スポンサードリンク

【想定外の旨辛!】 山田うどん 貝塚インター店 冬の新メニュー麻辣うどん

少し前に放送されていた「うどん総選挙」。

同ランキングに入るうどんを選ぶ人の多くが

・ヘルシーさがたまらない

・アッサリしているのが最高

などと口を揃えていたのですが、

 

ヘルシーがたまらない訳が無い!

アッサリは決して褒め言葉ではない!

 

と強く感じた私は、同放送以来、ノンヘルシー且つコッテリしたうどんを求めていた所、

こちら、埼玉県民のソウルフードと称される「山田うどん(貝塚インター店)」に、私の望むノンヘルシーでコッテリな新メニューがあるとの情報を見つけ、超絶久々に訪問してみました。

スポンサードリンク

埼玉県民のソウルフード? 山田うどんのメニューが実は凄かった

うどん県と言えば、お馴染みなのが香川県。

同県以外にも、水沢うどんを有する群馬県、稲庭うどんを有する秋田県などが一般的に知られるのですが、実は埼玉にも美味しいうどん屋さんが多いとの説が。

 

その説を裏付ける・・・かどうかは分りませんが、ここ山田うどんも発祥は埼玉県。

関東ではかなりの店舗拡大を図っているお店となり、私もここ、貝塚インター店がオープンした頃に訪問した記憶が。

 

ただ当初のイメージとしては

「単純にうどんで比較するなら、丸亀製麺でいいかな」

といった印象を受けてしまい、それ以来長いこと足を運ばずにおりました。

 

そんな山田うどんですが、現在のメニューではうどんのみに留まらず、

上記の通り、日替わりの丼やご飯が付くセットメニューを展開。

 

上記日替わりメニューだけに留まらず、

カレーや丼、チャーハンといったご飯モノや、定食メニューも多数。

 

更には、同じ麺類ではあるもの、うどんとは対極にある

ラーメン、タンメンまでも取り揃えている品揃えの豊富さに、まずは驚かされました。

 

が、しかし

今日の私が、ここ山田うどんを訪れた理由は「ノンヘルシーでコッテリな新メニュー」。

その目的の品となるのが、

山田うどんの新作「麻辣(うどん・そば)」となります。

スポンサードリンク

新メニュー麻辣うどんが、予想の斜め45度先をいくクオリティに驚愕!

うどんそのものに自信を持つ、老舗のうどん屋さんであれば、絶対に手を出さないであろう極地。

そこにホイッと足を踏み入れられることこそ、チェーン店ならではのフットワーク。

 

その姿を、正に体言化したかの様な「麻辣うどん」。

うどん本来の味が・・・などといった意見も飛び交うのでしょうが、うどん本来の味のみでは物足りなさを感じる私にとって、このジャンクなコンビネーションは期待値が跳ね上がる組み合わせ。

 

焼き肉店などに目を向ければ、カルビうどんやユッケジャンのうどんなど、スパイシー系うどんは数あるものの、中華な風合いの麻辣とのコラボうどんは初。

とはいえ、初見のうどん一杯で私の空腹が満たされるとは思えず、念のためにサイドメニューまで追加した、本日のランチがこちら

山田うどんの新作、麻辣うどん&ミニかき揚げ丼、となります。

 

まずは麻辣うどんの方から。

およそうどんの出汁とは思えない、オレンジ掛かったスープが実にスパイシー。

まず一口頂くと、これが想像よりもスパイシーで、麻のしびれ、辣の辛味が3:7ほどの割合で感じられ、お腹の中から発汗する程良い辛味。

 

更にトッピングされている肉&野菜炒めが中華・・というより、焼肉タレの様な味付けを施されており、これらとうどんのスープが混ざり合うことで、絶妙な辛味に加えて層のある旨味を作り出しています。

アッサリしたうどん出汁とは程遠い、ジャンクでコッテリしながら、それでいて複雑に美味い。

良い意味で、期待を大幅に上回る濃厚&ヘビーな旨辛うどんに仕上がっています。

 

続いて、サイドメニューのかき揚げ丼ですが、

こちらは、かき揚げだというのにまさかの卵とじ。

しかも、ライトなサイドメニューのご飯を想像していたものの、意外とボリューミーな量。

 

これまた意外性を見せたかき揚げですが、まず一口。

卵とじとなるだけに、揚げたてのサクサク感は失われているものの、それを凌駕する出汁の染み入り。

うどんやそばへのトッピングなら、サクサク感が徐々にしなっていく様も美味しいですが、ことご飯のお供であれば、この出汁が染み入ったクッタリVerが白米を掻き上げてくれますね。

 

かき揚げの具材にもタコが入っていたりと意外性を発揮。

ご飯の量に対するかき揚げ具合もバッチリで、卵共々「カッ喰らってしまう」という表現が最高にハマるひと品でした。

 

資本にモノを言わせて、店舗を拡大し、個人店を経営不振に追い込む=チェーン店

といったイメージで育った世代にとって、チェーン展開するお店は好きになれず、本ブログでも取り上げる機会は少ないのですが

そのイメージによるマイナス補正を差し引いても、久々「これは又食べたい!」と感じさせてくれる程に美味かった麻辣うどん。

 

なにより、重厚でスパイシーなスープが病みつきになる中毒性を誇っており、うどんを平らげた後に、あわや完飲してしまいそうな程、クセになります。

旨辛ではあるものの、決して激辛の水準ではないので食べやすく、うどんにジャンクさを求める方であれば、間違いなく刺さる一品じゃないでしょうか。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

山田うどん 貝塚インター店

■やまだうどん かいづかいんたーてん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区貝塚2−5−31

■ 営業時間:6:00~22:00

■ 定休日:無休

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。