スポンサードリンク

作草部 まるわの人気NO1メニュー、たんたん辛つけ麺は伊達じゃ無い

過去にも数度、本ブログで取り上げたことのある、西千葉(正確には作草部)エリアの名店、ラーメンまるわ。

 

私にとって、同店のフェイバリットメニューと言えば、まるわ流勝浦タンタン麺こと「まるタン」だったのだが、あらためてメニューにじっくり目を通して見ると

2016-09-17-11-24-50

上記ページある「たんたん辛つけ麺」の部分に「人気NO1」の文字を発見してしまった。

 

今まで、この事実に気付いていなかっただけなのか

はてまた、人気者を嫌う私の性格、性根が、本能的に「人気NO1」の文字を視界から追いやっていたのだろうか。

 

いずれにせよ、これまでNO1だと確信していた「まるタン」よりも上を行くメニューが存在し、同店に5年以上通いながらその存在を知らず、まるわを語ることなどあり得ない。

(それどころか最近は、同店の台湾まぜそばばかり頼んでしまっている)

 

という事でこの日、5年通い続けながら1度も食することの無かった、人気NO1メニュー「たんたん辛つけ麺」をオーダーしてみることに。

スポンサードリンク

まるわの人気NO1メニューは、その名の通り正真正銘NO1メニューだった

相も変わらず、ファイヤーボンバーが流れる店内には、昼時と言う事もあって行列にこそならないものの、席は全て埋まっている。

店内壁際の待合席で食べログの定点観察を行いながら、待つこと10分で席へ。

 

オーダーするのはもちろん、今日こそ人気NO1メニューと謳われる「たんたん辛つけ麺」を選択。

(万が一に備え、トッピングもりもりの特製をオーダー)

 

店内のBGMが、ファイヤーボンバーの「突撃ラブハート」から、シェリル&ランカの「ライオン」に移り変わった頃、オーダーの品がテーブルに登場。

ついに私の前へとお目見えした、まるわの人気NO1メニュー、たんたん辛つけ麺は・・・

スポンサードリンク

2016-09-17-11-32-18

想像していた「辛」よりも辛さを感じさせる赤さを発揮している。

加え、上記写真の上にある粉末(花山椒のようなもの)を加える事で、好みの辛さへと調節が可能だそうな。

 

ひとまず、デフォの状態に麺を漬け、食べてみると・・・

「なんだ、この味わいは・・・?」

 

どの言葉で説明するのが正解なのか悩むところなのだが、敢えて1つ挙げるとすると

「今まで食べた、どのつけ麺とも違う、まるわのたんたん辛つけ麺でしか食べたことの無い味」

としか、説明のしようがない。

 

一般に知られる担々麺なのか、といえば、スープの味わいは完全に「勝浦タンタン麺」寄りの味となる。

が、これまた一般に知られる勝タンには、店舗毎で様々過ぎるほどに自由奔放な進化を遂げているが、その中でも群を抜いていたのがまるわ。

その、「まるタン」のスープに、旨味の備わったラー油、更に花山椒を始めとした複雑な味わい

これら全てが、1つの椀の中に凝縮された結果が「たんたん辛つけ麺」ということだろう。

 

麺については、浅草開化楼の太麺であるのだから、当然文句の付け所は無い。

そしてこの太麺が、見事なまでにスープに絡み、言葉通り「唯一無二」のつけ麺になっているのだから、当然これは人気NO1である方が自然なはず。

 

今まで幾度と足を運んでいながら、これほどに高水準のつけ麺を一度も食べず、5年も通っていた自分を、あらためて見直すほどに、このつけ麺は「まるわ」だからこそ食べられるオンリーワンのつけ麺でした。

※ その後1ヶ月間、たんたん辛つけ麺目当てに週1通いしたことは言うまでもありません

 

まるわ

■ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:00~23:00

[土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

 

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

*