スポンサードリンク

本千葉 世界のANABA~広島編にて広島つけ麺&名物のガンスがとにかく旨かった

前回訪問時に、気になるメニューを多数見つけるも、お好み焼き一枚のボリュームに敢えなくノックダウンした、世界のANABA~広島編。

 

本千葉駅から、蘇我方面に向かう末広街道沿いにあるこちらですが、

(ラーメンフリークに分りやすく説明すると、末広家のすぐ並びです)

広島風のお好み焼きを始め、つけ麺や定食など、様々なメニューが取りそろう、正に広島県のアンテナショップの様なお店。

 

今回は、広島ではデフォながら、千葉ではまずお目にかかれない広島風つけ麺を頂くべく、

世界のANABA~広島編にて、二度目のランチ訪問をして来ました。

スポンサードリンク

千葉ではおそらく唯一、広島つけ麺が味わえるお店、世界のANABA~広島編

前回訪問時は、

「とにかくお好み焼きが食べたい!!」

という欲求に導かれるまま、広島風のお好み焼きをオーダー。

 

大阪風とは異なり、ソバが入っているのだから相当なボリュームであることは想像出来ていたものの、想像を超えるボリュームの前に、副菜まで手が伸びずノックダウン。

その後、私のホームグラウンドである「麺処 まるわ(作草部)」の店長から

・ANABAのお好み焼きは、うどんも美味い

・ガンスもチョー美味い

・〆には揚げもみじまんじゅうがオススメ

などの助言を頂き、本日2度目の来店となりました。

 

様々な助言を頂いた以上、それを有効活用せにゃならない・・・

と、頭では理解しているものの、この日の気分は完全につけ麺モード(店長、ごめんなさいw)

ただでさえ、クセが強い(良い意味で)つけ麺だというのに、野菜がたっぷり盛られる上、豚しゃぶをトッピングできる・・・

この夢のリサイタルを逃して、次なる階段を登ることは、今の私には出来そうにありません。

 

という訳で、この日オーダーしたのがこちら

広島つけ麺の豚しゃぶ乗せ、となります。

たっぷりのゴマが浮かぶ、その下を彩る深紅のつけダレ。

これこそが、広島を象徴する「赤」に彩られたつけ麺ですね。

 

そして、もう一つ注目すべきが

麺と一緒に盛られてきた、トッピングたち。

茹でたキャベツに千切りのキュウリ、ねぎ。

麺だけで無く、タップリの野菜も一緒に頂けるのが広島つけ麺、もう一つの特徴。

 

それらに加えて、大ぶりなチャーシュー、更には追加トッピングとなる豚しゃぶまでが豪勢に。

ちなみに麺が小ぶりに見えるのは、3サイズある麺の「小」を選択した為、となります。(その理由は後ほど)

 

という訳で、つけ汁に麺を浸して一口・・・

お、思ったより辛くない。

魚介出汁と醤油が香るものの、つけ麺というよりつけ蕎麦に近い食感・・・

 

んな訳が無い!!

一足遅れではあったものの、深紅のつけ汁が示す通り、抜群の辛さが後方より急接近。

一気にすするには危険な辛さながら、この突き抜けた辛味がクセになるのが、広島つけ麺にハマる理由でしょう。

 

そして、もう一品登場となったのが

こちらのチャーハンとなります。

 

私が訪問したこの日は月曜日で、翌日火曜は定休日。

そんな事情から、ご飯を余らせるのも・・・という訳でこの日は、ご飯を全てチャーハンにしたそうです。

限定?と呼ぶべきかどうかは分りませんが、チャーハンがある、と言われれば断る訳には行かない性。

そんな訳で、こちらのチャーハンを頂くべく、つけ麺の量を小サイズに控えたものとなります。

 

また、まるわの店長から散々アドバイスを頂きながら、その全てを無下にするのも人としてどうなんだろうか?

との迷いが生じたことから、つけ麺&チャーハンの〆に、

こちらの「揚げもみじまんじゅう」を頂く事に。

広島土産の定番である「もみじまんじゅう」ではあるものの、これをひと揚げすることでパリッとした食感が追加。

この食感に加えて、出来たてのような熱々感もあい重なり、小さな一手間ながら、実に面白い〆の一品を頂きました。

スポンサードリンク

つけ麺、お好み焼きだけじゃ無い! 世界のANABAはガンスがとにかく美味かった!!

