わっているお店ですが、2AWとのコラボが更なる拍車を掛けている様でもあります

 

そんな様子を眺めながら、私はというとセットのサラダとラッシーを頂きつつ

更には、この日連れてきた子供が注文していたナンを切り分けながら、一口摘まんだり

一足先に提供された、カミさんのオーダーしたジーラカレーライスを一口頂き・・・

 

など、家族のオーダーしたものを細々とつまみ食いしながら、待つこと10分少々

先ほどのランチョンマットを覆い尽くす、威風堂々な出で立ちで現れたのがこちら

2AWとラソイのコラボメニュー、第二弾

「紫悠さまセットVol2」となります

※ カレーは辛口にてオーダー

 

浅川紫悠のコスチュームをイメージしてか、カレーには珍しい黒の器

そこに盛り付けられたバターチキンカレー

(今回は辛口をオーダーしたので赤いですが、本来はもっと黄色み寄りの筈)

 

副菜には、これまた鮮やかな赤さが際立つビーツ

ご飯は、ラソイでは初となる十六穀米がたっぷり

そして、ご飯の上に飾られたパパドですが、これは角度を変えて見ると納得

2AWの新たな船出をイメージし、船のデザインを模した盛り付けとなっていたのです

豊かな色彩に、健康を意識した十六穀米

カレーと共に頂くことで、酸味や甘みも加わるビーツ

 

その組み合わせだけでも、目で楽しめるコラボメニューとなっていますが

更には、船出を意識した帆船モデルになっていたとは、2AWへの深い愛情が伝わってきます

 

そして、本メニューの特典となるのが、こちら

浅川紫悠選手の直筆サイン入りステッカーとなります

(こちらは数量限定とのことです)

光の加減に加え、黒地の部分に黒いペンで描かれ、かなり見づらいものの、そこにはしっかりサインが

 

ちなみにこちらのステッカーは、1度張ったら終わり

ではなく、何度でも張り直しができる優れものとのこと

直筆サイン入りだけに使用を躊躇いそうですが、張り直し可能とあらば、すぐさま貼りたくなります(笑)

 

さて、見た目をしっかり堪能したところで、肝心なカレーの方を頂きましょう

こちらのビーツですが、

これは副菜として味わうよりも、カレーに混ぜながら頂くのがお勧めとのこと

 

甘さとコクがウリのバターチキンカレー

それを辛口で頂くという珍しいパターンに加え、添えられた副菜もまた珍しいタイプ

 

ラソイでは散々、色んなカレーを食べてきた私ですが

それをしても、この組み合わせは初となりますので

(どうせ美味いことくらいは分ってますがw)

これらの組み合わせを、じっくり味わうべく頂いてみましょう

 

まずグッと届くのが、バターのコク

甘みと旨味をしっかり感じるバターがカレー全体に広がり、まろやかな味わいを感じさせます

 

その甘みに引き立てられるように伝わって来るスパイスの味わい

1種2種では無く、複数のスパイスが混ざり合うことによって生まれる深みが伝わり、奥深さと重厚さを産み出しています

 

そして辛味の方ですが、これは見た目と比べギャップを感じる程で、ほぼ辛味を感じません

先に食べたカチュンバーサラダが辛味を与えていたこともありますが、それを差し引いても甘みの方が強く感じられ、他のカレーのような汗を掻く辛さには至らず

 

良い意味で、バターチキンはどこまで行ってもバターチキン、でしょうか

バターの強いコクがあるため、ほぼ辛味を感じませんので、辛いものが苦手な方でも安心して頂ける味わいです

 

そして、本邦初となるビーツとカレーの組み合わせ

これが実に面白いというか、今までに味わったことの無い旨味を与えてくれます

ほのかな酸味を感じさせながら、独特の食感が加わることで、従来のカレーには無い美味しさが感じられます

 

カレーと言えば、福神漬け!!

