スポンサードリンク

祝!9周年!! 作草部の麺処まるわ、2017秋の陣は煮干が乱舞!!

この秋で、オープンより満9周年を迎えた、作草部の麺処まるわ。

(遅ればせながら、おめでとうございます)

 

私が一時千葉市を離れ、戻ってきた頃にオープンした同店ですが、気付けばほぼ10年ということで、もはや西千葉エリアのラーメンを語る上で外せない存在に。

オープン当初から定期的に訪問しておりましたが、本ブログではお馴染みの通り、ここ1~2年は訪問頻度も上昇。

その一番の理由となるのが、裏メニューや期間限定メニューの増加、

そして、SNS(Twitter)より、同情報がキャッチしやすくなった事で、お店との距離がグッと近づいた様に思います。

 

9周年を迎え、10年目yearに突入した「まるわ」ですが、今年の秋も早々に乱舞がスタートしている模様です。

スポンサードリンク

9周年を迎えるも、変わらず続くまるわの無双 今年の秋は煮干が乱舞!

10年目突入と同時に、裏メニューが更新された2017年、秋のまるわ。

現在の裏メニューラインナップはというと、

この通り、今月(11月)は煮干推し月間となっております。

 

9周年を迎え、最初の訪問。

常連さんの多くは、敢えての周年期間だからこそ、基本メニューを頂き初心に返るプレイを盛んに見かけます・・・

 

が、「限定」というキラーコピーにあがなえない私は、初心よりも躍進を選択することに。

という訳で、10年目に突入した一発目に頂いた一杯がこちら、

11月の裏メニュー「ニボ塩まぜそば」となります。

キャベツ、もやし、ニンニク、ねぎ&玉ねぎ・・・と多数のトッピングが出揃う中

この一皿の極みとなるのが、たっぷりの魚粉。

 

店長曰く「カップ焼きそばのイメージ」と語られるニボ塩混ぜそば、早速頂いてみます。

最初はあえて、しっかり混ぜずにタレと麺から。

アッサリ系の塩ダレと思いきや、これだけでも十分美味い!

味付けがシンプルなだけに、麺の美味さがダイレクトに伝わってきます。

 

味の構造はカップ焼きそばのイメージ、かも知れませんが、この美味さを体現できるカップ焼きそばは、今の科学じゃとても無理。

絶妙な塩ダレと麺の美味さ、双方のバランスがなけりゃ生まれないテイストです。

 

麺の美味さを噛みしめた所で、次は躊躇せずに一気混ぜ。

香り高く広がる煮干、そしてニンニクの組み合わせが食欲のボルテージを全開にさせます。

早速一口頂くと・・・広がる魚介の香り、それを追いかけるニンニク・・・

ほのかに感じるアンチョビ感も合わさっており、この仕上がりは混ぜそばではあるものの、どこかイタリアンの様でも。

 

まぜそばではありながら、パスタのようでもあり、煮干ベースでありながら、濃厚さもキープ。

これは俄然、カップ焼きそばとは比較できない、唯一無二の煮干香る塩まぜそば、と断言して間違いありません。

スポンサードリンク

気温の低下と共に旨味も増加! もう一つの裏メニューニボ味噌も危うく完飲…

そんな「ニボ塩まぜそば」を大満足で頂いたモノの、店長の口からは

「ホントはニボ味噌を推したいのに・・・」とのコメントが(笑)

 

どうやら、自信作なのは「ニボ味噌」の方だというのに、「ニボ塩まぜそば」ばかり注文が続いている模様。

そうは言っても・・・まぜそば、ホントに美味かったしなあ(困)

 

11月とは言え、暖かい日が続く影響がニボ塩まぜそば景気を牽引しており、この先寒さが顔を出せば、ニボ味噌需要も高まるのではなかろうか?

などとの話はしてみたものの、果たしていつ寒波が押し寄せてくるのかも分らない、ここ数日の晴天ぶり。

 

なにより【店長の自信作】という、これまた強烈なキャッチコピーに魅せられ、10年目yearの第二弾に頂いたのがこちら。

11月の裏メニュー、第二弾となる「ニボ味噌」となります。

※ しっかり美味しく頂く為に、連食はせず5日後に再訪

 

ニボ塩以上に高く香る煮干の凜とした風味と、味噌の香しい風味。

これぞ日本のご飯、を感じさせる2つの香りに包まれながら、まずはスープから。

 

一口目に伝わるのは煮干の風味、エグミは感じず、旨味がフワッと優しく広がります。

次に味噌を感じるものの、こちらは意外な程におとなしめで、煮干とベースの豚骨に挟まれた、シーツの様な柔らかさ。

つまり、ベースとなる豚骨は、敷き布団の様にどっしり身構えており、揺るがぬ大黒柱としてこの一杯を支えています。

 

麺はお馴染み、浅草開化楼の縮れ中太麺で、トッピングにはキャベツが採用。

これがまた甘みを増しており、煮干&味噌との相性最高。

 

なお、個人的に譲れないのが、このメンマ。

チャーシューが美味いことは言うまでも無いものの、ここのメンマを掘り下げる機会が無かったのでここぞとばかりに。

ここ、まるわの穂先メンマ、私、ホントに好きでして。

大ぶりなのに食感柔らかく、それでいて味も濃すぎず、どんなラーメンにも合う柔軟な存在。

ここまるわに於ける名バイプレーヤーと言えるのは、このメンマだ、と勝手ながら確信しております。

 

良い意味で味噌の主張が控えられているだけに、煮干の旨味が強く伝わる「ニボ味噌」。

煮干の風味を感じながら、味噌味を優しく味わい、最後に豚の旨味を堪能。

そして、そこに加わるキャベツの甘み・・・

 

煮干・・・味噌・・・豚・・・キャベツ・・・

煮干・・・味噌・・・豚・・・キャベツ・・・

 

あ、これってもしや・・・と思っていた所に、店長の口から

「このコンセプトって、要するに豚汁なんですよ」との声が。

 

今まで、ありそうで無かった煮干と味噌のバランス度合い、それでいながらどこか懐かしさを感じる風味。

その正体は、日本の冬の名物士、豚汁だったとは…

もちろん、ベースとなるスープの基本が違うので、豚汁を遥かに昇華した一杯となるのですが、確かに味の構造は豚汁的でもあります。

 

基本の構造が豚汁、だと思えば完飲するのが当たり前。

いやむしろ、完飲ではなく、残さず食べるだけの話とばかりにスープを飲み干しかけ

「煮干ってプリン体多いじゃん」

と痛風発作の激痛が脳内にプレイバック、危うい所でレンゲを置くこととなりました。

 

という訳で、10年目に突入した、作草部のまるわ。

今月は【ニボ月間】ということで、2つの新たな裏メニューを連食してみました。

また、これまで裏メニューはSNS読者限定の品だったのですが、先日から店内でも公開スタート(入り口左手の黒板に記載があります)。

 

SNSフォロワー限定のお得感は薄まってしまったものの、レギュラーメニューだけに留まらず、裏、限定メニューにも毎度、唸らされる日々。

10周年に向けて、次なるコラボや限定メニューなどなど、楽しみに事欠かない1年になりそうです。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

麺処まるわ

■ めんどころ まるわ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区轟町4-1-13

■ 営業時間:[火~金]11:00~14:30/17:00~23:00

[土日祝]11:00~15:00/17:00~22:00

■ 定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。