スポンサードリンク

一風堂 千葉中央店 新メニュー コンソメ中華そばがボール過ぎた件

四六時中、千葉のグルメ情報を調べ回っている影響からか、ここ暫く私のパソコンにはやたらと「一風堂」の広告が出てくる様になっていた。

博多豚骨信者である私にとって、一風堂はもちろんドストライクなラーメンになるのだが、最近やたらと目にしていた広告に出てくるのは

「この味、みんなにストライク。旨だし醤油×ビーフコンソメの新感覚ハイブリッドラーメン コンソメ中華そば」

なる、春の期間限定メニューらしい。

 

過去に、コンソメ系ラーメンを食べて、アタリを引いた経験がないものの、そうは言っても手がけるのは一風堂。

しかも具材にはローストビーフをトッピングし、なによりキャッチフレーズは

「この味、みんなにストライク」だそうだ。

 

そこまで言うのであれば、赤丸に代わって食べ、ぜひとも三振に切ってもらうべく、

富士見町の「博多 一風堂 千葉中央店」へ行ってきました。

スポンサードリンク

一風堂 杯数限定季節のラーメン コンソメ中華そば

お店に着いたのは11:20頃。

まだ昼前だというのに店内は7割ほどが埋まる、相変わらずの盛況ぶり。

入り口付近をみると、あったあった。

噂の「みんなにストライク」なコンソメ中華そば。

杯数限定とのことだが、これが掲載されているのならまだ間に合うのだろう。

 

早速店内に入り、カウンター席へ。

注文するものは決まっているものの、一応メニューに目を向けると

噂のコンソメ中華そばに関する詳細説明へ。

写真ではボリュームが少なく見えたので、サイドメニューを検討すべくメニューに目を向けると、

「特製ミニローストビーフ丼」なる、こちらも限定と思われるご飯を発見。

 

コンソメ中華そばのスープをかけることで、ローストビーフ茶漬けが出来てしまうなど、見るからに食欲をそそるサイドメニューじゃ無いか。

コンソメラーメンに替え玉、という選択肢はさすがに無かったが、これならボリューム的にも十分満足できそう。

という訳で、

「コンソメ中華そばとミニローストビーフ丼!!」

をオーダー。

 

が、返ってきた言葉は

『ミニローストビーフ丼、終わっちゃいました』

 

なんだ・・・と・・。

まあ限定である以上、仕方ない。

 

「じゃあ・・・」

と再びメニュー(今度は通常メニュー)に目を向け、半チャーハンか明太ご飯を頼もうとするも…

店員さんは視界のだいぶ彼方へ移動。

 

・・・おい。

忙しい時間なのは分るが、注文受けてる最中にいなくなるか、普通。

品切れなのは仕方ないとして、無いなら無いなりに、何か注文しようとしてるだろうが。

 

昼前とは言え、忙しい時間だってのは良く分る。

が、この忙しさだって、昨日今日始まったモンじゃ無く、年がら年中なんだから、いい加減慣れろよ。

なんにせよ、店側の都合で勝手に注文を締切られたこの対応で、私の一風堂へ対する信頼度は音を立てて崩れ去っていった。

透き通ったコンソメスープに期待高まるも、諸々残念すぎた一風堂 千葉中央店

注文と同時に、イライラを募らせるも、待つこと5分弱で着丼。

スポンサードリンク

いくらイライラしたところで、当然腹は減る。

そして、空かした腹に入ってくるこの一杯が美味けりゃ、それだけで満足できるほど、私は単純だったりもする。

 

ビーフコンソメが黄金色に輝き、透き通ったスープ。

見ているだけでも美味さが伝わってくるが、これを口に運ぶと・・・

コンソメの旨味と同じ、いやそれ以上に、ポルチーニ茸の主張を強く感じる。

 

トリュフの場合、旨味以上に気品ある香りが感じられるものの、ポルチーニ茸の場合、私はどうにも「土臭さ」を感じてしまう。

(そもそも茸が得意で無い、というのもあるのだろうが)

コンソメの旨味は十分に伝わるのだが、どうにもこのポルチーニ茸が、邪魔くさくって仕方ない。

それもそのはず、このラーメン。 ポルチーニ茸をメンマに見立ててトッピングしている。。。

 

スタートから、複数残念な味わいが続いたが、ひとまず麺へ。

こちらは通常の麺とは違う、特注麺を使用しているとのこと。

一般的にはパンに使われる強力粉を使い、歯ごたえを強くしているらしい。

確かにこのスープに合う麺だとは思いますが、もう少し固めに茹でた方が、強力粉らしいザックリ感が感じられる気がします。

 

トッピングについてですが、フライドオニオン、赤玉ねぎは共にスープとマッチし、良い食感&味わいを加えていました。

が、このラーメンの主役とも言えそうなローストビーフ、これが残念。

写真で見る様な大ぶりでも無ければ(サイズ感は、まあ仕方ない)、パサパサで旨味を感じない。

 

これなら普通のチャーシューで十分じゃないでしょうか。

昨今、やたらとローストビーフがもて囃されますが、世の中そこまでローストビーフを重宝しちゃいないことに、そろそろ気付いて欲しいですね。

 

ここまで、スープを除き全ての部分で不納得だったものの、それを更に決定づけたのが食後の感想。

「腹減った….」

 

ボリュームが全然、無い。

だからこそ、セットにすべき「ミニローストビーフ丼」があるのだろうが、それも売り切れ。

しかも、代わりのサイドメニューを頼もうにも、接客していた店員は遠く彼方へ消え去る始末。

 

大人しく赤丸を注文していれば、こんな思いはせずに済んだ、と後悔の念が漂うばかり。

「この味、みんなにストライク」がキャッチフレーズのコンソメ中華そばですが、

私にとっては1つとしてストライクの入らない往年のクルーンの様に、フォアボールだらけな一杯となりました。

 

PS:ブログランキングへの登録、始めました

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

一風堂 千葉中央店

■いっぷうどう ちばちゅうおうてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-9-15

■ 営業時間:11:00~翌1:00(金・土のみ2:00)

■ 定休日:無休

 

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。