スポンサードリンク

アリオ蘇我に9月オープン! いきなりステーキ アリオ蘇我店に行ってみた

今年の夏前より閉店する店舗が続き、いよいよ閉店・・・か?

と、不穏な空気を醸し出していた、アリオ蘇我。

 

実のところは、10周年に先駆けたリニューアルが行われるとのことで、それに合わせた店舗入れ替えが進んでいるとの話。

ただそうは言っても、リニューアルを宣言した夏から1つ季節が進んだというのに、新しい店舗がオープンする様子も無く、いぶかしげにしていた矢先

 

先月の中旬頃、アリオ2Fに「いきなりステーキ」がオープンとなりました。

千葉市内では、海浜幕張に続き2店舗目となるいきなりステーキ。

海浜幕張点に関しては、オープン当初に1度訪問しましたが、わざわざ幕張亜mで足を伸ばし、しかもコインパーキング代を払ってまで・・・

と考えると、今ひとつ気乗りしないイメージで終わっていました。

 

が、今回オープンしたアリオ蘇我店であれば、当然駐車場代は無し。

しかも、自宅からも近づいたとあれば、行かない理由も見つかりません。

という訳で、オープンから半月程が経過した「いきなりステーキ アリオ蘇我店」へ初訪問。

※ 写真は150店舗達成記念と言うことで、サーロインステーキの割引キャンペーンが開催中とのこと

スポンサーリンク

アリオ蘇我2Fにて、早くも行列の出来る人気店 いきなりステーキ

アリオの開店から遅れること1時間ちょい、いきなりステーキの開店時刻である11時にあわせて向かったものの、店内は早くも6割程の席が埋まっています。

確かに同フロア(2F)は、リニューアルに向けた改装の為、閉店しているお店が多いものの、平日の11時時点でこれだけのお客さんが入っているというのは、「いきなりステーキ」の認知度故、でしょうか。

 

ちなみにランチメニューですが、

・ワイルドステーキ

・ワイルドハンバーグ

・乱切りカットステーキ

以上3品が、割安なランチ価格で提供されています。

 

注文するに際し、カウンター前に並んでいると、

いきなり焼かれているステーキからのお出迎え。

まあ、そこまで「いきなり」でもありませんでしたが。

 

また、カウンターの向かいには掲示板を発見。

こちらには店舗物件募集の告知や、アルバイト、正社員の求人が掲載されているのですが、何の気なしに目を向けてみると

アルバイトの基本時給が、なんと1500円!!

求人広告なんて10数年目にしていなかったとは言え、今の時給相場はここまで高騰していたのか・・?

まさか、そんなはずは無い! あくまで、ここ「いきなりステーキ」ならではの、破格待遇ですよね。

それにしても時給1500円って・・・その辺のスナックより好待遇じゃないか??

 

求人広告の破格な待遇に心が揺らぎそうになるものの、注文を終えてひとまず着席。

いきなりステーキというと、都内に開店した当初の「立ち食いスタイル」が思い浮かびますが、ここアリオ蘇我店はテーブル&カウンター席がメイン。

また、全席着席可能な作りとなっているので、店名通りの「いきなり」感無く、普通に落ち着いてステーキが頂けます。

 

子供連れが多い店舗、ならではの配慮なのかも知れませんが、その割にメニュー構成は子供に寄せていない・・というアンバランス感は否めませんが。

スポンサーリンク

初回ということで、いきなりステーキを・・頼まず、ハンバーグを頼んでみた

さて、この日の注文ですが、いきなりステーキ来たならそりゃ、いきなりス・・・

と言いたい所をグッと堪え、ワイルドハンバーグをオーダーすることに。

 

着席とほぼ同時に提供されたのが、サラダとスープ。

こちらは、ランチメニューの中でも、ワイルドステーキ&ハンバーグを注文した方のみのセットになっています。

 

ちなみにドレッシング類は、

カウンター上部にあるこれらから好きなものをチョイスできる仕組みとなります。

 

特に変哲のない、サラダ&スープを頂き・・・待つこと・・・15分。

「いきなり」を看板に掲げているのに、待ち時間15分はさすがに遅い。

オペレーションに不慣れな開店当初、ならともかく、半月以上経過していながらこの待ち時間となると、人員不足が原因でしょうか。

時給1500円の好待遇を出したとしても、人ってなかなか集らないんですかね。

 

さすがに「いきなり」を諦めた、注文から18分後、

ようやくハンバーグがお出ましとなりました。

 

以前、いきなりステーキの常連だという友人から

「開店の悪い店だと切り落としが少ないので、乱切りカットは店舗によってムラがある」

「安定して美味い肉が食べられるのは、ハンバーグだ」

との話を耳にしており、次に機会があれば注文しようと夢描いていたのが、このワイルドなハンバーグ。

 

300gのふっくらしたお肉、その表面のみに焼き色を付け肉汁を閉じ込め、中の肉には鉄板を使い好みの火加減に仕上げる、といったスタイル。

切れ目より薄ら覗く中のお肉は、確かに半生どころかほぼほぼ火が入っていない模様。

 

この肉を鉄板に押しつけ、最終的な火入れを行う訳ですが・・・

これは、簡単じゃあ無い。

 

提供時にカットされてきた肉を、そのまま返して火入れを行っても、中までは全然火が入りません。

仕方ないので、小さくカットしようとすれば、今度は肉がバラバラとなり、とてもじゃないが写真に納められる美しさを保つことが出来ない。

 

小さくカットしすぎず、且つ、満遍なく肉内に火入れをするには・・・無い。

そんな高尚な技術、ミスター味ッ子でも無ければ思い浮かばないし、なにより食べながら実践する事など出来やしない。

 

結果、美しくないカッティングを施し、残骸の様な細切れ肉に姿を変えた「元ハンバーグ」とおぼしき肉に、少しずつ火を入れながら頂く事に。

小さくカットしたハンバーグからは、当然肉汁がこぼれ出してしまい、せっかく詰まった旨味も鉄板へと垂れ流れていくものとなりました。

 

ハンバーグそのものの下味は薄めながら、肉本体からはしっかり旨味が出ている故、火入れさえしっかり出来れば美味しく頂けるハンバーグなのでしょうが…

このハンバーグを上手くカットし、火を通しながら頂く技術を身につけた上で、リベンジを図るべきか…

結果、大人しくステーキを頂く方が賢い選択なのかも知れませんね(苦笑)

 

いずれにせよ、美味しさどうこうよりも、食べづらさの方が際立つランチとなってしまいました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

いきなりステーキ アリオ蘇我店

■ いきなりすてーきありおそがてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区川崎町52-7 アリオ蘇我 2F

■ 営業時間:11:00~22:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。