スポンサードリンク

4月に新規オープン、らーめん福たけ 富士見店へ初訪問した

9月最初の土曜日。

都内での仕事を終え、千葉へ戻るも時間が時間だけに外食して帰宅することに。

 

久々に千葉で夜帯に外食(しかも1人!)となるので、このタイミングでしか行けないお店にしようと考慮を重ねた結果、本年4月にオープンするも、営業時間が「夜のみ」ということから、伺うことが出来ずにいた、こちらの新店

らーめん福たけ 富士見店へ初訪問を果たしてきました。

スポンサードリンク

富士見町の鬼門?スポットにオープン らーめん福たけ 富士見店

らーめん福たけ 富士見店ですが、富士見町のナンパ通りを旧パルコ方面に進み、一風堂を左に入った小道沿い

昨年までは、豚ポタラーメン劇場なるお店のあった跡地に、今年4月オープンしました。

参考:豚ポタ!? 千葉の気になる新店、豚ポタラーメン劇場へ!  ⇒

 

同テナントは、富士見町の中でも鬼門と言われるほど、入れ替わりの激しい場所。

大通りから一本入った小道にあり、人通りが少なく目立ちづらいことが理由・・・なのかどうか分りませんが、そんな人通り少ない場所であっても、さすが福たけ。

 

薄暗い通りであることを逆手に取ったかの如く、ここぞとばかりに激しい照明を当て、とにかく目立ちます(笑)

加えて、店内外共に、赤と黒を基調とした作りになっており、背脂にまみれたラーメン店らしからぬオシャレさも感じさせるほど。

 

とはいえ、福たけの本質は外しておらず、

かつて、背脂ラーメンで全国3位に選ばれた名誉はしっかりアピール。

また、ここ富士見町店のオリジナル&限定メニューと思われるメニューも発見。

 

その名も

「オマール海老とアンコウの濃厚つけ麺」!

 

確か、以前に開催されていた「大つけ麺博」で、同店がそんなメニューを提供していた様な。

そのメニューが満を持して、富士見町店でも提供される様になった、ということでしょうか。

 

いずれにせよ、生まれ変わったらオマール海老になりたい私にとって、これは注目の的。

券売機に立つよりも早く、注文を確定し店内へ向かうと・・・

 

「売り切れとるやん・・・_| ̄|○」

 

この日の訪問時刻は19:30。

たしか、ここ「らーめん福たけ 富士見店」の開店時刻は18:00。

この1時間半で限定ラーメンが早くも売り切れてしまったのか、はてまた予定数分のスープが揃わなかったのか。

 

早くも訪れた焦燥感に身を焦がし、他のメニューを注文するべく切り替えます。

という訳で、券売機に目を向けると、

ここ数年、福たけ=超ガメラばかりを注文していたのですが、ここ富士見店には、同メニューは無い模様。

となると、背脂系の醤油か、はてまたここぞとばかりの煮干orかつおか・・・

 

ん、もう一つの限定メニューを発見!

「濃厚海老味噌辛つけ麺」!?

桜木のお店にも、そういやそんなメニューあった気が…

 

普段はガメラにばかり目がくらみ、見落としていた同メニュー。

せっかくの機会と言うことで、こちらを注文する事としました。

スポンサードリンク

限定メニュー 濃厚海老味噌辛つけ麺と富士見店限定のチャーハンを食べてみた

濃厚海老味噌つけ麺を購入し、再度券売機に目をやると、やたらと

「チャーハンがオススメです」の言葉が目に止まります。

 

桜木でも蘇我でも、福たけにチャーハンってあったっけ?

それとも、ここ富士見町店のオリジナルと言うことでしょうか?

 

いずれにせよ、これだけお勧めしてくる券売機に、チャーハンを頼まず背を向けるのは、男として看板を下げる行為。

ここは・・・若干の手心を加え「半チャーハン(300円)」をオーダーすることに。

 

ちなみに店内の先客ですが、この時点(19:40)では1組3名のみ。

お店の規模としては、カウンターのみでも10席ほど、テーブル席を含めれば14~18人が入れる作りなので、客入りとしてはまだまだな様子。

 

