スポンサードリンク

北習志野の車鮨 江戸前の旬の作者が太鼓判を押す寿司店に行ってきた

私が、魚の面白さ、そして寿司の奥深さを知る事となったきっかけ

それが「江戸前の旬」という1つのマンガとの出会いだった。

思い起こせば10年弱前、コンビニでたまたま手に取った「江戸前の旬」を期に、寿司の深さを知り、即Amazonで全巻購入。

 

それから10年、江戸前の旬で身につけた知識を元に、さかな検定2級を取得。

それまでは敷居が高く感じ、足を踏み入れることのなかった、大小様々な寿司店にも通うようになり、魚、寿司の深さその全てを「江戸前の旬」より学んだと言っても過言では無い。

 

私に、魚の奥深さを教えてくれた「江戸前の旬」の作者である「さとう輝」先生が、打ち合わせを始め、プライベートで頻繁に利用している寿司店が、千葉の北習志野にある、という話を某雑誌の対談で目にし、数年前より機会を伺っていたお店。

それが、北習志野にある「車鮨」となります。

dsc_0010

 

スポンサーリンク

北習志野駅近く、車鮨 重厚な門構えながら、リーズナブルな価格設定

友人が同店近所に住んでおり、且つランチで数度来店しているとの事から、今回はお任せ(1人8000円)にて予約。

重厚な門構えで敷居の高さを感じるお店ながら、お任せでありながら値段が明記され、しかも1万円を切るとは。

見かけ以上にリーズナブルなお店、との噂は耳にしていたが、噂以上に期待感が高まる。

 

店内に入り、メニューに目を通して見ると、

dsc_0013

dsc_0012

旬の食材に関しては、一部値段の記述が無いものの、一品モノや握り、全てに値段が記載されており、また特上にぎりであっても2000円以下。

正に「江戸前の旬」に登場する柳寿司(主人公のお店)を彷彿とさせる価格帯(笑)

そりゃ作者のさとう輝先生が通う&お勧めするお店だけのことはある。

※ ちなみに店内には、さとう先生直筆のイラスト入りサインと江戸前の旬全巻が陳列されていました(笑)

 

スポンサーリンク

車鮨の豪勢&ボリューム満点のコース料理、江戸前の仕事が散りばめられた握り

予め、お任せにて注文を入れているので、ビールを頂きながら待つこと数分、まずは先付けとして南蛮漬けが登場。

骨まで柔らかく、それでいて酢の加減も程良い。

dsc_0014

 

続いて出てきたのが

dsc_0015

正に今が旬となる、松茸の土瓶蒸し。

松茸だけでなく、ウニや鱧も散りばめられており、日本の秋が凝縮された一杯を堪能出来ます。

※ ちなみに私はキノコアレルギーなので、松茸は後輩に譲りましたが(涙)

 

そして、次に出てきたのはこちら

dsc_0016

秋の紅葉を皿上に再現した、美しいばかりの刺し盛り。

本マグロ、赤貝、以下、車エビ、フグ皮などなど、1人前にしては十分過ぎる量のお刺身たちが、美しく彩られています。

魚を切り身にして、タダ並べるだけでなく、素材毎に特色を十二分に活かすべく隠し包丁を入れたり、それらをただ並べるだけでなく、秋の彩りを感じられるように盛り付けられている技術。

正に、目と鼻と口、3つの感覚でで楽しむ事が出来るひと皿でした。

 

続いて焼き物には

dsc_0017

アブラガレイの幽庵焼きが登場。

旬の魚だけに、驚くほど脂がのっており、焼き物として食べても格別。

 

そして、最後に現れたのが

dsc_0018

当然、握りとなります。

 

ここまでの食事で、結構な満腹感を得ていることもあってか、握りのシャリは小ぶりになっており、この配慮が実に有り難い。

とはいえ、ネタはどれも一級品。

江戸前の看板とも言える穴子は、写真で見ても分かる位にふっくらとした仕上がり。

これまた旬の戻りがつおは、煮切りが塗られているのでそのまま頂くと、カツオの濃厚な脂、赤身の旨味がダブルで押し寄せてきます。

 

この中で私が最も舌鼓したのがカワハギ。

冬にかけて肝がふっくらしてくる今のカワハギを、こんもり乗せられた肝と共に頂けるのは格別。

イクラに関しては、軍艦巻きにせず、あえて握りで出すという職人技まで披露して頂けていながら、シャリも口の中で柔らかくほどける適度な固さで握られており、随所に職人さんの技術の高さを感じる握りとなりました。

 

職人さんの高い技術や、旬の魚たちを美味しく頂けるお店は、千葉にも数あれど、それらをリーズナブルに頂けるお店は限られてしまいます。

そんな中、鮮度良く旬の魚を、高い技術でより一層美味しく頂ける

しかもそれらが、リーズナブルと3拍子揃った「車鮨」さん。

千葉からは乗り換えなどを含め、多少の行きづらさがあるものの、その時間すら惜しくない、プライスレスな和食を堪能させて頂きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

車鮨

■くるまずし

■ 住所:千葉県船橋市習志野台2-4-10

■ 営業時間: 11:30~14:00 / 17:00~22:00

■ 定休日:水曜日

 

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。