スポンサードリンク

JR稲毛駅前、陣八そば 主張激しいお蕎麦屋さんで頂く、辛肉つけそば

少し前より、JR稲毛駅周辺をぶらつく機会が増えており(目的はランチですが)その際、目に入り

「・・・主張、強(汗)」

と感じつつも、気になっていたお店の1つ

JR稲毛駅のロータリー外側の通り沿いでデカデカと看板を掲げている「陣八そば」なるお店。

 

こちらは立ち食い蕎麦の様な風貌ながら、全席椅子付きのカウンター&ボックス席となっており

またメニューの方も、蕎麦自身はもちろん、トッピング等にもこだわりを感じる様子。

お蕎麦屋さんにしては主張の激しさが気になる所ではありますが、上記に加え、私の好きな「あの蕎麦」があるとのことなので、訪問してみました。

スポンサードリンク

朝10時から深夜まで営業 正当派からインスパイア系まで揃う、陣八そば 稲毛店

アピールの強い外観とはうって変わって、店内の作りは至ってシンプル。

立ち食いでこそ無いものの、それと変わらない簡素な作りの内装となっております。

 

さて、気になるメニューですが、こちらは券売機隣に設けられており、以下の通り。

この中で、私の目を惹いて止まないのが、そう。

港やインスパイア系を彷彿とさせる「辛肉つけそば」となります。

 

タップリの豚肉が乗った蕎麦を、出汁香る辛いつけ汁につけて頂く、純粋な蕎麦好きからすれば無粋極まる一品。

とは言え、蕎麦のなんたるか・・・よりも、ガッツリ食べられシンプルに美味いことを原動力とする私にとっては、実に分りやすく伝わりやすい美味さが好みでもあります。

 

そんな訳で、当然ながら注文するのは「辛肉つけそば」の一点推し。

なお、こちらのお店では卵はトッピング扱いになる様なので、サイドメニューより卵をセレクト。

(卵は、生と温玉から選ぶことが出来ますが、個人的には温玉をお勧めします)

食券を手渡し席へ着くと、そこには陣八そばのこだわりに関する教示が。

卓上には様々な調味料が置いてあるので、それらで味変を楽しみつつ、蕎麦本来の美味さをなんやらかんやら・・・

 

と、説明書きされてはいるものの、テーブルにある調味料は七味と一味、そしてゴマのみ。

うーん、どこまで本気で拘っているのか、悩まされます。。。

スポンサードリンク

港やインスパイア系を彷彿とさせる、辛肉つけそばを頼んでみた

注文を終えて、待つこと5分程でオーダーの品が登場。

(といっても、番号を呼ばれ受取に向かうのですが)

本日のランチ「辛肉つけそば」となります

脇に添えられているのは、トッピングした温玉に加え、更に卵の天ぷらも注文。

コレステロール高さを指摘されようとも、この組み合わせはやっぱ譲れません。。。

 

メニュー写真では分らなかったものの、こちらの蕎麦&豚肉

これがどうして、なかなかのボリュームを醸し出しております。

一時は大盛りにしようか悩んだものの、このボリュームを拝み、並盛りにした事へ安堵感を覚えました。

 

そして、つけ汁の方はと言うと

なかなかラー油が利いた赤身をバッチリ。

ちなみに、厨房付近には揚げ玉が用意されており、こちらは入れ放題とのこと。

個人的には、最初からつけ汁に入れず、徐々に増やしていきたい派なので、揚げ玉の様な品はテーブル上にあった方が嬉しいのですが・・・

まあ、これはスペース等の問題なので、仕方ないのかも知れません。

 

また、先ほど「陣八そばのこだわり」等で触れられていた、その他薬味も全て厨房前に完備。

とはいえ、立ち食い風スタイルの蕎麦屋さんで、毎度薬味を貰いに移動するのは億劫すぎてしまい、結局いくら多彩な薬味があろうとも、商品受取以降は使いづらいというか・・・

 

食べる前から色々愚痴が沸いてきてしまいましたが、とりあえず頂いてみましょう。

まずは、何も付けずに蕎麦から一口。

説明書きにあったほど、強い香りを感じる訳では無いものの、鼻を抜ける際にフワッと蕎麦が香ります。

いわゆる立ち食い系のお蕎麦屋さんとしては、レベルの高いお蕎麦に入るのでは無いでしょうか。

 

続いてはつけ汁を漬けて一口。

鰹系が強めの出汁になっており、そこにピリッとラー油の辛味が加わる、正に私が待っていた系統の味。

シンプルな出汁だからこそ、辛味が強調され、豚バラ&蕎麦との相乗効果を成し遂げてくれる、あの蕎麦ですね。

 

ただ、思いのほか辛さは控えめなので、辛党にとっては少し物足りないかも。

でなくても、この後温玉がつけ汁に加わることでまろやかさが増す訳ですから、もうひと越えした辛味を帯びたラー油の方が、私は好みでした。

 

豚バラ肉、お蕎麦ともボリュームはしっかりしており、食べ応えも十分。

高級店の蕎麦では無い事は大前提ながら、駅チカ立ち食い風お蕎麦屋さんのクオリティとして考えるなら、十分にリピートしたくなるレベルに感じました。

 

ただ2点だけ付け加えるとすると、やはり卓上に置かれる調味料が少ない点。

せっかく、多数の調味料での味変をウリにしているお店だというのに、その大半が卓上では無い所に置かれているとなると、これは不便さを感じてしまいました。

 

あともう一点・・・蕎麦屋でありながら、豚骨を店内でガンガン炊いてるラーメン店よりも床が滑る点・・・

天ぷらを始めとした揚げ物を扱っているとは言え、これは人為的にどうにかなる問題でしょうから、ちょっと気になってしまいました。

まあ、営業時間の長いお店ですので、手が届かない部分もあるのかも知れませんが、男性ならともかく、女性だとこれは敬遠されてしまいそうにも思いました。

 

商品の味とは直接関係ない部分で、細かいことが気になってしまったものの、それもこれも、蕎麦自体を気に入ったからこそでして。

この値段で、このボリュームの肉つけそばが頂けるのなら、リピートしたいと感じるからこそ、もうひと越えクオリティが上がればなあ、と感じるところがありました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 陣八そば 稲毛店

■ じんぱちそば いなげてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-6-2

■ 営業時間:11:00~24:00

■ 定休日:無休

スポンサードリンク

 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。