まあ、この日は土曜日ですし、同店の営業時間を見ても分かる通り、本格的にお客さんが入り出すのは、他店で飲み終えた人が歩き出す21:00を過ぎた頃からでしょう。

近隣にも深夜まで営業しているラーメン店は多数ありますが、背脂系はここ福たけのみ。

これによって富士見町は、良い意味で棲み分けされたラーメン店が揃った感がありますね。

 

そうこうしながら、待つこと6~7分で、まずは半チャーハンが登場。

丼での提供となるので、サイズ感が伝わりづらい上、湯気まで立っている始末(笑)

量としては、お茶碗1.5杯ぶんはあるので、半チャーハンとしてはボリューム高めです。

 

早速頂いてみますと、イイ感じにシットリ感の伝わる、私が好きなタイプのチャーハン。

具材は玉子とねぎ、そして大量のチャーシュー(笑)

シンプルではあるものの、チャーシューの量が多く、そして背脂を食しているかの様な脂身の食感もあります。

 

つけ麺前のオードブル、としてはもちろん、1人前丸々でも食らいつきたくなる程。

これを一言でまとめれば「ちゃんと目の前で仕上げられた。良いチャーハン!」でした。

※ つい数日前に出会った、悪いチャーハンによる補正効果ではなく、単体で純粋に美味しいチャーハンでした

 

チャーハンを半分ほど頂いたあたりで、主役が着丼。

本日のオーダー、濃厚海老味噌辛つけ麺となります。

※ 最近ちょっとずつ、カメラアングルに凝り始めましたw

 

相当に熱そうな漬け汁、そして器から立ちあがる海老の香り。

この匂いだけで、食べる間もなく「美味かった!!」と声をあげそう。

 

まずは一口、スープから。

つけ麺なので、かなりの濃さに感じますが、さすが過ぎる海老と味噌のフュージョン。

強い魅力を持ち合う2つの素材が、互いを昇華し合い、更なる高みに到達しています。

 

そして、そこに加わる辛味と、背脂の甘み。

こんなの、麺を投入するまでも無く「美味い!!」に決まってますね。

 

とは言え、主役の麺を入れて本番をスタート。

浅草開化楼の太麺ならでは、パンチある漬け汁に負けること無く、スープを絡めてきます。

麺の喉ごし、歯切れ、小麦の香り、どれもがスープをしっかり支え、文句の付け所がありません。

 

スープが濃厚なだけに、具材はシンプル。

チャーシュー、メンマ、そしてねぎ。

複雑且つ旨味の凝縮されたスープの前では、シンプルな具材で十分、ということですね。

 

着丼から一度として、箸を停めること無くフィニッシュ。

そして、割りスープを頂いてみると

こちらには、ねぎに加えて、柚子の皮を発見。

コッテリ濃厚なまま最後を向かえるのでは無く、〆については上品さと爽快感がプラスされます。

終始、同系の味で押し切ること無く、〆にはそれにふさわしい風味を加えてくるあたり、さすがの福たけであって、それは本店でも富士見町店でも同様、さすがの心遣いでした。

 

十分過ぎる満足感を得て帰宅・・・

しようと、帰り際に壁のPOPへ目をやり、思わず絶句

 

ここ、らーめん福たけ 富士見店は立地がら、「18:00~翌2:00」の営業のみ

と思いきや、

「土・日:11:00~0:00」

 

なんと、土日に関しては、ランチから夜までの通し営業を開始していた模様。

 

冒頭で私が無念さに包まれていた

「10食限定、オマール海老とアンコウの濃厚つけ麺」

ですが、昼から営業していりゃそりゃ無くなるはずだわ。。。

 

夜しか行けないお店だと思い、ここぞとばかりに訪問した、らーめん福たけ 富士見店。

でしたが、実はこの日(土曜日)は昼からも営業していたとのこと。

 

若干の無念さを感じたものの。言い換えれば今後、土日ならランチ帯に訪問することが出来る、という意味でもあります。

本日頂いた「濃厚海老味噌つけ麺」にも十分満足しましたが、次こそは「オマール海老とアンコウの濃厚つけ麺」を頂くべく、準備を進めた上でリベンジを果たそうと思います!

 

待ってろよ、オマールアンコウ!!

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

らーめん福たけ 富士見店

■ らーめんふくたけ ふじみてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-9-14 松井ビル 1F

■ 営業時間:[月~金]18:00~翌2:00 [土・日]11:00~00:00

■ 定休日:火曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。