と、つけ麺&チャーハンでお腹いっぱいにはなったものの

「ガンス」をしっかり堪能していないことに、後ろ髪を引かれること数日。

 

つけ麺、お好み焼きに並ぶ、広島の郷土料理のガンスを食べずして、

「世界のANABA~広島編、美味しかったよー」

と語る自分に納得がいかず、ガンスを頂くべく、世界のANABA~広島編へ三度目の訪問を決行することに。

気付けば12月も後半となっており、お店の入り口にはクリスマスのリーフが飾られておりました。

 

さて、3度目の注文ですが、まず決定事項となるのは前述した通りの「ガンス」。

ただ、このガンスを定食で頂くのが正解なのか

それとも、トッピングされたカレーで頂くべきか。

 

揚げたてならではのサクサク感を味わいたい、でもガンスとご飯だけでは、広島らしさが心許ない様な…

メニューを見つめること3分、悩んだ末に導き出した答えは、牡蠣フライカレー&ガンス(単品)に決定。

 

注文を終えて店内を見渡していると、前回訪問時に輪を掛けて

一層色濃くなった「カープ愛」が店内には溢れかえっております。

Twitter情報によると、少し前には「カープファンによる忘年会」が、こちらで開催されたとのこと。

またその前後には、カープで新人王を獲得し、現在はピッチングコーチを勤めている澤崎選手も来店されたらしく、店内には写真も。

(ちなみに澤崎選手って確か、黒田博樹を抑えてのドラ1だったんですよね)

 

そんな具合に、カープファンならヨダレもののグッズがひしめく店内ですが、それよりなにより今日のメインはガンス。

注文を終えてから、待つこと10分弱で、まずはガンスが登場となりました。

一見すると、なんてことない「揚げ物」にしか見えないこちらのガンスですが・・・

 

しかし!! 中身を見てみると、

・・・私の撮影スキルじゃ、まあ伝わりませんよね。

 

一見すると、魚のすり身を揚げた様なこのガンスですが、これまた一度口に運ぶと止まらなくなる美味さを誇っているのです。

フワフワのすり身の柔らかさの奥から滴る旨味が溜らず、食べ干すのが勿体なくなる程。

備え付けのマヨネーズを付ければ、タルタルソースの様な濃厚さも加わってしまい、ご飯のお供はもちろん、ビールに焼酎に合わせても間違いない一品。

 

叶うならば、このガンスをエンドレスに食べ続け、一晩を明かしたい。

それ程までに、私の急所へドストライクでハマった一品でした。

 

しかし、この日のメインはガンスだけではありません。

もう一つの「広島らしさ」が感じられるご飯としてオーダーしたのが

ずんぐり太った牡蠣フライが2つ並んだ「牡蠣フライカレー」となります。

まずはカレーから頂いてみると、外観に似合わずなかなかの辛さを誇っております。

 

具材からは肉感もたっぷり感じられ、スパイシーさもなかなか。

もうひと越え深みや刺激が加わると、一層好み度合いが増すのですが、こちらはカレー専門店じゃありませんからね(笑)

専門外ながらのカレーとしては、実に美味しく頂けました。

 

そして、このカレーの魅力を引き立ててくれるのが、当然「牡蠣フライ」となります。

フライの数は2個と控えめではあるものの、そのサイズ感はなかなかの大ぶり。

フライにしているというのに、このサイズ・・・ということは、元はどれだけの大きさだったのか、と考えてしまえば2つでも十分納得。

 

激アツジューシーなフライにかぶり付くと・・・来ますねー牡蠣ジュースが。

溢れ出てくる牡蠣のエキス、その一滴一滴から、日本人に不足しがちなタウリンを摂取しつつ、噛みしめる程に増す旨味。

カレーをソースにこれほどの牡蠣フライを頂くとは、なんて恐れ多い食べ方でしょうか。

 

と思いつつも、どんな料理にだってすり寄り、浸透してしまうのがカレーの旨さでもあります。

せっかくならでは、とガンスもカレーに入れて頂いてみると、これもまた激ウマ。

ガンス自体の旨味に、カレーのスパイシーさが加わることで、見事な味変を引き起こしています。

 

先ほど、カレーにもうひと越えした深みと刺激があれば・・・と思っておりましたが、

・牡蠣フライ

・ガンス

と、様々なトッピングを引き立てる「ソース」としての役割を担うカレーであるなら、この感じが絶妙なのかも知れませんね。

 

という訳で、前回のつけ麺に引き続き、ガンス&牡蠣フライと、思いのままに広島料理を堪能させて頂いた、世界のANABA。

ここまで3回とも、ランチでの訪問続きとなりましたが、前述したガンスを始め、お酒にマッチするおつまみも多数頂けるお店となっております。

4度目の訪問はランチに留まらず、左手にはビール&焼酎を、右手にはガンスを与え続け、エンドレス食べ飲み続けたい次第です(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

世界のANABA~広島編

■ せかいのあなば ひろしまへん

■ 住所:千葉県千葉市中央区末広1-16-24

■ 営業時間:11:30~14:00 /17:00~23:00

■ 定休日:火曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。