スポンサードリンク

千葉駅近く 和食の人気店 笑和で、プチ贅沢が出来る寿司懐石ランチ

4月最後の週末。

この日はちょっとした記念日、ということで、少し奮発したランチを決行。

 

向かった先は、以前より気にはなっていたものの、その門構えから腰の引けていたこちらのお店

千葉そごうメインゲートより、道路を挟んだはす向かい。

1Fにあるローソンから横手に回ると入り口が見つかる「笑和」さんなる、懐石料理のお店となります。

スポンサーリンク

ランチはちょいリッチ価格で本格懐石が食べられるお店、笑和

割烹、懐石と聞き慣れない呼び名を目にすると、敷居の高さを感じてしまうところですが

ここ「笑和」さんのランチは、価格設定も幅広く、リーズナブルなランチもある模様。

ランチのメインでもあり、多くのお客さんが注文している「季節の懐石」2,500円から始まり、

リーズナブルな真心御膳は960円

チョイリッチなお刺身御膳、握り寿司は1500~2000円

と、門構えほどの高級志向では無く、ちょっとだけ贅沢をしたい、そんなタイミングにマッチする価格帯となっています。

 

せっかくなので、夜のメニューをお借りし、こちらにも目を通して見ましたが、

確かに大衆居酒屋とは一線を画すメニュー、価格帯ではあるものの、

素材や産地にこだわり、手を加えた割烹料理を頂けるお店として見れば、決してべらぼうな価格帯ではありません。

 

落ち着いた雰囲気の割烹や和食居酒屋の少ない千葉駅界隈ですから、いざという時の引き出しに、こういったお店の情報は抑えておきたいですね。

スポンサーリンク

お寿司、天ぷら、刺身、椀もの と、ボリューム満点 笑和のランチ

さて、この日のランチのオーダーですが、せっかくの記念日と言うことで、寿司御膳を注文することに。

「ワンプレートで提供される品なので、20分ほどの時間が掛かる」

とのことでしたが、カウンター席に通されたため、オープンキッチン中で腕を揮っている職人さん達の技術を拝見しながら時間を過ごしていると、あっという間でしたね。

(20分とのことですが、恐らく15分弱ないかと)

 

寿司御膳、とのことなので主役はお寿司なのでしょうが、

・天ぷら

・お刺身

・茶碗蒸し

・お椀

までがセットとなります。

 

ここで難しくなるのが、食べる順序。

懐石の様に、1品ずつ提供されるのなら、順を追えば良いだけの話ですが、寿司にしても天ぷらにしても

「出来たて」を食べる事が本流となる品ばかり。

この辺がワンプレートで提供される弱みでもあり、まただからこそ、価格帯を下げられる由縁でもあるのでしょう。

 

ひとまず、冷めてしまっては勿体ない天ぷらからスタート。

到着した時点で、すでに揚げたてでは無いものの、衣のサクサク感は未だに健在。

具材は、海老、キス、ナス、ししとうの4品となり、これらを添えられたゆず塩で頂きました。

 

続いて、握りとお刺身を交互に。

どれも鮮度良く、角の立った良い魚ばかり。

中でも存在感を放っていたのが、初鰹。

この時期の鰹には思えないほど、脂が乗っており旨味も十分。

 

ただ、握りに使用されているわさびの量が、多かったのか、それとも刺身とは違うものだったのか。

原因の程は分らないのですが、刺身と同じノリで頂こうとすると、相当な辛味がカーンと来ました。

臭みのある青魚ならともかく、マグロや酢で締めているコハダ、更にはウニにまで大量のわさびが入っていましたが、あの真意は一体…

正直、辛味ばかりが先行してしまい、魚の旨味が分からない程の分量だったので、握りについては今ひとつかと。

 

とはいえ、魚自体は大変美味しく頂けました。

 

その後、食後にドリンクと果物が登場。

この時期にしては大きくて立派ないちごです。

まあ、それ以外にこれといって目を見張るものはありませんが(笑)

 

上記の果物を平らげますと、ホールスタッフさんから

「こちら、サービスとなりますのでどうぞ」

と、いちごのシャーベットが提供されました。

恐らく、生のいちごを使ったシャーベットと思われるのですが、酸味、甘み共に強く美味しかったです。

ただ、中心部分がどエラく冷えて固まっており、これをスプーンでかち割るのに一苦労(汗)

最終的に、塊のま口に放り込んだものの、知覚過敏に染みて激痛に襲われるものとなりました(笑)

 

全体を通じ、価格と提供される品とに差異は感じなかったものの(握りのわさびがキツすぎたことはさておき)、

ランチ帯は、ホール全体がバタバタしている感を受けました。

これが、たまたまこの日に来客が多く、テンヤワンヤしていただけなのか

はてまたスタッフの休みが重なってしまったのか、理由の程は分りませんが。

 

年齢層高いお客さんが多く、その大半が予約を入れて訪れている感じでしたので

もう少し、落ち着いて食べられる雰囲気があれば、居心地の良いお店に感じます。

まあ、この辺ではランチに和食が食べられるお店が少ないので、混雑するのも分らなくありませんが。

 

そんな訳で、ランチの訪問であっても、予約をした方が無難でしょうし

ランチ帯については、門構えの醸し出す落ち着いた雰囲気での食事、とは少し異なる印象を受けたランチでした。

全体を通じ、サービスも良く美味しかったことも間違い無いので、その辺が人気の理由でしょう。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

鮨菜旬炉料理 笑和

■けいさいしゅんろりょうり・しょうわ

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町18-10 千葉第一生命ビルディング 1F

■ 営業時間:11:30~14:00 / 17:30~22:00

■ 定休日:日曜・祝日・GW・年末年始

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。