スポンサードリンク

千葉中央屈指の家系 増田家 肉そば、始まってました!!

先日、肉バルYAMATOのランチに行った日のこと。

富士見町ど真ん中の駐車場に車を止めていたのですが、同駐車場の正面にあるのは、富士見町エリアでも人気の家系ラーメン、増田家。

深夜まで営業しているので、かつてはあしげく通ったお店ですが、最近は杉田家や武蔵家が近くなってしまい、ご無沙汰しております。

 

が、久々に同店前を通ると、そこには見慣れない商品のポスターを発見。

 

肉そば・・・だ・・と・・!?

 

これは居ても立ってもいられない!!

という訳で、肉バルYAMATOの翌日、連日の富士見町ランチながら、久々の増田家へ訪問を決行!!

スポンサードリンク

千葉エリアの人気家系ラーメン、増田家に新メニュー

富士見町の増田家への訪問は、昨年夏の冷やし中華以来になるので、およそ8ヵ月ぶり。

久々の店内でメニューに目を向けると、

こちらは家系らしい、オーソドックスなメニュー構成は相変わらずの模様。

麺の堅さについての表記が、やたら細かいところは増田家らしさ、でしょうかね(笑)

 

そして、増田家と言えばあの人気メニュー。

家系のラーメン店だというのに、「チャーハン」を単品注文するお客さんが多数いるほど、人気のあるチャーハン。

そして、人気のチャーハンをハーフサイズで注文できるセットメニュー。

 

ここだけの話、増田家のチャーハンって、いまだ食べたことが無いんですよね(汗)

チャーハン愛好家を豪語してはいるのですが、ここにくるとどうしても、ラーメンに目が向いてしまうもので…

 

いつの日にか、増田家のチャーハンを・・・

と、大志を抱いているものの、当然今日も真っ先に目が向いてしまうのはこちら、

噂(たまたま通りすがりに見つけただけ?)の新メニュー、肉そばです。

しかもこの肉そば、通常Verだけでなく、スパイシーVerも発見!(差額はわずか50円!!)

 

辛系ラーメンには目が無い私。

つい先日も、稲毛のガッツで「家系レッド」なる辛系ラーメンに手を出したばかりとは言え、同じ家系ラーメンでも、店が変われば全くの別物。

参照:JR稲毛 ガッツ 巷で話題のネオ家系ラーメンに初訪問してみた ⇒

 

ここはオーソドックスに攻めない自分らしさを遺憾なく発揮し、「スパイシー肉そば」を元気よくオーダー。

(トッピングにほうれん草も追加しました)

 

スポンサードリンク

徳島ラーメンを彷彿とさせる、スパイシーな肉そばが千葉に登場!

注文を終え店内に目を配ると、相変わらずではあるが

「チャーハン」の注文がやっぱり多い。

 

セットメニューの半チャーハンは当たり前、単品で大盛りチャーハンを注文するお客さんも多数。

家系のラーメン店で、ここまで注文されるチャーハン・・・やはり気になる。

 

が、今日の期待はあくまで「肉そば」。

以前、京成千葉駅前に店を構えていた「豚ゴッド」も、増田家と同じグループ店となるのですが、同店でもオープン当初は「肉そば」の提供がされていました。

そちらの肉そばは、松戸にある「おとど」の再現となっており、徳島ラーメン的でもあったのですが、果たして増田家の肉そばは、どう仕上がるのか期待大です。

 

注文から待つこと7分ほどで、いよいよ着丼。

ガッツリ肉ではなく、玉ねぎもそれなりに投入されていますねー。

そして皿周りにまで飛散っている「赤いヤツ」(笑)

なかなかのスパイシーさが期待出来そうです。

 

ではまず、スパイシーなスープから。

ベースとなるのはやはり、徳島ラーメン風の甘めな醤油の豚骨スープ。

が、ジワジワ上がってくるスパイシーな辛味。

ラー油系ではない、かといって鷹の爪ともちと違う。

ベースのスープが甘めに仕上がっているので、判断が難しい…が、止らない美味さがそこにはある!

 

続いて麺の方へ。

こちらはデフォのラーメンと同じ中太麺になりますが、風味が少ない様な。

そういえば増田家って、酒々井製麺じゃないんでしたっけ?

人気の家系=酒々井製麺 が頭にあったので、そう思ってただけに、若干拍子抜け。

まあでも、肉そばとして食べる分には、全然アリですね。

 

そして、本ラーメンの主役とも言える豚バラ肉たち。

甘辛系の肉たちは、やはりご飯に合いそうな味付け。

若かりし頃なら、この豚肉でご飯も行ってしまうところですが、さすがに控えます…

 

徳島ラーメンの様に、割り下的な甘さまでは届かないものの(スープがスパイシーなのだから当然かw)、

スープの味を損なわない程度に味付けされた豚バラ肉、

豚の油が染み入ることを想定してか、油を不使用としているスープ、

どれも素晴らしいマッチングを見せていますね。

 

また、玉子が「生」ではなく「半熟」になっているのも、スープ自体の甘さを控えていることからだと思われますが、これが絶妙にイイ感じです。

食べ進めるにつれ、辛さが増す様に感じるスープ含め、私好みな愛すべき新メニューでした。

ただこうなると、またチャーハンを注文する日が遠のいてしまいそうな…

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

横浜ラーメン増田家

■よこはまらーめん ますだや

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-22-5

■ 営業時間:11:00~翌5:00

■ 定休日:無休

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。