スポンサードリンク

若葉区千城台のらーめん たつのや 新メニューも増えオリジナリティがアップ!

本日は少し遡って、未公開のままだった年末の食べ歩き記録をご紹介します。

 

2017年の仕事納め、とばかりに午前中から四街道方面へ向かった日のこと。

11時前には仕事が片付き、せっかくなら四街道界隈でランチを頂こうと思うも時間が早く、どこもまだ開店前。

 

だったら、少し移動してちょうど良い時間つぶしを・・・と、向かった先のお店がまさかの臨時休業(笑)

年末に至るまで、臨時休業を引き当てる呪いは解けること無く、肩をなで下ろしながら、近隣で別のお店を探すことに。

 

そういえば、2月頃に訪問したまま、ご無沙汰だったなあ・・・ということで、

久々となりますが、千城台の「たつのや」にてランチを頂いてきました。

スポンサーリンク

家系インスパイアから、独自路線を歩み出した、らーめん たつのやの新メニュー

昨年(2016年)末だったか、今年(2017年)の頭だったか・・・

詳しくは忘れてしまいましたが、なんにせよ年末年始いずれかに、千城台へオープンした「たつのや」。

 

私が初回訪問したのは、今年(2017年)の2月だったのですが、

参照:らーめん たつのや 千城台に家系インスパイアの新店が登場!  ⇒

 

当時は家系ラーメンをインスパイアした風合いで、美味しかったものの、もうひと越えオリジナリティがあればなあ

といった感想を受けていました。

※ ↑が今年2月時点のメニューになります

 

対し、現在のメニューはというと、

塩ラーメンは、豚骨を一切使わずに鶏ガラ&牛出汁+魚介出汁のアッサリ系スープに変更

濃厚豚骨、豚骨魚介は以前と同じコンセプトを保ちつつ、更に新メニューとして

「辛豚骨ら-めん」がメニューに加わっておりました。

 

前回訪問時には、「濃厚豚骨らーめん」を頂いており、これはこれでしっかり美味しかったものの

どことなく家系をインスパイアしている為か、

「わざわざ、千城台まで足を伸ばすとなると・・・違うかな?」

といった感触が少なからずあった訳です。

 

が今回、現在のメニューを見た限りですと、

「たつのやらしいラーメン」が見えだしており、これは是非とも食べてみたい所。

 

という訳で、今回のオーダーは新メニューとなる「辛豚骨ら-めん」をオーダーすることにしました。

スポンサーリンク

らーめん たつのやの新作、辛豚骨らーめん(辛さ増し)を頂いてみました

辛豚骨ら-めんについて、メニュー上には

「通常はマイルドな辛さで、辛さ増しも出来ます」

との説明書きが。

 

昔ながらの住宅街や子育て家族の多い千城台ですから、デフォでは攻めた辛口設定がしづらいのでしょうか。

この辺も、地域やお客さんの層に合わせた配慮がなされている様子で、なんとも好印象を受けてしまいます。

とはいえ、熱いものは熱く、辛いものは辛く食べることを信条とする私は、躊躇すること無く「辛さ増し」をお願いすることにしました。

 

ちなみにこの日のお客さんは、私の入店前に2組3名、私が退店する前に新たに1組3名が来店。

まだお昼前の時間帯&平日でしたが、そこそこにお客さんが入っている様子。

店主さんのワンオペで回しているお店なのですが、忙しそうながらも、手際よく調理に取り組まれていました。

 

注文から10分弱、たつのやの新メニュー「辛豚骨ら-めん」が到着しました。

なかなかの刺激を感じそうな、深紅のスープ。

その上にはゴマも振られており、家系には無い「たつのや」らしいラーメンに見受けられます。

 

それではまず、スープから。

程良い辛さを感じるものの、主体となるスープが濃い口の豚骨だけに、辛味によって味がぼやけること無く、しっかりハードな豚骨感が伝わってきます。

油が多めなので、この辺で好みは分かれるのかも知れませんが、ゴマのお陰で風味も増しており、私は好きですねーこのスープ。

 

ただ、マイルドな辛さとメニューに表記されていましたが、正にその通りのマイルドさで、見た目程の辛さは感じません。

確かに唐辛子のピリッとした辛さは伝わりますが、せっかくの辛さ増しであればこそ、見た目のインパクトに負けないくらい、もうひと攻めしてもスープが負けることはなさそうだし、面白い気がしますね。

 

続いて麺を頂いてみます。

こちらは「香麺」を使っており、喉ごしの良いツルツル感で頂けます。

あーでも、この喉ごしで激辛なスープが入ってきたら、危ない事件を巻き起こすかも。

となると、麺との相性を考え、辛さをマイルドに抑えている説も浮上してきました。

 

具材のチャーシューには、バーナーで炙りが加えられており、これも私好み。

チャーシューって、冷たいまま乗せるよりも、なんらかの方法で熱を加え、暖かくして出した方が絶対旨味が増すと思うんですよね。

チャーシューの脂部分が冷たいままだと、それだけで心も冷え込むというか・・・普通に旨味感じないし。

バーナーの炙りが正解、とは言いませんが、常温以上に温まっているチャーシューであれば、それだけで私は満足度アップする安い男ですw

 

しかも、こちらのラーメンには

なぜか、うずらがトッピング(笑)

味玉は厳しいけど、せめてうずら位なら・・・なのか、理由は分りませんが、うずら1つ加わっているだけで、お得感を受けてしまいます。

(我ながら、なんとも安い男だ・・・w)

 

なお、この日は空腹をだいぶこじらせていたので、サイドメニューも注文。

オーダーしたのはこちら、ミニチャーシュー丼となります。

ミニを自称しているものの、十分過ぎる丼サイズ。

そこに盛られるは、先ほどの私好みな大ぶりチャーシュー3枚ですから、文句の付けようがありません。

 

白髪ねぎは丼のまま頂いても良し、ラーメンに移して麺と一緒に頂いても良し。

サイドメニューとの組み合わせで、プチカスタマイズできるラーメン、イイ感じだなあ。

 

麺、スープ、具材共にバランス良く、実に美味しく頂けたラーメン。

辛さこそ、もうひと越え出来れば個人的には嬉しく思いますが、程良い辛さを楽しみたい方なら、十分美味しく召し上がれるレベルになります。

 

ひとつだけお願いがあるとすると・・・レンゲ、小さくないでしょうか?(笑)

まあ、私の手が無駄にデカいのもあるやも知れませんが、いまのレンゲが小さく、気持ち・・・食べづらさを感じました。

全てのレンゲを大きくして、とまでは言いませんが、大小レンゲから選べると嬉しいです(けっこうガチでw)。

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

らーめん たつのや

■らーめん たつのや

■ 住所:千葉県千葉市若葉区千城台北4-8-35-103

■ 営業時間:11:00~14:00 / 18:00~23:00

■ 定休日:水曜日

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。