スポンサードリンク

蓮池うどん 冷たいおうどん、更に美味しくなりました

5月だというのに尋常じゃ無い暑さの続いた先週末。

そろそろ冷たいランチが恋しくなる季節か・・・と、千葉中央エリアを徘徊していると、久々に通った「蓮池うどん」の前で、気になるメニューを発見。

蓮池うどんといえば、肉&野菜を卵でとじ、あんかけの掛かったアッツアツのうどん。

オープン当初や冬場には、チョイチョイうどんを頂きに伺っていたのだが、お店が軌道に乗り出してからはお客さんの入りも良く、ランチ時はいつも満席。

加えて、暑い時期にあんかけの掛かったアッツアツうどんを食べる勇気を持てず、暫く足を運ばずにいたお店。

 

が、その蓮池うどんに「冷やしタヌキ」が加わっており、しかも「更に美味しくなりました」の一言。

この茹だる暑さにこそふさわしい一言にそそられ、この日は久々、蓮池うどんでランチとなりました。

スポンサーリンク

お昼時は連日大盛況! 千葉の人気うどん店、蓮池うどん

入店時刻は、12:50を過ぎたところ。

まだ店内には10名前後のお客さんがおり、テーブルは1席空いているものの、バッシングまでは未完了。

相変わらず、昼は戦場の様な忙しさを醸し出していたことが伺えます。

 

店内に入り、券売機へ向かおうとするも・・・無い。

どうやら、券売機のシステムを止めたようですね。

(店内奥で、古びたレーザーディスクの様に佇んでいました)

 

確かにここのメニューは詳細が分りづらい上、サイドメニューも多く、券売機で購入するには不向きに感じていました。

しかも、券売機隣でお店のスタッフさんが、今か今かと待ち構えられてしまうと、焦って訳の分らない食券購入をしてしまいそうにもなるし。

(食べログかどこかにも、ここの券売機に対する不満がいくつかあった様な)

 

テーブルに座り、メニューを眺めながら注文。

やっぱ、その手順の方がシックリきますわ。

 

さて、今日のランチは「冷やしタヌキ」に決めていたものの、久々の蓮池うどんでメニューに目を向けると

なんと、オムライスが・・・!?

しかも、お試し価格とは言え490円と、とんだ破格!!

 

うるっと心が動いてみたものの、良く見るとこのオムライス、注文可能となるのは13時から。

昼時の忙しさでは手が回らず、ひと段落した時間からの限定メニュー、ということなのでしょう。

13時まで、あと10分ほどにはなるけど、これを待つのもナンだかなあ

 

ということで、初志貫徹の冷やしタヌキに、ミニ生姜焼き丼を添えてオーダーする事に。

スポンサーリンク

これからの季節に大重宝!! 蓮池うどんの冷やしたぬきがパワーアップ

注文の品を待つ間に、先客であった常連さん(会話から察するに)たちが、店主さんと会話を交わしている。

ひっそり聞き耳を立てていると

 

客:「オムライス、始めたんですか!?」

店主:『そうなんですよ。ただ昼時は手が回らなくって、13時からなんですが』

 

やはりそうか。

作業行程の少ないうどん、とはいえ、ここのランチ時の忙しさは相当なのだろうなあ。

 

客:「オムライス安いですけど、小ぶりなんですか?」

店主:『いや、そんな事無いです、普通サイズですよ。しかもメチャンコ美味いんですよ!!』

 

・・・なに?

店主自ら「美味い」と告白するほど、自信のあるオムライスなのか!?

 

・・・次は13時過ぎてから来よう。

 

など、脳内でオムライスのシミュレーションを繰り広げていること10分、冷やしタヌキが着丼。

一般に思い浮かべる冷やしタヌキと、外観から感じる差は見受けられず。

ただ、天かすが幾分上品に見える事と、レンコンの薄揚げがトッピングされている点が、ここ蓮池うどんの「らしさ」なのでしょうか。

 

まずはうどんからすすってみる。

ここの冷やしうどんは初なのですが、これもまた見事に美味い。

ツルッとした舌触りが心地よく、それでいながらコシもあって、噛むほどに旨味が感じられます。

 

一見すると、少なめに感じる丼ではありますが、意外に奥が深くボリュームもソコソコ。

加えて、冷たい汁が清涼感を与えつつも、出汁の旨味を強く出しながら、かといって濃すぎもしない。

冷やしタヌキうどんをそこまで食べ比べた事がないので、大した説得力は持ちませんが、私の知る限りの冷やしタヌキでは、これは間違いなくNO1ですね。

 

うどんをツルツルする間に、ミニ生姜焼き丼が到着。

こちらも、お茶碗一杯ではあるものの、このお茶碗が異常に深い(笑)

上からの視点では気付かないものの、イメージするより1.5倍はご飯が盛られています。

 

生姜の風味はそこまでキツくなく、どちらかというと薄味な仕上がり。

恐らくですが、味付けにはうどんの汁に使っているカエシが使われているのでは。

ご飯との相性を考えると、個人的にはもう少し濃いめの味付けが好きですが、うどんの事までを考えると、どうしてもこれ位の薄味になってしまうのかも知れません。

 

うどんだけではボリュームに欠けると思い、注文したサイドメニュー(ミニ生姜焼き丼)でしたが、うどんにもなかなかのボリュームがあったため、お腹は想像以上に満たされてしまいました。

 

うどん、汁ともに満足の味ではあったのですが、

・京風肉おうどん

・肉卵とじおうどん

と、

冷やしたぬきうどんが、同じ780円と考えてしまうと、少し割高感を覚えました。

まあ私の場合、肉が加わる事による満足度が高いのに対し、この冷やしたぬきうどんにはそれが無かった

というのが決定的でもありますが(笑)

 

これから夏本番が来るまでに、更なる冷やしメニューが増えてくれれば嬉しいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

蓮池うどん

■はすいけうどん

■ 住所:千葉県千葉市中央区中央2-7-10 シャンポール千葉第一中央 104

■ 営業時間:11:00~16:00

■ 定休日:土日・祝日

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。