スポンサードリンク

稲毛の人気店 ラーメン一’sの新業態、炭火焼肉一’sのハンバーグプレート

西千葉の、千葉大向かい大通りにあった店舗が閉店して以来、暫くご無沙汰となっていた「ラーメン 一’s」。

少し前にTwitterだったか食べログだったか・・・なんにせよ、ネットの情報で

「稲毛本店の2Fで焼肉も始めたらしい」との情報を耳にしておりました。

 

ただ、当初はランチ営業を行っているかどうか分らず、既読スル-状態だったのですが、先日を見ていたTwitterで、ランチ営業の情報をようやく確認。

これは、近日中に訪問せねば・・・と稲毛方面に向かう理由を探していた矢先、これまたTwitterをチェックしていた所に

なん・・・だ・・・と!?

実店舗では未だ目にしたことがなく、本当に売ってるのかはてまた幻か?

と、その存在がにわかに信じられなかったNintendo switchが、キャンセルの都合でセブンイレブン 西千葉店に入荷しているとのこと。

Amazonでは定価+2~3万円のプレミアとなっているswitch、しかもこの日発売となったスーパーマリオ オデッセイセットが定価販売!

 

この情報を得たからには、もう我慢出来ない。

マリオにも負けず劣らずのBダッシュで支度を済ませ、いざ西千葉へ。

 

そして、その足で向かったのが、更に一駅先となるJR稲毛駅、

 

小脇に「Nintendo switch」を抱えたまま、「焼肉ダイニング 一’s」のランチへと向かいました。

スポンサーリンク

稲毛の人気店、屋台ラーメン一’sが展開する新業態 炭火焼肉一’s

ラーメン一’sの2階にお店を構えた、炭火焼肉一’s。

2階への独立した入り口は無く、1F(ラーメン 一’s)の店内階段から2Fへ。

 

少し急めな階段を登った先には、

見事なまでに、焼き肉店へと改装された内装が広がっております。

 

焼き肉屋さんとしては少し小さめな造りとなっており、テーブル席が3席、プラス一人焼肉を楽しめるカウンターが数席。

この日はオープンと同時に入店したため、問題無く入れたものの、少し時間が遅れると、席が埋まる可能性は極めて高そうです。

また夜に訪問するのであれば、事前に予約して置いた方が安全に思われますね。

 

さて、気になるランチメニューですが、

平日限定の丼ものが3品。

ワンコインの500円で提供される豚カルビ丼に始まり、ハラミ100gの焼肉丼、更には田村牛切り落としが100g乗った一’s丼と建ち並びます。

 

そして、おこが焼き肉店であることを実感できる焼肉御膳シリーズ。

こちらもお肉の部位、グレードに合わせて1580円~2580円まで並び、写真だけでも脂のウマサと肉の焼ける良い香りが伝わってきます。

 

どれも肉の美しさが際立つ丼、御膳ですが、それらを上回って私の目を惹いたのが

「ハンバーグプレート」の存在。

何故なら、こちらのハンバーグ、通常150g800円でありながら、倍のサイズである300gは、なんと1000円。

 

普通、この方程式で上乗せするのなら、サイドメニュー分を差し引いたとしても、14~500円が妥当と思われるg数。

300gものハンバーグがジャスト1000円で頂けるのならば、とこちらをオーダーすることに。

 

オーダー後、店内を見渡していると、

ディナータイムに提供されていると思われる、お勧めメニューを発見。

イチボやサンカクなど、稀少部位の3種盛りでありながら2980円と、なかなか他店では見られないお値打ちにて提供されています。

 

お勧め品以外にも、気になる肉が多数。

塩だれの上カルビや旨辛カルビなんてのも、実に美味そう。

良く見れば、こちらの焼き肉店でも1Fのラーメンが注文可能とのこと。

焼肉の〆に、一’sの牛骨ラーメン・・・想像するだけで牛になった気分が味わえますね。

 

更には通常メニューの中から、

最近巷で話題となっている「肉寿司」を発見!

津田沼に「肉寿司」の専門店が出来ており、そちらに行きたい熱が高まる中、ここ稲毛でも肉寿司をお見かけできるとは。

 

そして、焼き肉店で私が最も目を離せないワンコーナー。

焼き方はお好みで・・・の一言より、その鮮度の高さを計り知ることが出来ますね(笑)

スポンサーリンク

多数のガッツリ肉メニューの中でも、最大ボリューム? 300gハンバーグを食べてみた

そんなこんなで、メニューに目をやりながら、ディナー時の注文をシミュレーションすること10分。

300gながらも、値段差はわずか200円となる、極上ハンバーグが到着しました。

丸々もっこりしたハンバーグが2つ、その上には目玉焼き&大根おろし。

ということは、これ1つあたりが150g・・・というには少し小さい様な。

脂の多い肉だけに、焼き上げで縮んだのかも知れませんね。

 

そうは言ってもハンバーグ。2つ揃えば、見た目もボリュームも十分。

また、プレートランチという訳で、同皿の中にはご飯&サラダが盛られる他

こちらのスープまでがセットとなり1000円ということなら、十分なお値打ちです。

※ ちなみにこのスープ、焼き肉店だけに牛骨を期待しましたが、普通にコンソメでした(笑)

 

まずは主役となるハンバーグに箸を一刀。

このハンバーグ、パンパンに膨れあがった外観通り、中には肉汁がビッチリ。

箸をソッと差し入れるだけで、中から【旨味】という名の泉が溢れだして来ます。

溢れる肉汁の源は、当然の激ウマぶり。

焼肉にも使用している牛が利用されているのか、食感もゴロゴロしており、実に「肉肉しい」ハンバーグとなっております。

 

ちなみにこのハンバーグには、4種類のソースからいずれか1つが選べるものとなっており、この日選んだのは「焼肉ソース」。

当然、焼肉のタレをベースとしているソースになるので、ハンバーグとの相性もバッチリ。

玉子を絡めても良し、ご飯と一緒くたにまとめて口に運んでも良しと、プレートならではの様々な食材が相まった味わいが堪能出来ます。

 

ただここまで肉汁溢れ出す系のハンバーグなら、敢えてのアッサリめで「おろし和風ソース」を合わせてみても良かったかも。

とは言いつつも、デミソースも美味しそうな訳で、結局どれも食べてみたい、というのが正直な所です。

 

300gというサイズ感は感じなかったものの、ハンバーグ自体は肉汁溢れ、焼き肉店らしい最高なハンバーグでした。

が、一点だけ難を挙げるとすれば、この品々が全て1枚のプレートに盛り付けられている為、肉汁はおろかハンバーグのソース、はてまたサラダのドレッシングまでが混ざり合ってしまうこと。

そして、それら混じり合ったものを全て、ご飯が吸ってしまう為、白米が食べづらくなった部分が残念でした。

肉汁やソース、ドレッシングまでは仕方ないにせよ、ご飯だけでも別盛りにして頂ければ、最初から最後まで美味しく頂けた様に思います。

 

PS:

Twitterで報告を受け、思わずBダッシュしたセブンイレブン 西千葉店にて

Nintendo switch スーパ-マリオオデッセイパック、無事にゲット出来ました。

今度もマリオも、良く走り、良く飛び回ります。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

炭火焼肉一’s(いちず)

■ すみびやきにく いちず

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-3-3 2F

■ 営業時間:[火~金] 11:30~14:30 / 17:30~24:00

[土・日・祝] 11:00~15:00 / 17:30~24:00

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。