スポンサードリンク

高品に11月オープンの新店 打木ラーメンにて、焦がしにんにく香る塩ラーメン

11月の後半、千葉のラーメンブロガーやTwitterの多くが、外房の人気店、

「麺屋マスターピース」の千葉市進出に関する話題で盛り上がっていた頃。

 

その1日前に、高品交差点から少し裏道へ入った所に、新たなラーメン店がオープンしておりました。

その名も「打木らーめん」。

名前からはどんなラーメンを提供するお店なのか、一切感じ取れず、また事前情報も無い新店。

加えてお店の場所は、高品交差点から51号方面に向かう大通りを、一本中へ入った通りになります。

(イメージとしては、同通り沿いにある「ココス」の裏側になります)

 

Googleマップを見て気付いたのですが、以前は居酒屋だったテナントが、今月21日にラーメン屋さんとしてオープンした模様。

とはいえ、新規でお店を立ち上げるには、駅チカでもなければ大通り沿いでもない、ごくごく閑静な住宅街。

加えて近隣には梨の花や杉田家、武蔵家などの強豪店が建ち並ぶ中で、新規に開店するとは・・・

いずれにせよ、どうせ近所なら行ってみた方が手っ取り早い、という訳で早速訪問してみることに。

 

ちなみに、お店の駐車場については未確認ですが、店舗より30mほど進んだ通り沿いに

上記のコインパーキングがありますので、車でお越しの際には、こちらの利用がお勧めとなります。

スポンサードリンク

醤油、味噌、塩、つけ麺と、ソツナク全ジャンルを取り揃えた打木ラーメン

という訳で、車をパーキングに止めてお店の方へ。

この日の訪問時刻は12:30、しかも土曜日と言うことで飲食店にとっては掻き入れタイム。

 

ラーメン店の多い大通りすぐ側とは言え、通りからは引っ込んでしまった住宅街にお店を構える打木ラーメン。

加えてオープンからまだ数日、といった状況も合わさってか、私が訪問した時点でのお客さんはおりませんでした。

 

では、気になるメニューですが、

醤油ラーメン650円を皮切りに、味噌、塩、油そば

更にはつけ麺、黒チャーハン、餃子まで幅広く揃えており、オープン直後のお店ながら、ラインナップは多彩ですね。

ただ、メニューにはベースとなるスープや一押しメニューに関する表記はなく、ソツナク全方位をカバーする反面、方向性に悩んでいる感も受けました。

 

また現在は、オープン記念と言うことで

麺ふた玉の大盛りサービスを無料で受けられるとのこと。

無料の大盛りか、はてまた黒チャーハンか、これは悩む所ですね(笑)

 

なんにせよ、ひとまずは店内へ入店。

元々は居酒屋だったお店を改装した店内は、カウンター席が中心。

入り口手前のスペースについて、現在はロールカーテンで仕切られていましたが、元は恐らく、小上がりだった様に思います。

 

オープンしたての店内だけあって清潔感に溢れており、またラーメン店としては珍しく、BGMにはJAZZが。

お店で出しているビールも、国産ではなくギネスが提供されているなど、要所に店主さんのこだわりが感じられます。

スポンサードリンク

黒マー油香る塩ラーメンと、たまり醤油を使った黒チャーハンをオーダー

さて、この日のオーダーですが、店内に獣骨系のスープ臭を感じたため、同スープとの相性良さそうな「焦がしにんにく香る塩ラーメン」を注文する事に。

また注文時に、現在はオープン記念で麺の増量が無料とのことでしたが、もう一品気になっていた品となる「黒炒飯」の小サイズをオーダーしたく、麺は普通サイズで注文させて頂きます。

 

注文を終えると同時に、店主さんと奥様?(と思われる注文を受けていた女性)が一斉に仕事をスタート。

オープンしたてではあるものの、一連の手際良さを見るからに、いずれかのお店で修行を積まれていたのかも知れません。

 

