スポンサードリンク

JR津田沼駅、徒歩0分の洋食店 キャラバンサライのボリューム溢れるオムライス&ハンバーグ 

7月10日、月曜日 この日は珍しく津田沼方面へ。

 

その理由は・・・というと、

ガンプラExpo 2017 IN 津田沼パルコの最終日が目的。

 

しかし他の会場で開催された同イベントに比べ、出展数も少なく、著しくショボいイベントに肩を落とすも、せっかく津田沼まで来たのなら…

とランチに立ち寄るお店を物色。

 

人気ラーメン店の多い津田沼エリアですが、車を駅前に停めてしまったものの、駅チカにはめぼしいラーメン店が無い、という矛盾に遭遇。

仕方なしにラーメン以外のランチを探し、目に入った気になるお店がこちら。

JR津田沼駅のガード下にて、40年以上経営されている「キャラバンサライ・CABIN 津田沼店」にてランチをする事に。

スポンサーリンク

JR津田沼駅徒歩0分 ガード下で見つけたレトロな洋食店、キャラバンサライ

津田沼駅のガード下に40年以上、お店を構える洋食店、キャラバンサライ・CABIN 津田沼店。

なんとも懐かしいレトロな雰囲気を漂わせるこちらのお店ですが、入り口前に並ぶ料理からも歴史を感じ…

全然、感じない。

いやむしろ、洋食の最先端とまでは言わずも、定番の料理に一手間加えた様な品が多く、品数も豊富。

しかも、ボリュームもそこそこなメニュー写真に、早くも期待のボルテージが音を上げて高まります。

 

では早速入店…と思いきや、入り口前に掲げられている看板には「準備中」の文字が。

11:00オープンを確認して訪問しており、この時点で時計が指すのは11:17。

どういうこっちゃ? と店内を覗くと、店主さん?らしきご高齢の男性が

「もう少しで準備できるので、少し待ってて下さい」

とのこと。

 

どうやら、表に並べる本日のランチの調理が終わってなかったらしく

(今時、店前に並べる料理を手作りしている事にも驚かされますが)

そちらの調理&セットを終え、店内へと案内されました。

 

では早速、ランチのメニューへ。

まずは、先ほど店主さんが表に飾り付けていた、本日のランチ。

ハンバーグと鶏の唐揚げ、主役が二品並ぶ本日のランチは、ライスとスープまで付き900円。

ボリューム感を想像するに、お値打ちなランチですね。

 

続いてグランドメニューへ。

商品の一部をトリミングした写真ばかりで、ボリューム感が想像出来ないメニューばかりズラリ(笑)

ステーキやハンバーグ、海老フライといったゴリゴリの洋食屋さんかと思いきや、牛ホルモンや生姜焼きなど、定食風のメニューもチラホラ。

 

裏面のメニューに目を向けてみると、

 

こちらはパスタやオムライスを中心とした、炭水化物メニューが中心。

久々に見る、懐かしい雰囲気を醸し出すドライカレー、良いなあ

でも、表面の牛カツレツも捨てがたいし、この雰囲気で出てくる牛ホルモンも気になる所。

 

選択を悩まされるほどに、多数の魅力的なメニュー。

しかし、その中でも群を抜いて「お値打ち感」を放つメニューを発見、よしこれだ!!

スポンサーリンク

オムライス&ハンバーグ 洋食2大巨頭の揃い踏みが1280円!

開店から3分の店内(本当は20分前に開店しているはずなのだが)に先客は無く、昭和の原風景を残す店内の様子。

最近では、とんと減ってしまった「町の洋食屋さん」と呼ぶにふさわしい、レトロな店内。

この雰囲気に、昭和のまま止っているかの様な時の流れを感じていたのも束の間、11:30が近くにつれ、続々とお客さんが入店。

開店からわずか10分を過ぎた頃には、席の半分以上が埋まってしまった。

 

駅から徒歩0分という立地もあるのだろうが、この店内の活気こそが、40年も続く人気店であることを象徴しているかの様。

ホールを担当している店主さん(らしき男性)の、のんびりした動きからも、良い意味での年期が伝わってきます。

 

そうこうしながら、注文から15分ほどで、まずはハンバーグが到着。

写真ではイメージが伝わらなかったものの、スキレットに乗った和風ハンバーグが登場。

そして、これとセットとなっていたのがこちら

トマトソースのオムライス。

 

洋食の2台巨頭、とも言うべきハンバーグオムライスのセットメニュー。

豪華な組み合わせながら、そのお値段はまさかの1,280円!

 

・・・安い!

とまでは言わないものの、これだけのボリュームあるハンバーグ(恐らく200gほど)に、丸々一人前のオムライスがセットとなり1,280円なら、十分お値打ち価格と言えましょう。

 

しかし、安くてボリュームがあれど、結局はウマくなけりゃ話にならず。まずはハンバーグから。

大根おろしに醤油、そこに生姜も加わった和風のソース。

そして、このソースを受け止めるハンバーグは、柔らかめながらフワフワの食感。

最近流行りの「肉汁ブシャー系」では無いものの、肉の柔らかさと旨味がジワジワくるタイプのハンバーグ。

生姜を効かせたソースとの相性も良く、これだけで白米2杯はイケてしまいそう。

 

しかし、この日の左手には白米で無く、黄色と赤のコントラストまぶしいオムライスが。

オムライスとハンバーグ、子供の頃なら叶う事の無い豪華な組み合わせを、昼から堂々と頂けるのは大人ならではの特権。

(ほんの数分前まで、平日ながらガンプラExpoに寄っていたものの、一応立派な大人です)

 

フワッとした玉子、口にする事無く伝わるトマトの酸味。

良いオムライスである事間違いないそのひと匙を口の中へ…うん、しっかりウマい。

特筆すべき点がある訳では無いものの、40年以上の歴史と、それに裏打ちされた「裏切らない味」がここにアリ。

 

駅前という恵まれた立地にあぐらを掻いている訳で無く、丁寧で失敗の無い、確実な料理達。

昭和の原風景ともいうべき、時の流れの止った店内雰囲気に、ゆっくり時を進めるホール担当のご主人(と、おぼしき人)。

駅前という一等地に、長らく店を構えるお店は、津田沼駅の看板とも言うべき、人気に裏打ちされた良店でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

キャラバンサライ・CABIN 津田沼店

■きゃらばんさらい きゃびんつだぬまてん

■ 住所:千葉県習志野市津田沼一丁目1-1

■ 営業時間:11:00~22:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。