スポンサードリンク

長州ラーメン万龍軒の隠れ旨辛メニュー、辛辛長州ラーメン

千葉駅近郊で、長らく営業している豚骨ラーメンの老舗、長州ラーメン万龍軒。

長州ラーメン、というご当地ラーメンは本来存在せず、同店の初代店主(現在は新町店にいるお父さんの方)が山口出身だったことで名乗りだしたものとなります。

 

が、そんな背景など、気にも留められないほど

『長州ラーメン = 万龍軒』

とのイメージを長らく植え付けてきた同店に、2017年の初訪問をしてきました。

スポンサードリンク

個人的にスープとチャーシューの美味さは最強な長州ラーメン万龍軒

ここ1~2年は、未訪問のお店を中心にランチ周りをしているため、だいぶ久々となった万龍軒 新町店。

同店のすぐ側に私の実家があったため、同店のラーメンは最早私にとって、『お袋の味以上にお袋の味』でもあります。

 

中でも、私のお気に入りNO1となるのが「スタミナ長州ラーメン」となるのですが

以前に比べ、食の細くなった現状では(体型は細くならないのだが)、ちとキツいボリューム。

※ 名前が見切れてしまったが、上記写真の左下がスタミナ長州ラーメンとなります。

 

また、長州ラーメン新町店では、ラーメンと同等の人気を誇っているのが、こちらのチャーハン。

チャーハンには、同店の名物とも言えるチャーシューがゴロッゴロと入っており

更にはセットとなるスープがラーメンのスープをベースにした豚骨仕立てである点も人気の理由。

 

が、今日の所は上記2大メニューを敢えて差し置き、

同店の隠れ名物とも言える「辛辛長州ラーメン」を久々注文してみることに。

 

スポンサードリンク

後ひく辛さが病みつきになる、辛辛長州ラーメン(チャーシュートッピング)

「辛辛長州ラーメン」のネーミングからも伝わるとおり、同店唯一の「辛い系ラーメン」。

辛い系ラーメンにも様々な形式があるが、昨今流行りのカラシビ系、どちらにも該当しない、これまた万龍軒らしい独自路線の旨辛ラーメンとなります。

 

何が独自路線なのか、といえばご覧の通り

旨辛系ラーメンではありながら、外観からは全く辛さが伝わってこない様。

この外観からは全く伝わらない辛さこそが、旨さと辛さの融合の極地とも言えるスープを作り上げています。

 

というのも、ここ長州ラーメン万龍軒のスープは、とにかく豚骨。

いや、千葉では珍しいほどの「ド豚骨」と言っても過言では無いほどに、濃ゆいばかりの豚骨ベース。

その為、通常のラーメンではスープが白濁系に仕上がっているのですが、

ご覧の通りこちら「辛辛長州ラーメン」のスープは、黄色みがかったスープ色。

※ 私はこのスープ色を、敢えて「黄金色」と名付けています

 

本来の白濁を黄金色に変貌させているのが、恐らく豆板醤系の辛味となります。

激辛ラーメンでヒィヒィしたい方には、確実に物足りない辛さながら、

ド豚骨の濃口スープの旨味をハッキリと残しながら、辛みという切れ味を加えた仕上がり。

 

この程良い旨辛具合が後を引き、最近では目にする機会の減ってきた、真っ白の茹で卵と相性抜群。

また、前述した通り、こちらのチャーシューは私好みなので、ここにチャーシュートッピングを。

※ メニューに別トッピングの記載はありませんが、口頭でお願いすれば可能です

 

チャーシューの脂と旨辛スープ、このマリアージュだけでもご飯が進む・・・

と、思わず口に出してしまうほど、食欲を引き立てる旨辛系スープ。

キクラゲやメンマ、白ネギなどのトッピングも相性が良く

デフォの「長州ラーメン」よりも、こちら「辛辛長州」の方が、バランス良いのでは・・?とも思えるほど。

 

激辛を想像されると拍子抜けする辛さ度合いですが

旨辛を楽しみたい方にとっては、またと無い程良い辛みと豚骨の濃縮した旨味が味わえる、ぜひお勧めしたい一杯となります。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

長州ラーメン 万龍軒 新町店

■ちょうしゅうらーめん まんりゅうけん しんまちてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区新町25-12

■ 営業時間:[月〜金] 11:00〜14:30 17:00〜21:00 [土・祝] 11:00〜15:00

■ 定休日:日曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。