他にお客さんもいない時間帯なので、せっかくならお店の情報やご主人の経歴など、色々聞いてみたい所ではあるものの、いかんせん私は人見知りな気質でして。

初訪問したお店の店主さんに、なれなれしくアレコレ聞き出す社交性も無く、ただただ大人しく、ラーメン&炒飯の到着を待つことに。

 

そんな感じに待つこと5分、まずはラーメンが到着となりました。

遠目からでも感じる、焦がしにんにくの食欲誘う香りがたまらんですね。

 

ではまず、黒マー油の浸食少ない、デフォのスープから一口。

スープは鶏と豚のWでしょうかね、クセが無く、それでいて旨味はしっかりしていて優しい仕上がりです。

塩だれもキツすぎず、幅広い層が食べやすいスープになっています。

 

では、続いて黒マー油エリアを浸食させて、再度スープを。

ガツーンと来るにんにくの香り、これが漂う塩のスープは久々・・・というか、近所には無い味ですね。

真新しい訳では無いものの、最近の流行りにも傾倒しておらず、店主さんの実直さが感じられます。

 

続いて、麺の方ですが

こちらは中細のストレート麺が使われています。

スープとの相性はまずまず、ですね。

 

その他トッピングには、チャーシュー、メンマ、もやし、煮卵、そして海苔とこちらもシンプル。

どれもそつなく美味しかったのですが、煮卵がちょっと緩かった様に感じます。

好みの問題かも知れませんが、箸ですくうと崩れる程の柔らかさだったので、もうちょい固い方が食べやすく感じました。

 

続いてご登場となったのがこちら、

黒炒飯(小)、お値段280円となります。

値段の割にボリュームもあり、ラーメンとセットにするなら食べやすいサイズが嬉しいですね。

 

では早速、炒飯を頂いてみます。

たまり醤油で味付けされたこちらの炒飯、色合い程、味の濃さを感じず塩加減も抑えめ。

それでいながら、醤油の甘みがしっかり活きており、また具材の細切れチャーシューが良い食感を出しています。

 

ただ、この日私は、ラーメンを「焦がしにんにく」にしてしまったため、主張強めのスープが合わさると、どうしても炒飯の味が薄く感じられてしまいました。

炒飯単品で頂くなら、これ位の加減がベストにも思えますが、ラーメンのスープ次第で、アチラを立てればコチラが立たず・・・といった具合になるたまり醤油は、加減が実に難しそうです。

むしろこの炒飯なら、大サイズを注文して、セットで餃子・・・なんて選択も面白いかも知れません。

 

ラーメン店激戦区、とも言える高品エリアに新規オープンした「打木ラーメン」ですが、近隣のどの店とも競合しない、実直で真面目なラーメンといった雰囲気を感じました。

良くも悪くも、近隣のお店はパンチが強いラーメンが多いだけに、ラーメンフリークでは無い一般の方なら、こういった「安心できるラーメン」の方が好まれるかも知れませんね。

ただ、近隣の方を対象にするのであれば、子育て家庭の多いエリアでもありますので、子供向けのメニューなんかあると嬉しくも思いました。

 

また、ラーメン店でありながら、ハイネケンやギネスビールを提供するあたり、ご主人にも相当なこだわりがある様に感じます。

現時点では、そちら側へのこだわりがラーメンに反映されていないようにも思いましたので、今後の展開に注目したい所です。

 

加えて、後日聞いた話によると、こちらのご主人は「松戸大勝軒」で修行をされていたとのこと。

となると、つけ麺や醤油ラーメンも食べてみたくなりましたので、また近日中に訪問してみたいと思います。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

打木ら~めん

■ うちき(うつぎ?)らーめん

■ 住所:千葉県千葉市若葉区貝塚町2035-19

■ 営業時間:11:00~14:00 / 18:00~22:00

■ 定休日:火曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。