スポンサードリンク

そごう千葉店に新規オープンのベトナムレストラン、ジャスミンパレス おかず豊富なランチセット

LINEで送る
Pocket

毎度チェックしている、千葉の新店情報

そちらによると、千葉そごう10Fのレストランフロアに、ベトナムレストランがオープンしたとの事

 

そごう10Fのアジアン料理店と言えば、ニャー・ヴェトナムという、これまたベトナム料理の専門店が長らくお店を構えていたものの、

千葉そごうのアジアン料理、ニャーヴェトナム ランチパスポート3号掲載のランチメニュー

こちらは今年の2月に閉店となってしまい、現在は別のお店が営業中

 

カレー店ならまだしも、アジアン料理の専門店は、千葉では受け入れられていないのか?

などと考えていた矢先、旧ニャー・ヴェトナムのお向かい(多分)に、7月オープンとなった新店がこちら

ベトナムレストラン ジャスミンパレスが新規オープンしており、この日のランチはこちらで頂く事に。

 

店内の様子はというと、アジアンレストランとは言えさすが、千葉そごう

テーブル席を中心に広い作りとなっており、内装も真新しく清潔感が溢れています。

 

また、この日はあいにくの台風模様でしたが、

 

そごう10Fのお店らしく、眺望もなかなか

天気が良い日なら、見晴らし良い景色を楽しみつつ、ランチやディナーを頂けるお店であるのも特徴の1つですね。

スポンサーリンク

千葉そごうレストラン街に7月オープンのベトナム料理専門店、ジャスミンパレス

千葉そごう10Fのレストラン街に新規オープンしたベトナム料理を中心にアジア諸国の料理が頂けるお店、ジャスミンパレス

気になるランチメニューの方はと言うと・・・

・・・・なんか、凄い(笑)

 

原則としてランチはどれも、セットメニューとなっているのですが、上記メニューに掲載のある

■ 店長おすすめのセット(全6種)

■ もっとお得なセット(全5種)

については、

・メイン料理(フォーや焼きそば、カレーやガパオライスなどなど)

・生春巻き

・サラダ

・デザート

これらに加えて、選択するセット毎に

・揚げ春巻き

・蒸し春巻き

・スープ

・パパイヤのサラダ

・エビのフライ

などの品々までが加わるとのこと

 

上記セットメニューに比べると、少し品目が少なくなりますが、

お値段が若干リーズナブルになる「ベトナムご飯セット」というセットメニューもあったり

 

上記セットだけではなく、追加での単品注文を行うのであれば

この通り、アジアン料理店の定番とも言えるおかず達を選ぶことが可能

 

更には、ベトナムお好み焼きこと「バインセオ」や

牛、豚、鶏らを使った肉料理メニュー、

 

春雨や麺を使った炒め物だったり

見るからも伝わる辛さが食欲そそる、シーフードメニュー

 

中華料理では定番ながら、ベトナム料理ではちょっと珍しい

おかゆなどもあったり、

 

そして、ベトナム料理の定番麺料理となる、

フォーに加えて、サラダ麺という米粉を使ったビーフンの様な麺もあったりと、とにかくメニュー量がハンパじゃありません

 

これらに加え、千葉そごうという立地からか、

 

キッズメニューもしっかり完備されている充実ぶり

 

ランチでの訪問は勿論のこと、飲み会や家族での晩ご飯、更にはデートにでも利用が出来そうな、万能過ぎるアジアンレストランとなっております。

スポンサーリンク

おかず豊富なセットメニューから、とんこつ五目スープ麺のセットを食べてみた

そんなわけで、単品は勿論セットメニューすら数が多く、何を選択すべきか悩みすぎる、ジャスミンパレス

とりあえず、フォーを軸に考え様としてみたものの、フォーが頂けるセットメニューだけでも10種近くあり、それぞれのセット内容の違いを比べるだけでも至難の業。

 

このメニュー数を前にしたら、一度の訪問でお店を理解しようという方がおこがましいほど

ここは初回訪問と割切り、二度三度足を運ぶことを前提に、今日のところは

「もっとお得なDセット」こと「とんこつ五目スープ麺」を主役としたランチセットをオーダーする事に。

 

注文を終え、待つこと10分

本日のランチがこちら、

「もっとお得なDセット」こと、とんこつ五目スープ麺をメインに据えた、副菜多数のベトナムランチとなります。

 

まずは、メインとなるとんこつ五目スープ麺のスープから

豚骨ラーメンほどでは無いものの、しつこさの無いアッサリした豚骨出汁にニョクマムが香ります

そこに、たくさん入った具材から染み出た海鮮出汁も加わっており、スッキリした味わいで飲み口の良いスープです

スポンサーリンク

フォーの場合、多くは鶏か牛で出汁を取っているところを、何故この五目麺だけ豚骨にしているのかは謎ですが、牛や鶏の出汁にはない、骨太なフォーに仕上がっていますね。

 

スープを味わった所で、次はおかずへ

ベトナムレストランらしい生春巻きに揚げ春巻き

更に、奥のセイロの中には蒸し春巻きと、三種の春巻き

加えて、何故かのエビフライ(笑)

 

