スポンサードリンク

1月31日オープン! いきなりステーキ穴川東インター店の混雑状況は??

昨年閉店となった、京葉道路高架下(レッドロブスターのある交差点)近くの、サンクス。

穴川ICから千葉方面へ向かうにあたって唯一、左車線にあるコンビニとして重宝していたのですが、惜しまれつつも閉店となってしまいました。

 

その後、年末頃から同店舗の改装が始まっており、なにやら新たな飲食店がオープンしそうな雰囲気に。

 

インターからも近い飲食店となれば、相応のチェーン店が来るに違いない。

そうとあらば、今度こそ

「天一(天下一品)よ、次こそ千葉に戻ってこい!!」

と、強く空に向かって願いを届けたのですが・・・

 

願いは届かず、蓋を開けてみると「いきなりステーキ」が、1月31日にオープンするとの事。

 

昨年、蘇我のアリオにもオープンし、これで市内3店舗目となる、いきなりステーキ。

近所に出来てくれることは嬉しいですが、だからと言って有り難みがあるかというと・・・

とかなんとか言ってみましたが、すぐ近所に出来てくれたとあらば、やっぱ気になります。

 

という訳で、オープン翌日となる2月1日

いきなりステーキ穴川東インター店へ、ランチを頂きに早速行ってきました。

スポンサーリンク

開店待ちのお客さん多数、早くも大盛況ないきなりステーキ穴川東インター店

1月31日にオープンし、その翌日に訪問した「いきなりステーキ」の穴川東インター店。

早い段階から表看板を使いオープンの宣伝をしていたので、近隣への情報伝達は行われていた様子ですが、そうは言ってもこの通りには

・ブロンコビリー

・カウベル

と、ステーキ&ハンバーグ専門店が多く並ぶだけに、混雑の予想が全く付かず。

 

どんな状況であれ、オープン時刻に合せて向かえば問題無いだろう、という事で11時ちょうどにお店へ到着。

こちらの駐車場は、店舗前スペースに加え、裏手にも数台分のスペースがあるのですが、到着時刻にして空きは2台分のみ。

どうやら、開店待ちしていたお客さんが多数な上に、その殆どが車での来店な様子。

かろうじて空きスペースを見つけ、店内に入ってみると、30人程は収納できそうな店内ながら、すでに半分近くが埋まっています。

 

オープンと同時に訪問したというのに、この混雑ぶりとは….

いきなりステーキを舐めていたのは、どうやら私の方だったみたいです。

 

ひとまずは、無事に入店を済ませテーブルの方へ。

ちなみに、こちらの店舗は蘇我店同様に、カウンター式テーブル&椅子形式となっており、都内で主流となる立ち食いスタイルではありませんでした。

また、注文もテーブルで受けてもらえるので、じっくりメニューを吟味することが可能となります。

 

さて、メニューの方ですが、こちらは他店舗と同様で

厚切り系のリブステーキが3グレード、

そしてランチ限定のワイルドステーキ、ハンバーグ、乱切りカットステーキ、

 

そして裏面には、

お得なランチセットの付いてくる、リブロース、ヒレ、サーロインの全9種となっております。

 

いきなりステーキへの訪問は、昨年9月にオープンした蘇我店以来で、実に4ヵ月ぶり。

確か前回はハンバーグを食べていたので、今回は乱切りカットステーキを注文する事にしました。

スポンサーリンク

実はお得? ランチ&数量限定の乱切りカットステーキを頼んでみた

こちら、いきなりステーキの「乱切りカットステーキ」には、店内で使用している様々なステーキ肉の、余った端肉を使ったステーキとなります。

その為、タイミングが良ければ、値段以上にクオリティの高いステーキを食べられる反面、高グレードな端肉が少ないタイミングでは、クオリティが落ちるというギャンブル要素の強い一品。

 

一説によると、客単価の高い都内の店舗では「乱切りカットステーキ」のグレードが上がる反面、客単価の低い地方都市では、グレードが下がりやすいなどと、まことしやかに噂されていたりもします。

今回、穴川東インター店の乱切りカットステーキが吉と出るか凶と出るか、楽しみな所でもあります。

 

注文を終えて、周りを見渡すと既に入り口付近には行列が。

お昼休みまではだいぶ時間がある11:20、しかも平日にも関わらず、この盛況ぶりは相当なものです。

これだけの混雑ながら、ホールのオペレーションはしっかり回っており、テキパキと案内がなされていました。

比べるのもアレな話ですが、蘇我店のオープン時よりも、こちらの方がホールはしっかり回っている様に見受けられます。

 

注文を終えて10分程が経過し、まずはサラダが到着。

サラダの到着までにだいぶ間が空きましたが、ホールに比べて厨房内のオペレーションは、今ひとつなのかも知れません。

ドレッシングは他店同様、

・醤油ベース

・玉ねぎベース

の2種類が用意されております。

 

サラダをつまみ出してからわずか1分、今度はステーキが到着してしまいました。

テーブルの小さいお店なので、サラダを食べ終えた頃合いにステーキが到着すると、テーブル上のスペースを程良く使えるのですが・・・

サラダが遅すぎたのに対し、ステーキの登場はタイミング良好とは行きませんでした。

という訳で本日のランチ、乱切りカットステーキ(300g)となります。

 

見た限りでは、サーロインと思われる脂の乗った部位、ヒレやリブと思われる赤身中心のお肉が、半々に盛られています。

ただ、見た目だけでは判断できない、各部位毎のグレードの良し悪しがあるのも、乱切りカットステーキならでは。

 

ひとまず、サーロインと思われる脂の乗った所から頂いてみましょう。

レアな焼き上がりとなっており、肉質はなかなか、それでいて柔らかさも兼ね備えているので、これは当たりですね。

 

続いて、赤身を一口。

こちらはリブロースでしょうか、しっかり火が入っているものの、固くはなく、赤身特有の肉肉しい美味さが噛みしめる度に溢れます。

先ほどのサーロインに引き続き、これも中々の当たりが混じっていました。

 

その後も、一口毎に異なる肉質を味わっていきましたが、総評としては当たり7:ハズレ3と、かなりの高水準。

(ハズレとは表現したものの、当たりに比べて肉質が落ちる、というだけの話です)

 

過去に渋谷店で頂いた「オール当たりだらけ」の乱切りカットステーキには及びませんが、この日の乱切りぶりは絶好調でした。

もちろん、日によって、どんな端肉が出るのか異なるので、評価は難しいものとなりますが、このクオリティで300gのステーキが1650円なら、万々歳ですね。

 

ただ、私が食べ終わった頃(11:30過ぎ)には、駐車場には入れない車が溢れかえり、店外には待ちの行列も出来る程の大賑わいとなっておりました。

この大盛況がいつまで続くのかは分かりませんが、もう数日~数週間は続きそうな賑わいでした。

近々での訪問を検討する際には、開店直後を目指す位の気概が良さそうですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

いきなりステーキ 穴川東インター店

■ いきなりすてーき あながわひがしいんたーてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区殿台町81-4

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:年中無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。