スポンサードリンク

武蔵家西千葉店が新メニュー 旨辛麺をスタート! これが実に・・・!!

千葉大生を始め、近隣学生の胃袋を満たしていることでお馴染みの武蔵家 西千葉店。

数ある家系ラーメンの中でも同店は、ご飯が食べ放題となっていることから、食べ盛りの学生達がフードファイターの如く白米の量を競い合うことで名高い。

また店主さんも、ご飯食べ放題をいささか勘違い?した学生達に、Twitter上で悪態?を付く定番コントを繰り広げているなど、なんとも微笑ましく地元で愛されている家系ラーメン。

 

そんな武蔵家がTwitter上で

こんな投稿を始めてしまったのだから、もう居ても立ってもいられない。

という訳でこの日のランチは、西千葉界隈の話題を席巻している武蔵家の新メニューへ。

 

スポンサーリンク

武蔵家 西千葉店の新メニュー旨辛麺、そして裏メニューの九条ネギ・・・

久々の来訪となった、武蔵家 西千葉店。

私の場合、どちらかと言えば東千葉店の方が近く、また前述した通り西千葉店には学生が大量出没することから、わざわざこちらの店舗へ足を運ぶことは少なかった。

 

が、どうしても一辺倒になりがちな家系ラーメンを進化させる「旨辛」な一杯。

更には、これまたTwitter上で発見したのだが、西千葉店では裏メニューとなるトッピングとして「九条ネギ」を乗せられるとのこと。

通常の長ネギには無い、九条ネギならではの食感や香りを家系ラーメンにフェードイン出来る、とあらば悩む間も無い。

 

dsc_2033

という訳で、多少の行列を覚悟して向かったのはオープン直後の11時をちょっと回ったところ。

オープン待ちのお客さんが入店し、ちょうど席を立ち始める時間に着いたことから、並ぶこと無く即入店。

 

オーダーするは、もちろん新メニューの旨辛麺、そして裏メニューとなる九条ネギ乗せ。

※ ちなみに、同品は裏メニューとなっており、券売機上には表示がありません。

同オーダー方法は、武蔵家 西千葉店のTwitterにて公開されているので、そちらをご参照下さい。

 

席に着き、麺の固さ、スープの濃さと脂の量、家系の定番である3点をオーダーし終え、待つこと5分。

ご飯と共に、テーブルへ到着した奇跡の一杯がこちら

スポンサーリンク

dsc_2035

カメラの腕なのか、フラッシュの感じなのか今ひとつハッキリせず、写真ではこの

「旨辛」を伝えきれていないことが無念で仕方ない。。。

 

家系ならではの豚骨醤油スープの旨さをしっかり残しつつ、そこへ加わるアクセントとしての旨辛ダレ。

辛すぎる訳では無いものの、飲み進めるほどに後を引いてくる辛味。

普段なら、ラーメンとご飯を共にする事の無い私が、思わず白米を求めてしまうほど、単体で完結させることに罪を感じる旨さが詰っています!!

 

何より、他店で味わったことの無い「武蔵家 西千葉店」でしか得る事の出来ない味であることも、大きな魅力。

『家系のラーメンって結局、似たり寄ったりよねえ』

と、揶揄する女子供にこそ、ぜひ食べて欲しい一杯、それがここには確実に存在している。

 

辛みについてはもうワンパン強気でも良いかなと感じるが、同点のウリでもあるご飯(カマ炊きなのか、ほんのり出来てるおこげが美味しい)との相性を考えると、このスープと白米は最高のマリアージュが完成!!

 

また、家系では定番であるものの、その存在価値について賛否の分れやすいトッピングとなる海苔。

が、この旨辛スープに浸った海苔は、隣りに並ぶ白米との相性に於いて、これ以上のものは無いラーメンのトッピング・・・

もとい、白米を極上の丼飯へと進化させる賑やかすぎるトッピングへと昇華しているのです。

 

ただ残念なことに、この裏メニューである「九条ネギ旨辛麺」については、

との報告が。。。

野菜のお値段が安定し出した頃に、再度復帰してくれることを願うと共に、ぜひ今月中に一度は食べておいて頂きたい「旨辛」な一杯でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

武蔵家 西千葉店

■ むさしや にしちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-19-9

■ 営業時間:月~土 11:00~翌01:00 /日曜 11:00~24:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

CAPTCHA