さて・・・ここで問題となるのは、お盆に盛り付けられている各種調味料の使い方

生春巻きのお皿に添えられているものについては、ほぼ間違いなく生春巻き用と考えられるのですが、それ以外にも複数調味料が置かれていながら、どれが何用なのか説明が1つも無し(笑)

加えて、テーブル上にも

こちらの通り、2つの調味料が置かれているものの、これについても用途の説明がないまま

 

というのも、こちらのお店・・・

やたらとメニュー構成が複雑な上、様々な調味料を提供していながら、ホールを担当するスタッフは全員、アジア系のスタッフさん

さすがに、そごう内の店舗という事もあってか、仕事ぶりには問題無さそうなものの、提供する料理に添えられている調味料を、どう使用するのがお勧めなのかを説明するほどの気遣いは期待出来ない様子

 

とりあえず、組み合わせとして間違いなさそうな、生春巻きから

うん、使い方に問題は無い様子

具材であるエビはプリッとしており、また野菜のシャキシャキ感も損なわれておらず

劇的に旨いわけでは無いものの、生春巻きとして普通に美味しく頂けるレベルとなっています。

 

続いて、ややこしさを感じるのが、こちらの茹で春巻き

これに関しては、どの調味料が適切なのか判断が付かず、ひとまずテーブル上にあった

「シラチャー・チリソース」を使ってみることに

甘さと辛さ、酸味を備えつつ、ほのかに香るガーリックが美味しいですね

ただ、ソースの味が強すぎてしまい、茹で春巻き側の素材が持つ味はあまり感じられず

これはこれで旨いモノの、正解かと言われれば微妙なのかも知れません…

 

まあ、悪い組み合わせではなかったとして、とりあえずメインの「とんこつ五目スープ麺」へ戻ることに

さて、こちらの具材ですが、「五目」を名乗るだけあり、とにかく具材が豊富

ドカンと目立つチャーシューに始まり、

 

エビもこの通り、ブリンブリン

 

更には、カップヌードルの「謎肉」を模したかのような、詳細不明な挽き肉

更にはうずら、レタス、玉ねぎなどもたっぷり入っており、五目どころか7~8目を取り揃えた、具材豊かな麺となっています。

 

しかし・・・

この「とんこつ五目スープ麺」にも、思わぬ弱点が

こちらのフォー・・・

茹で時間の問題なのか、茹で方なのか、麺の大半がダマとなっており、固まりのまま、ほぐれないw

加えて、麺を茹でる前に折れてしまったのか、それともこういう麺なのか、麺一本一本がやたらと短いのです。

 

その割に、米粉の麺らしいツルツル感だけはシッカリしているので、この短くカットされたダマを箸で崩してしまうと、麺が短くスベってしまい全く掴めない(笑)

これは、たまたま起きてしまった人為的ミスなのか、それともお店の提唱するスタイルなのか

その真意は定かではありませんが、スープ、具材共に良く出来た品ながら、主役となる「フォー」が、とにかく最悪にタチが悪い(笑)

 

ダマのままでは、ほぼおにぎり状態

かといって麺をほぐせば、一本一本が短く箸で掴めない以上、これをどう食べるべきか

導き出される答えは1つ

スプーンでダマのまますくい上げ、ご飯の如く掻き込むしか方法がない(苦笑)

 

本来ならズルッとすすり、頂くべきフォーを、小ぶりなおにぎりの様に団子状で頂いたところで、旨いわけも無い(笑)

おかずの充実度、スープや具材の豊富さなど、概ね高評価で来ていたところに、まさかの主役となる麺で手痛い仕打ちを受けるものとなりました。

 

これが一時の人為的ミスであるなら、次回訪問時には解消されている筈なので、さほど気に留めませんが・・・

もしこのフォーの形状がデフォルトのスタイルであるなら・・・いや流石に、それは無いと信じたいですね。

 

そんなこんなで、なんとかフォーを平らげ、最後の〆は

セットの一角を担うスイーツとなります。

ココナッツミルクにタピオカらが入った、ベトナムスイーツの定番

確か、チェーという名前だったかと思いますが、こちらでセットメニューはコンプリートとなりました。

 

ぱっと見の印象通り、おかずも具材も豊富で、多様な味わいが頂ける、満足度としては十分なランチセット

ではあるのですが、やはり触れずにいられないのは、フォーの茹で加減でしょうか(苦笑)

 

アレがたまたま起きた副産物であるのなら、今回の訪問で決めきれなかったメニューが多数ある以上、今後もあしげく通いたいお店であるのは間違いありません

が、あのフォーの形状が、人為的とは言え頻繁に起きうるのなら、フォーを避けつつ、次回はご飯モノをセレクトすべきかな、と考えてしまいます。

それ程までに、とにかく食べづらいことこの上ないフォーでしたが、それ以外については概ね満足のいく、ランチでの初回訪問となりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ジャスミンパレス 千葉そごう店

■ じゃすみんぱれす ちばそごうてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1000番地 そごう千葉店10F

■ 営業時間:11:00〜22:30

■ 定休日:そごう千葉店と同じ

スポンサーリンク


スポンサーリンク


LINEで送る
Pocket

近所のオススメ飲食店をもっと探す


コメントは受け付けていません。