スポンサードリンク

そごう千葉店にえびそば えび助が登場! 海老香るスープをも凌駕する激ウマローストビーフ!

つい数日前に「春のセンバツ!人気・話題の味めぐり」を終えたばかりの、そごう千葉店。

同イベントに出店していた、大阪の人気店「人類みな麺類」に大興奮を覚え、イベント中に二度も訪問してしまったものの、

参照:そごう千葉店に大阪の行列ラーメン店、人類みな麺類が初出店!! 出店イベントは19日までの期間限定! ⇒

 

ソシャゲのイベントの如く、間髪を入れず21日より、今度は「宮城 物産展」がスタート。

当然、今回の物産展にもイートインが出展しており、宮城から現れた次なる刺客は、仙台に本店を置く人気ラーメン店、「えびそば えび助 」。

 

同店に関する事前情報は一切持っておりませんでしたが、大の海老好きとして知られる?私として「えびそば」を名乗られた以上、見過ごす訳にはいきません。

そんな訳で、イベント二日目となる22日に、早速訪問して参りました。

スポンサーリンク

仙台名物牛タンはもちろん、仙台牛のステーキ、生ハムまでも出店中、千葉そごうの宮城物産展

宮城の物産と観光展が開催されている、そごう千葉店6Fに降り立った時刻は、11:30。

まだお昼前であるものの、物産展2日目とあって人出は多く、どこのお店も賑わいを見せております。

 

が、私の目当てはあくまでランチ。

試食ブースには目もくれず(どうせ帰りに寄るのでw)、一目散にエレベーター前のイートインコーナーへ向かうと、

早くも私の決意を揺るがしそうなトラップに遭遇。

こちらは、えびそば えび助 同様に本イベントへ出店している宮城のお店、「鉄板ダイニング誉(TAKA)」となります。

 

同店では、宮城県が誇る和牛「仙台牛」を使った様々な肉料理を提供しているという事で、今回の物産展でも、

仙台牛のサーロインステーキを筆頭に、

・ユッケ丼

・すき焼重

・モモステーキ

などをイートインブースにて提供しているそうです。

 

また同店では、イートインだけで無くお持ち帰りできる品も販売中。

今回の企画における目玉?と思われる「仙台牛の生ハム」を試食にて頂いたのですが・・・これがヤバい。

常温で提供されたはずの生ハムだというのに、口の中に入った瞬間、口内の温度で肉の脂がとろけ、旨味が全域にほとばしります。

 

ちなみに、同店のイートインで提供されるユッケ丼には、この生ハムが乗ってくるとのこと。

口内温度でほとばしる仙台牛の脂、これをホカホカご飯の上でとろけさせたら・・・想像するだけでお替わりの準備が出来ます。

 

が、しかし。

今日の目当てはあくまで海老そば、ということで誘惑を振り切り、もう一つのイートインコーナーへ。

しかし、再び誘惑が到来。

今度は仙台が誇る名物、牛タンの登場となりました。

 

ただ残念なことに、現在この千葉そごう内にも牛タン専門店が存在し、私も少し前に同店を訪問したばかり。

参照:牛たん専門店が千葉そごう10Fにオープン! 牛たんと和牛焼き 青葉でランチ ⇒

なんの前触れも無く現れたとなれば誘惑に心惹かれるも、牛タンに対する欲求が満たされている今の私に、同店の誘惑は通用しません。

 

2度目の誘惑を難なく振り切り、ようやく辿り着いた目的の地、

えびそば えび助となります。

今回のイートインでは、

・海老わんたんそば

・海老そば

・海老の油そば

そして、

・仙台牛のローストビーフ海老そば

の全4種が提供されるとのこと。

 

最後を飾った「仙台牛のローストビーフ海老そば」は、見るにも美しい肉の輝きが気になるものの、そのお値段も豪勢な価格。

非常に魅力的な一杯ではあるものの、ラーメンにトッピングされるローストビーフに於いて、当たりに出会った経験が無いため、これは悩む所です。

ここは価格的にもお手頃且つ失敗に終わることが考えられない「わんたんそば」にするべきか・・・

それとも、肉の輝きを信じ、豪勢にローストビーフで舌鼓を打つべきか・・・

スポンサーリンク

この日のお目当て、えびそば えび助にて「仙台牛のローストビーフ海老そば」を食べてみた

ギリギリのギリギリまで決定打が得られず、

・わんたんそば

・ローストビーフ海老そば

の二択に頭を抱えながら、食券購入の列へ。

 

すると、前に並ぶお客さん全てが、迷うことなく

「仙台牛のローストビーフ海老そば」を注文しているではありませんか。

 

