スポンサードリンク

道場南 県知事公舎前に新規オープン 麺食堂 関東家に初訪問

国道126号から高品交差点方面に向かう大通り。

杉田家や武蔵家をはじめ、飲食店の多い通りに、また新たなラーメン店?が、先日オープンとなりました。

 

場所は、昨年末に惜しまれつつも閉店した「スタミナラーメン 五十番」の跡地。

県知事公舎の真向かいに6月半ば、オープンとなった「麺食堂 関東家」さん。

 

関東家といえば、モノレールの栄町駅すぐ側にも、同名のラーメン店があるのですが、そちらとの関連性は果たして・・・?

気になる店名を押しのけて、更なる疑問を持ちかけてきたのが、

同店駐車場スペースに貼られた、こちらのメニューたち。

ラーメン店としては異色なラインナップとなるのですが、疑問を解決すべく、まずは店内へ。

スポンサーリンク

スタミナラーメン 五十番跡地に6月オープン、麺食堂 関東家

こちら「麺食堂 関東家」はその名の通り、ラーメン店ではなく麺食堂…

であることを暗に伝えるかのように、入り口前には本日のランチが掲示。

この日のランチは、

・唐揚げのネギソースかけ

・中華丼(コロッケ付)

となっており、ラーメンを押す構成では決して無い様子。

しかも、上記ランチのスープを+200円でラーメンに変更出来る訳で、日替わりランチのコスパはすこぶる高い。

 

とはいえ、そこまで食らいつくす程、食欲を持て余していない私は、通常メニューへ。

「関東家」と、家系を彷彿させる店名ではあるものの、スープのベースとはるのは鶏白湯で、醤油と塩の2パターン。

全然、家系してないのに、わざわざ○○家と何故に名乗ったのだろう。

単純に、こちらの店主さんが「関東」さんで、家族経営でもされているのだろうか。。。

 

ひとまずメニューに戻るが、ラーメンのメニューそのものは、塩と醤油の二通り。

トッピングも控えめになっているものの、こちらにもフライやらメンチカツのセットメニューが豊富。

やはり、ラーメン自体は副菜のような扱いで、メインとなるのは定食などのセットメニューということだろうか。

 

それにしても、日替わりランチのスープを+200円でラーメンに変更出来る高いコスパを発揮しているのに比べ、ラーメン単体のコスパが随分悪く感じ…

いや、ダメだ。コスパコスパ言ってる、つまらんレビュアーに成り下がるところだった。

 

ちなみに、駐車場スペースに掲載されていた謎の焼肉達。

こちらは、夜のメニューとなっている様で、

こちらの通り、専門店を名乗るほどのラインナップでは無いものの、豚・牛の焼肉メニューを発見。

更には、「関東家の肉鍋」なども用意されている上、店内には焼酎やワインなど、アルコールメニューも多数。

ちなみに、店内には座敷席も用意されているので、家族でのんびり焼肉も可能なら、カウンターでの1人ラーメンもOK。

 

加えて、こちらも夜限定なのだろうか。

ラーメン店では、まず見かけることの無い「ドリンクバー」まで完備。

なんというべきだろうか・・・とにかくその守備範囲の広さに、驚かされるばかり。

 

スポンサーリンク

関東家だけど鶏白湯? 鶏白湯なのに牛&豚の焼肉?? 守備範囲の広さは吉か凶か??

とりあえず注文の方は、塩ラーメンのチャーハンセットをオーダー。

 

私の入店時間は12時前だったのだが、隣りに座っていた先客の男性は日替わりランチ(中華丼)をオーダーしていた様子。

私より一足先にオーダーの品が提供されていたのだが、こちらの男性の第一声は

「うわっ…凄(汗)」

 

丸々一人前はある中華丼に、大ぶりなコロッケ。

そして、スープに代ってラーメン、そしてライス。

丼メニューだというのに、更にライスまで提供してくるとは、親切心が溢れ出てしまっている。

 

遠目に見ていただけでも、とても完食できるボリュームでは無く、日替わりランチを頼まなかったことに安堵感すら覚えてしまった。

そんな安堵に包まれ、待つこと7分ほど、まずはラーメンから着丼。

重厚な鶏白湯を思わせる、濃厚なスープ。

具材はシンプルで、もやし、ねぎ、そしてチャーシュー2枚。

それにしても、お盆にのったまま提供されるのだが、このお盆がカウンターのサイズと合っていない..(汗)

 

続いて、麺の方はというと、こちらは細めのストレート麺。

どちらの製麺所なのかは確認していないが、かなり柔らかめであることだけは間違いなさそうだ。

 

ひとまずスープから口に運ぶ。

・・・鶏、かな。

鶏の旨味、というより鶏の風味が感じられるスープ、くらいの表現が適している様な。

また、塩でオーダーしているものの、かなり主張が控えめに感じます。

 

麺については・・・、特に触れずいこう。

 

スープと麺を一口ずつ頂いたあたりで、半チャーハンが到着。

具材はネゴ、玉子、そしてチャーシュー。

オーソドックスなものとなりますが、こちらも一口。

パラッと仕上がっており、また味付けも私好み。

 

チャーハン、しっかりしてるなあ。 ということは、料理の基礎はしっかり出来ているんだよなあ。

だとしたら、ラーメンのスープがアレなのは…たまたま、なのだろうか?

チャーハンの方では、チャーシューも程良く主張を示しているのに、ラーメンになるとめっきり主張が控えめになっているし。

 

 

・・・いや、これは逆転の発想だ。

ラーメン店のラーメン、と考えるから評価が厳しくなってしまうのだ。

 

ラーメン専門店ではなく、麺食堂とある通り、ここはあくまで食堂なのだ。

定食中心の食堂ながら、セットでラーメンも提供している、と考えれば、ラーメンへの評価もガラッと変わってくる。

その証拠に、隣に居た男性も、日替わりランチのボリュームに感嘆の声をあげていたじゃ無いか。

そう、ここはラーメン店では無く、麺食堂なのだ。

 

そうでなくても、杉田家や武蔵家、梨の花など人気ラーメン店の多い激戦エリア。

さらに鶏白湯で話をすれば、すぐ近所にある「せん吉」でもクオリティの高い鶏白湯ラーメンがランチ帯では提供されている程。

 

これだけの人気店と、真っ向からラーメン勝負を挑むのでは無く、「食堂」として

・中華のランチあり

・焼肉あり

・肉の鍋料理あり

 

と、往年のイチローも驚くような守備範囲を見せつつ、これらに加え

・ラーメン

までもが食べられる食堂、だと思えば不思議と納得できてしまう。

 

なにより、まだオープンから数日が経ったばかり。

これからの改善、変化(特化)に期待してみたい、そんなお店でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

 

麺食堂 関東家

■とりぱいたんらーめん なつき

■ 住所:千葉県千葉市中央区道場南2丁目19−8

■ 営業時間:11:30~22:00

■ 定休日:不明

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。