スポンサードリンク

JR稲毛駅 頑々坊子外伝 リニューアルを経て、まさかの…グレードダウン?

JR千葉駅西口にある、豚骨スープのラーメン屋といえば、頑々坊子。

昼時にはいつも行列が出来る人気店な上、このエリアでは珍しく夜12時近くまで空いていることから、頻繁に利用しているお店。

 

その別形態として、2年前にオープンしたのが、JR稲毛駅から徒歩5分程のところにある「頑々坊子外伝」。

 

こちらは、本店とは異なる味噌✕豚骨をウリにしたラーメン屋で、これもまた私のツボにピンポイントで刺さるお店だったのですが、内装のリニューアル?とかの名目により、2014年9月末に一時閉店。

 

それから半年~1年が経過し、お店を再開したとの情報は聞いていたものの、いざ足を運ぶと

・ラーメン1杯100円のイベント開催をしており、鬼程の行列

・定休日

などなど、幾度となくタイミングをしくじってしまい、リニューアル後のラーメンを食べられずにおりました。

が、この度ようやく念願叶い、リニューアル後初となる、頑々坊子外伝の実食に成功したのです!!

スポンサーリンク

頑々坊子外伝 リニューアル前のラーメンと言えば・・・

さて、稲毛の頑々坊子外伝ですが、リニューアル前の同店と言えば、こってり系の豚骨みそがメイン。

 

また、スープだけで無く、SNS映えすると断言しても過言では無い、

千葉,グルメ,稲毛,頑々坊子外伝,豚骨チャーシュー,ラーメン,ランチ

こちらの、器からはみ出んばかりに盛られたチャーシュ-こそ、頑々坊子外伝。

フォトジェニック級にデカすぎる!!

というだけでは無く、しっかり味がしみこみ、柔らかく仕上がっているこのチャーシュー。

これこそが、本店との差別化を図り、わざわざ稲毛まで足を運ぶ価値そのものでした。

 

さて、リニューアルによりメニューにも変化があったと噂の頑々坊子外伝ですが、果たして現在のメニューは・・・

スポンサーリンク

リニューアルにより、本店との差異が薄くなった頑々坊子外伝

今回のリニューアルにより、メニューが変更された結果、現在のラインナップは

千葉,グルメ,稲毛,頑々坊子外伝,豚骨チャーシュー,ラーメン,ランチ

豚骨と鶏をベースにした白湯スープのラーメンがメインとなったそうです。

 

メニュー上でぱっと見の印象では、本店との差異が無くなった様にも感じる雰囲気でしたが、とりあえずは全容を掴むべく、お勧めとなる特性白湯醤油ラーメンを注文。

この時点で時計は11:50を指すものの、お客さんはまだまばら。

先日、リニューアル1周年記念だかをやっていた際には、隣のイオン駐車場まで行列が出来る程の盛況ぶりだったが、あれは安売りに乗っかってきただけのお客さんなのでしょうかね。

 

多くの人に味を知って貰うべく、お試し価格で提供するのは賛同できますが、その結果が通常営業に繋がっていないと言うことは、どこかしら見直すべきなのかも知れないなあ・・・

などと、余計な心配を考えている間にオーダーの品が到着。

千葉,グルメ,稲毛,頑々坊子外伝,豚骨チャーシュー,ラーメン,ランチ

メニューと寸分違わぬ、写真通りの品が到着。

※ 誤解無き様申し上げますが、私はメニュー上の写真と注文の品とで差異があったとして、うるさくは言いません。

が、最近あまりにも酷いメニューを見かけるので、その際にはさすがに苦言を呈するだけですw

 

まずは、以前の営業形態と大きく変化したスープから。

鶏&豚の白湯スープとのことですが、豚の割合が強い上に醤油も前面に出ている為、クリーミーで濃厚ながら優しい豚骨醤油といった味わいになります。

麺については、豚骨スープに絡みやすい細麺を採用。

これも、しっかりした歯ごたえがあり、麺との馴染みは申し分なし。

 

そして、かつての同店一押しでもあったチャーシュー。

ですが、これは見ての通り、以前と比較しだいぶボリュームダウン。

女性をターゲットにした店であれば、ボリュームダウンも理解できるのですが、学生の多い稲毛エリアであれば、以前のハイカロリーなチャーシューの方がウケも良いだろうに・・・

とりあえず口に含んでみると、確かに美味い。

肉の柔らかさもしっかりした下味も、以前と変わらず。

ただ・・・以前のバカなまでにデカかったチャーシューのインパクトと比較すると、どうしてもお行儀良くまとまってしまった様に思えます。

 

ちなみに、同ラーメンにトッピングされている味玉ですが、濃厚かつジューシーとも言うべき黄身のとろけ具合が最高でした。

見たところ、こちらのたまごにも相当なこだわりを持っている様でしたが、詳細は忘れてしまいました(汗)

 

という訳で、スープを中心に本店の味にかなり近い仕上がりへリニューアルされた頑々坊子外伝。

もちろん、頑々坊子本店のラーメンも好きなので、これといって文句は無いのですが、せっかくの外伝ならばこそ、以前の味噌ラーメン&チャーシューの様に、賞美に出たメニューを期待していただけに、若干拍子抜けしてしまいました。

千葉駅前の本店と差別化された店であればこそ、わざわざ足を運ぶ理由があったものの、本店との差異が薄くなってしまったのであれば、もうどちらでも良いんじゃ無いかな、と感じた一杯でした。

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

頑々坊子外伝

■ 頑々坊子外伝(がんがんぼうず がいでん)

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台1-6-21

■ 営業時間:11:00~23:00

■ 定休日:月曜日

JR稲毛駅を16号側に出て、イオン方面へ。

イオン稲毛店の駐車場手前、右側がお店になります。

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

CAPTCHA