を、さも当たり前の様に組み合わせてきましたが

(福神漬けの中身がなんなのかも良く分ってないけどw)

 

この甘みとコクが溢れるバターチキンカレーに、ビーツを合わせるという新たな組み合わせ

鮮やかな色味に食感だけでなく、整腸作用や肝機能アップ、更には強い抗酸化作用と、様々な栄養素まで摂取できる付け合わせ

医食同源を地でいく最高の組み合わせを摂取できたとあらば、食べてる側から肝臓が喜んでいる気分になります。

 

そして、このカレーと共に頂くのが、

ラソイ初となる、十六穀米との組み合わせ

 

通常のご飯と比べ、炭水化物の割合が低めながら、食物繊維や必須栄養素もたっぷり

かといって、カレーの風味を損なわずに頂けるのは、強いコクを感じるバターチキンならではでしょうか

 

女性はもちろん、男性であっても十分な食べ応えを感じられ、ボリューム面にも不足無し

むしろ、この十六穀米で、他のカレーも食べてみたくなりますが・・・

他のメニューとの兼ね合いもあるので、ちょっとこれは難しそうですかね。

 

 

そんな感じに主役となるカレーを大満足にて頂き終えた所で、最後はスイーツが登場

この日のセットには、バニラアイスの生クリーム添え

 

そして、アイスの上には、これまた不思議なスパイスが振りかけられております

またもや新しい組み合わせとなったバニラアイスを、早速一口

 

まず感じるのはバニラ特有の分りやすい甘みなのですが、スパイスと共に頂くと、甘みが控えめに

これがなんのスパイスなのか、それを解き明かすほどの知識は私にありませんが、バニラ特有のまどろっこしい甘みが残らず、スーッと引き上げています

 

甘み自体が失われる訳では無いものの、後を引かなくなる爽快さは、スパイスがもたらす効能でしょうか

ここでもまた、スパイスの奥深さを味わうものとなり、その可能性の幅はもちろん、まだ見ぬ料理に出会う感動も得る結果に。

 

 

といった具合に、公開二日目に頂くものとなった、ラソイの新メニュー

2AWとのコラボ、第二弾「紫悠さまセットVol2」となりました

 

通常メニューにもラインナップしていながら、想像の付かない商品名故に、これまで頂く事なかったサラダに始まり

辛口で味わうバターチキン、ビーツとの組み合わせ、更にはそれを十六穀米で頂くことで、様々な栄養素を美味しく頂けてしまうワガママな一杯

体が資本となるアスリートさながらの気分を味わいつつも、それらをスパイスの奥深さで、驚きと共に最後まで美味しく頂くものとなりました

 

惜しむらくは、本日頂いた「紫悠さまセットVol2」ですが

他のメニューには使用していない十六穀米が使用されるため、1日あたりに提供できる数が限られるとのこと

※ この日は4食限定となっていたそうで、私が頂いた後には品切れになったとのことでした

 

開店時刻となる11時を目指して伺えば、頂く事は可能となりそうですが

ランチの繁忙帯を過ぎてしまうと、巡り会うのは難しいかも知れません

※ 提供数や商品の有無については、ラソイ公式Twitterの事前確認をお勧めします

 

それと、もう一点挙げるとすれば・・・

本メニューとコラボしている、浅川紫悠選手ですが・・・

「紫悠」の文字が、普通に変換しても出てこない、ブロガー泣かせの商品名である事(涙)

 

以前のリングネームである「GO浅川」なら、どんだけ楽だったか(笑)

まあ、そこはコピペで解決させて頂きましたが

 

いずれにせよ、2AWの新たな出発を祝うコラボメニュー、

2AWファンはもちろん、様々な栄養素をヘルシーに頂ける一杯となりますので、ぜひ一度味わって頂きたいお勧めセットとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

インディアンキッチン ラソイ

■ いんでぃあんきっちん らそい

■食べログURL:https://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12040895/

(ネット予約 可)

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町15-1

■ 営業時間:11:00〜15:00 / 17:00〜21:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)

 

LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。