スポンサードリンク

幕張本郷に3月オープン KAKUUCHIあばら大根 リーズナブルで激ウマな海鮮三昧 

家族が里帰りし、久々に独身貴族(←死語w)を満喫している2日目。

この日は友人を誘い、以前からブックマークしていた、幕張本郷の居酒屋へ出向くことに。

 

最寄りが千葉駅であるにも関わらず、敢えて選択した幕張本郷の居酒屋。

それがこちら、

今年の3月、JR幕張本郷駅のロータリーすぐにオープンした

「KAKUUCHIあばら大根」となります。

スポンサードリンク

JR幕張本郷駅から徒歩3分、駅チカながらリーズナブルな海鮮居酒屋 KAKUUCHIあばら大根 

千葉でも、稲毛でもなく、敢えての幕張本郷。

同駅にオープンした「KAKUUCHIあばら大根」を、長らく私が気に掛けていた理由は後ほどご紹介するものとして・・・

 

まずは店内の様子から。

チェーン店のような大型店舗では無いものの、テーブル席、ボックス席、小上がり、カウンターと、

程良いサイズ感に、各席が用意されているこちらのお店。

私が訪問したのは11月末の平日ですので、時間によっての混雑はあるものの、そこまでの繁忙期では無い事から、好きな席を選ばせて頂きました。

ただこれも、野球のシーズン中には一変する様で、ZOZOマリンで試合が行われる日には、相当な混雑っぷりになるとのことです。

 

さて、私がこちらのお店を長らくチェックしていた理由ですが、当然メニューにあります。

KAKUUCHIあばら大根という店名ながら、お店のウリはなんと言っても鮮魚。

中でも、名物とされている

「豪快刺身下駄盛り」はお値段に見合わない、豪華絢爛さを兼ね備えているとの噂。

この情報を元に、今回幕張本郷まで遠征するものとなりました。

 

また、鮮魚以外にもお勧めのメニューは多数あり、

・名物 あばら大根

は、店名の上に「名物」までをも刻んでいる、お勧めメニューになるとのこと。

 

上記したレギュラーメニュー以外に、日替わりメニューも多数。

この日のお勧めとして紹介されたのが、

・白子ポン酢

・あん肝

・イカ肝和え

となり、どれも名前だけでお酒が飲めそうな最高のツマミばかり。

 

が、しかし・・・「尿酸値高い系男子」の通り名で知られている通り、現在の私にとって高濃度なプリン体は危険信号。

加えて、この日誘った友人も、尿酸値7を越える猛者となるため、上記メニュー3品については泣く泣く諦めるものとなりました。

 

なお、アルコールメニューはこの様な取りそろいに。

 

鮮魚、お酒のアテは極上ながら、焼酎、日本酒の取り揃いはそこまで多くはありませんでした。

その分なのか、サワーやハイボールには個性溢れる品が多い点が特徴的でもあります。

スポンサードリンク

これで980円!? 目を疑うボリュームの刺し盛り&スベらない海鮮おつまみ

ひとまず、第一陣の注文を終えた所で、尿酸値高い系男子二人による宴がスタート。

まず一品目に出して頂いたのが、こちら

色とりどりの野菜が、不可思議な穴に刺さった野菜スティックとなります。

一体、こんな器をどこで購入したのだろうか・・・?

と、目を疑いたくなる奇抜さをしており、野菜スティック以外にどんな利用方法があるのか不思議な程。

 

そんな奇抜さとは裏腹、お通しの野菜スティックながら、どれもみずみずしく新鮮。

加えて、付けダレとなる味噌にも一手間が加わっており、早くもお店のポテンシャルが伝わってきます。

 

続いて、即つまめそうなメニューの中から選んだのが、

こちらのフグ皮のポン酢和えと

 

炙りの小イワシ。

中でも小イワシは最強クラスの「すぐ出るおつまみ」。

この小イワシとお酒があれば、8時間の耐久レースも十分耐えうる、飽きの来ない安定感バツグンの美味さを誇っています。

 

そして、ここからは名物メニューの連投。

まず先に躍り出たのがこちら、

店名にも名付けられる「あばら大根」となります。

大根はともかく、あばらとはなんぞや・・・?と、蓋を開けてみた所、まさかのバラ肉が。

バラ肉と一緒に煮込まれた大根への味の染み具合は、言うまでも無く格別です。

 

そして、目も舌をも光悦させてくれたのがこちら

刺身の下駄盛り、しかもこれで「小サイズ(980円!)」。

980円の刺身ともなると、値段相応だろう・・・と、そこまでの期待を寄せなかったものの、登場と同時に良い意味で期待を裏切られました。

この日の下駄盛りに乗り込んできたメンバーは、

コロダイ、カンパチ、スズキ、平目、のメニューに記載あった4品。

 

これに加えて、何故かサービスの品として

ツブ貝、ビントロ、飛子までが盛り込まれ、総勢7品の下駄盛り(なのに980円…!)

 

写真でも分る角の立ち具合の通り、どの刺身も鮮度には全く文句なし。

脂のノリも良く、加えてこのボリュームともなると、どこを褒めれば良いのか分らなくなる程、全てが魅力的。

なんなら最終的には、盛り込みはもちろん、器までも褒め称えたくなる様な、文句のつけよう無い刺し盛りとなってしまいました。

 

そんな刺身に舌鼓をしていると、周りの席から

「ジュワ、ジューーーー・・・・」

と豪快な焼き音と共に白い煙が立ちこめ始めるのです・・・

 

なんだ、このシズル感満載な音&煙の正体は!?

と、隣の席にバレぬよう、ヒッソリ覗き込むと・・・土鍋に盛られた海鮮の上に、あんかけがビッチリ!!

店内を包み込むシズルの正体は、「海鮮あんかけおこげ」だった様子。

 

このライブ感溢れる品を食べずに、KAKUUCHIあばら大根を語ってはいけないのでは無かろうか!?

そんな衝動に包まれるも、ここまで摘まんできた品々で、お腹の残容量はもう僅か・・・

(こちらを訪れる前に、ラーメン一杯を補給して来た自分を激しく叱責)

 

断腸の思いで、おこげへの愛は次回に持ち越すことを心に決め、

 

最後は結局、プリン体の塊であろう「イカの肝和え」をツマミながら、周囲を包み込むシズルより

「海鮮あんかけおこげを食べた」風の雰囲気のみを味わう事となりました。

 

大物メニューこそ摘ままなかったものの、この日注文した品はどれも、一級品ばかり。

それで居ながら、もっとも高い刺し盛りで980円、それ以外については300~500円台と、リーズナブルなものばかり。

アルコールを相当数頂いたので、お会計はそこそこになりましたが、お酒が無かったらこのお会計、二人で4000円にも満たないのでは無いでしょうか?

 

チェーン店と同列位の価格ながら、鮮度、味、創意工夫全ての面に於いて、チェーン店を凌駕するKAKUUCHIあばら大根。

わざわざ幕張本郷まで足を伸ばすだけの価値が、十二分に詰まった良店との出会いとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

KAKUUCHIあばら大根

■ かくうちあばらだいこん

■ 住所:千葉県千葉市花見川区幕張本郷1-3-11

■ 営業時間:17:00~翌1:00(金・土は2:00)

■ 定休日:年中無休

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。