スポンサードリンク

ペリエ千葉5F 神田グリル 千葉ではレアなトルコライスを発見!

オープン以来、けっこうな数のお店を回ってきたものの、これでもまだ半分に到達するかどうか、というほど新店の数がとにかく多いペリエ千葉。

しつこさすら感じるものの、この日のランチも未訪問のお店に向かうべく、ペリエへ行ってきました。

 

この日のお目当てはというと、

ハンバーグ&オムライス、という夢の共演が人気NO1とされるこちらのお店。

 

オープン以前より着目していた洋食店「神田グリル」にて初ランチしてきました。

スポンサードリンク

昔懐かしい洋食が多数揃う、神田グリル ペリ千葉店

開店5分前に店先へ着いたものの、入店を待ちわびるお客さんが早くも7~8名列をなしている、神田グリル。

オープン当初の人混みが収まってきたペリエ千葉、開店待ちの列が出来ているお店は「アロハテーブル」を始め、数えるほどになってきましたが、その中でも未だ列が出来るこちらのお店。

その理由ですが、私が思うに「古き良き時代を思い出させてくれる洋食メニューの数々」ではないでしょうか。

 

ひとまず、開店と同時に店内へ。

テーブルに置かれたメニューに目を向けると、まずはランチメニューを発見。

グランドメニューについては、少し高めに感じる値段設定でしたが、こちらのランチは1000円以下とリーズナブルなセットが豊富。

そのメニュー内容も、鉄板に盛られたミートソースやチキンステーキのピラフな、カニクリームコロッケなどなど。

まるで「30年ほど前に食べた、デパートのレストラン」を思わせる、THE洋食なメニューが取りそろっています。

 

グランドメニューは更に華やかとなっており、

ハンバーグやビーフシチュー、ピラフといった洋食屋さんの定番メニューに始まり

 

オムライスやカレー、

しかも、単品では無く「洋食屋さん」らしいトッピングを盛り付けた多彩なメニュー、

 

そして当然ですが、

洋食のド定番となるハンバーグ&ステーキも、サイズやトッピングを変更しつつ、多彩な組み合わせで頂く事が可能に。

 

千葉市内でも老舗と呼ばれる洋食店はまだ健在ですが、その多くは個人経営のお店ばかり。

少人数で運営している個人店では提供の難しい、多彩なメニューが頂けるのは、ここ神田グリルならでは、といったところでしょう。

 

そして何より、メニューに目を向けることすらなく、半自動的に「お子様ランチ」を与えられていた幼少時代。

そんな頃にヒッソリ憧れていた、「大人のご飯」が、時を経て頂く事ができる姿には、ノスタルジーを感じずには居られません。

 

多彩なメニューに目移りする中、私の視線が思わず「凝」を発動してしまったのがこちら

長らく千葉中で探し求めていた「ステーキピラフ」を始め、

・ビーフカツライス

・ハントンライス(金沢の名物なので、千葉では激レアなひと品)

・チキンカツライス

 

そして、大人のお子様ランチと呼ぶにふさわしい

「トルコライス」など、ご当地感満載な、懐かしさも漂う洋食コンボメニュー達。

ここにはもう、このワンコーナーからセレクトするしか無い!!

スポンサードリンク

正に大人のお子様ライス!? 贅沢に盛り付けられたトルコライスを発見!

様々なメニューがある上、お得なランチメニューまでもある中、私がこの日セレクトしたのは「トルコライス」。

ドライカレー、豚カツ、ナポリタン

と、洋食三大メニューがワンプレートに収められた元祖、ご当地ライス。

 

高度成長期時代に、長崎を皮切りに全国へと広がっていった同メニュー。

当然ながら、中東の「トルコ」とはなんら関連性を持たないどころか、本場のトルコはイスラム教徒が多い為、そもそも豚肉が禁止されているのだとか。

 

それでありながら、同メニューがトルコライスと呼ばれ今日に至るには諸説あるのですが(3食盛られる姿がトリコロールのよう、だとか)そんな根源、私には関係無し。

好きな料理が3つも盛られる、豪華絢爛な姿のみで食は進むのです。

 

そんな理由からトルコライスをオーダーし、まずはセットのサラダから。

フレンチドレッシングの掛かったこちらのサラダ、可も無ければ不可も無い、まあまあシンプルなものとなっております。

 

サラダの提供から待つこと10分強。

ランチとしては少し長めの待ち時間を経由し、ついに到着。

具材は少なく、シンプルではあるものの、その3巨頭が既にシンプルとは言い難い、トルコライスの登場となります。

 

トルコライスの「ライス部分」には、白米とドライカレーの2種があるものの、こちら神田グリルではドライカレーが採用。

当然、私が好むのもドライカレーとなりますので、理想的なセッティングとなります。

 

次に、豚カツへ掛かるデミソース。

ソースでもケチャップでも無く、ここはデミグラスソースで無ければ成立しません。

豚カツではありながら、どこかマッタリとした甘み、そして奥深さが味わえるこの組み合わせこそ、昭和の洋食の象徴。

 

そして、昭和の象徴というにふさわしい、ナポリタン。

本場ナポリに「そんなものは無い」と、トルコライス同様、ネーミングセンスに疑問が残るナポリタン。

これも「パスタ」ではなく、「スパゲッティ」と呼ぶべき、ソフト麺のような太い麺に、玉ねぎ&ピーマンと、シンプルな具材で仕上がっています。

 

プレートを彩る三者が主役でありながら、三様に張り切りすぎず、どこかチープな雰囲気を醸し出す空気感。

この取り合わせであれば、凝ったソース、具材など必要無し。

言ってみれば、どれも家庭レベルの味で十分なのです。

 

家庭レベルで作れる品ばかり、ではあるものの、じゃあ家庭でこの3品を同時に提供できるのか?

いや、そんな面倒な事はしたくない!!

その面倒を叶えてくれるのがお店であり、そしてトルコライスの在り方なのです。

 

1品1品のこだわり、味への探求などを求める方が野暮。

ただただふてぶてしく「豪華に盛り付けてやったぞ」、その表情を見せるだけで十分。

トルコライスとは、そんな存在なのだと再確認した一食でした。

 

※ 要するに、どれもそつなく提供されているものの、特筆すべき点は無い。 

でもそれで良いんだ、と伝えたい訳です

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

神田グリル ペリエ千葉店

■ かんだぐりる ぺりえちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-1-1 ペリエ千葉 5F

■ 営業時間:11:00~22:30

■ 定休日:ペリエ千葉に同じ

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。