スポンサードリンク

千葉のナンパ通りに2月オープン 牛バルこじまやの肉パスタプレート

先月の終わりに、千葉のナンパ通り沿いにある「もつ鍋 龍馬」を訪問した際の事。

同ビルの1F(かつてはデイリーストアがあった場所)に、2月1日新店がオープンするとの情報をキャッチ。

 

ただ・・・

新台の情報こそ無いものの、パチンコ店の様な騒々しい告知となっており、一見すると何の店なのかすら分らない(笑)

良く目を凝らして見ると「牛バル」「こじまや」といった情報が確認出来ることから、恐らく肉バル系のお店がオープンするらしいことのみ、確認出来ました。

 

加えて、同チラシには「ランチ」の記載がされていたことから、そちらを期待すべく

2月1日にオープンしたばかりとなる、「牛バルこじまや 千葉店 」に初訪問してみました。

スポンサーリンク

その名の通り、肉料理の専門店 牛バルこじまや 千葉店での初ランチ

千葉でも少しずつ増え始めていながら、なかなかリピートには至らないお店が目立つ肉バル。

そんな中、富士見町のナンパ通り沿いに2月オープンとなった、牛バルこじまや 千葉店 。

 

「千葉店」という名前から察するに、他店舗展開をしている様子なので、事前に調べてみた所

・門前仲町

・柏

にも店舗があり、ここ千葉の富士見町が3店舗目になるとのこと。

 

また、更に詳しく調べて見た所、同店を経営する会社は「有限会社WEEDS」というらしく、同店以外にも

・まるから

・くすお

・手羽市

・鶏バルコケコッコ

など、富士見町やその近隣で展開している飲食店と、同じグループの店舗になる模様です。

 

まるからと同一グループの店舗、かぁ。。。

と、一抹の不安がよぎりましたが、ひとまず入店してみることに。

 

店内に入ると、すぐ左手側には

タップリ収納されたワインセラー、更には塊肉がドカドカと保冷中。

「牛バル」を名乗るだけあり、様々な牛肉の取り揃えがあることと、それに合せるワインがお店のセールスポイントであることが伺えます。

 

この日のランチは平日ながら、まだ時間が早かったこともあり、広めのテーブル席へ。

元がコンビニであった店舗だけに、外から見る以上に店内は広く、店外にはテラス席の用意もあります。

同テラス席では、タバコを吸っている男性が利用していた様子から、そちらのみ喫煙可となっている模様です。

 

ひとまず着席して、ランチメニューの物色をスタート。

ランチでは、ステーキや日替わりのハンバーグ(和風ソース)を始め、

・牛バルの肉✕2カレープレート

・牛バルの肉✕2バーガープレート

などが提供されている模様。

 

中でも目を惹いたのが「牛バルの肉✕2パスタプレート」。

商品どアップで撮影されているため、詳しいことは分らないものの「肉✕パスタ」は、肉食にとっては念願の夢とも言える存在。

美しく色めくローストビーフ、その上に散々と光を放つ玉子の黄身。

これらを身に纏ったパスタなど、ありそうで無かった珠玉の逸品、という訳で「牛バルの肉✕2パスタプレート」を注文為てみることにしました。

 

注文を終え、テーブルに置かれたメニューに目を向けてみると、

「牛バル」とはいえ、バルらしいおつまみメニューも多数発見。

これらをランチ帯でも注文できるということは、昼からお酒を頂くこともできるみたいですね。

昼から飲める、気の利いたお店が千葉には少ないだけに、これはちょっと有り難い存在かも知れません。

 

また、おつまみだけに留まらず、ガッツリした肉料理も充実。

国産牛のすき焼を筆頭に、昨今メディアでも頻繁に取り上げられている牛のトマト鍋。

1ポンドある塊肉のステーキや、厚切り牛タンなど、男性はもちろん、肉食女子がインスタに思わず投稿したくなるメニューが数多く取りそろっています。

 

この通り、肉料理を始めとしたおつまみメニューの充実ぶりは中々のもの。

事前の調べでは一縷の不安がよぎりましたが、これならランチの方にも期待が寄せられそうです。

スポンサーリンク

無類の肉好きにとっては念願の一品、牛肉にまみれたパスタを食べてみた

注文から数分で、まずはサラダが登場。

肉が主体のお店とは言え、いやむしろ肉主体のお店であるからこそかも知れませんが、サラダは大ぶりなお皿に盛られて登場。

ドレッシングはレモン系の酸味が効いたものとなっており、主張控えめの薄味にまとめられております。

 

ちなみにスープは飲み放題となっており、こちらには具沢山なミネストローネが提供されておりました。

そして、ランチのセットとなるドリンク。

こちらは、中ジョッキサイズでアイスコーヒーが提供。

ちなみにホットコーヒーに関してのみ、飲み放題となっているとの事です。

 

サラダ、スープ、デカいドリンクと、なかなか充実したセットメニューが出揃う中、いよいよ本命が到着。

うーん、、、イメージとは、ちと違うなあ。

写真上では、

・美しく色めくローストビーフ

・その上に散々と光を放つ玉子の黄身。

・これらを身に纏ったパスタ

の様子が感じられたものの、実物の方は、黄身が早くも潰れており、ローストビーフも美しい色めきとは・・言いづらいような(笑)

 

まあ、メニュー写真はあくまでイメージ。

実物との差異があるのは仕方ありませんし、差異があれども美味しければ問題はありません。

 

まずパスタから頂いてみましょう。

こちらは、見ての通り平打ちのフェットチーネ。

ソースの方は、トマトの酸味が控えめであることや、フェットチーネが使われていることから、ボロネーゼであると思われます。

挽き肉がたっぷり使われており、肉感は高いのですが、それと同じ位に香辛料の主張が強く感じられます。

 

恐らく、オレガノなどのハーブ系なのですが、肉の旨味どころかトマトの風味すら消し飛ばすほど、たっぷり使用されています。

ただ、ここまでハーブが強く感じられると、大量のハーブで臭み消ししなければならない程、ベースの肉には何か問題があるのか?

と、思わず勘ぐってしまう程にハーブが振られており、好きな人ならともかく、そうでもない身としては主張の強さが気になりました。

 

続いて、トッピングとなるローストビーフですが、こちらはパスタらしくない厚めのカット。

そのため、肉としての食べ応えは十分ある上、かなりレアな火入れとなるのですが、その割に赤身らしい旨味があるか、というと・・・そこまでには至らず。

むしろ、生ハムの様にもう少し薄めにカットされている方が、フェットチーネとの一体感も出ますので、パスタの具材として活きる様に思います。

 

いずれにしても、とにかくハーブの風味が強めのパスタとなっている為、好きな方には好まれそうですが、日常的にハーブと縁薄い私には、主張の強さが気に掛かってしまいました。

ハンバーグやステーキなどの肉料理に関してなら、そこまでハーブ類を強くする必要性は薄そうなので、次回以降はそちらを選んでみたいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

牛バルこじまや 千葉店

■ うしばる こじまや ちばてん

■ 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-14-4 バーニングビル1階A号

■ 営業時間:11:00~16:00 / 17:00~23:30

■ 定休日:年末年始

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。