そうか・・・やはりここは、仙台牛の力を信じるべき場面なのかも知れない。

その様な天の声が降りてきた結果、私の注文も「仙台牛のローストビーフ海老そば」を選ぶことに。

 

まだお昼前ながら、イートインスペースの2/3近くが埋まっている中、空きを見つけ着席。

食券を渡しながら、待つこと10分。

店内に充満する海老の香り、その源泉がついに私の前にも到着致しました。

イートインスペース中を埋め尽くす、芳しい海老の香り、その主犯格となる海老そばが、私の前にお目見えとなりました。

 

深めの器に盛り付けられながら、すさまじいまでに海老の旨味を伝えるスープ

その登頂より、更なる海老らしさと香ばしさを与える干しエビ。

そして、843円の海老そばを1891円と、2倍以上の価格へ押し上げつつも、その魅力溢れるビジュアルのみで、多くの訪問者を虜としたローストビーフ。

 

実に美しいビジュアルを誇る一杯ではありますが、果たしてその価格を払うに値する一杯なのか。

猜疑心を抱えつつも、まずはスープから頂いてみましょう。

 

店内中に広がる香りからも分かる通り、口に含む前より濃厚な海老の旨味を放つスープ。

これを口に含むと、その香りに嘘偽りの無い、海老の旨味、香ばしさ、そして味噌の甘みと僅かな苦みが広がっていきます。

ほんのり伝わる味噌の苦みが、甘みを一層引き立て、芳しい匂いは食欲をぐんぐん引き立てます。

そして、凝縮された海老の旨味は言わずもがな、他の素材では代用の利かない、唯一無二の海老だからこそ生み出せる、香り高いスープを作り出しています。

 

また、登頂にトッピングされている

こちらの干しエビの存在が、スープの深みを更に掘り下げており、食感としてのアクセントだけで無く、スープの旨味を増幅させる相乗効果を与えております。

仙台と海老との間に、どんな因果関係があるのかは分りませんが、海老の旨味を十二分に引き出し、最上級のスープへと変貌させる、贅の極みとも言えるスープです。

 

続いて麺の方ですが、

こちらは、中細でスープの絡みやすい縮れ麺を使用。

茹で時間は長めなようで、大分柔らかめに仕上がっています。

好みとしては、もう少し硬めが好きではありますが、まあイートインという事もあり、麺の堅さまでは注文できませんので仕方ありませんね。

スープとの絡みは良く、不特定多数が訪れる催事場であることを考えれば、ベストでは無いもののベターな選択に思えます。

 

ここまでは、どこを取っても非の打ち所無い、ハイレベルなラーメン。

しかし、この一杯が1891円の価格であることを考えれば、当然物足りなさを感じてしまいます。

 

価格に相応した、残る付加価値を与えてくれる存在、それは

 

こちら「仙台牛のローストビーフ」以外、その役割を全うするものはおりません。

 

では早速、頂いてみましょう。

 

・・・・え?

 

・・・・溶け・・・た??(汗)

 

スープの温度で保温されたローストビーフ、これを口に入れた瞬間、更なる口内の温度が加わることによって、それまで溜めこんでいた牛の旨味、脂が一気に口の中へ。

きめ細やかな脂を纏っているお肉の柔らかさは、まるでシルク。

絹のように柔らかい肉をそーっと掴み、ひと噛みする毎に脂が広がる口溶けは、ローストビーフというより、むしろしゃぶしゃぶ。

しかも、そんじょそこらのしゃぶしゃぶでは無く、100gうん千円と呼ばれても納得しそうな程、質の高い旨味を備えております。

 

加えて、これだけハイクオリティな牛肉が、濃厚で芳醇な海老スープを纏い、しゃぶしゃぶされているのですから、そのクオリティの高さは前代未聞。

これを果たして、ラーメンと呼んで良いのか私には分りません。

が、海老と仙台牛をコラボさせた創作料理として位置づけるのなら、紛れもなく最上級の一品と名付けるにふさわしい仕上がりでした。

 

海老のプリン体含有量など、頭から綺麗さっぱり流れ出してしまう程に芳醇で濃厚なスープ。

そして、そのスープの存在すらかすめてしまう程、正に「溶ける」ローストビーフ。

1891円という、ラーメンらしからぬ価格を払うだけの価値ある逸品、腹の底から堪能させて頂きました。

なお、本イベントは期間限定(~3/27まで)となりますので、くれぐれもご注意下さい。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

えびそば えび助 (そごう千葉店 宮城県の物産と観光展 イートイン)

■ えびそばえびすけ

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町1000- そごう千葉店 6F

■ 開催期間:開催中~2018/3/27まで

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。