スポンサードリンク

千葉駅徒歩5分 彩季のリーズナブルな700円均一ランチ

赤潮の影響からか、どこにいても磯臭さの漂う千葉駅界隈。

加えて、ここ数ヶ月駅周りのコインパーキングに、凄まじい勢いで満車が続き、ランチに車を停めるにも一苦労する日々。

なぜ今になって、コインパーキングが混雑しているのかは謎にせよ、車1つ停めるのにも苦労するからこそ、ランチのお店選びも慎重になってしまうところ。

 

そんな中、この日の「スベらないランチ」に選んだお店がこちら

 

千葉駅からモノレール沿いに市役所方面へと向かう、千葉トヨタ前の交差点近く、飲食店が数多く並ぶCity5の2階

「旬菜鮮肴 彩季 」でランチとなりました。

スポンサーリンク

飲食店ひしめくCity5にて、ランチ時には列も出来る人気店、彩季

一見には入りにくい雰囲気が漂う、City5の2階フロア。

しかし、近隣で働く方から人気のある名店が多いのも特徴で、ここ彩季もその1つ。

お昼12時を廻れば、店内満席は当たり前。

時には列をなして並ぶお客さんもいるほど、人気のランチが食べられるお店となります。

 

ちなみにこちら、雰囲気からも察するとおり、夜は居酒屋として営業しているこちらのお店。

ランチ帯は海鮮を中心とした日替わりメニュー4種類が提供されており、この日は

・トロサバ一夜干し

・豚バラ冷しゃぶ

・鶏唐揚げ

そして、

・海鮮丼(箱ウニ付!!)

これら4種類のランチがラインナップ。

 

どれも魅力的ではあるものの、海鮮丼に「箱ウニ」の一言が加わるだけで、その魅力は10倍増。

ここは迷う事無く、海鮮丼をオーダーする事に決定!!

スポンサーリンク

箱ウニまで付いて700円! リーズナブルな海鮮丼ランチ

この日の入店時刻は、11:30。

まだお昼前だというのに、店内は先客で5割ほどが埋まっている、さすがの人気ぶり。

なんとかカウンター席に空きを見つけ、なんら迷う事無く「海鮮丼!(キリッ)」をオーダー。

 

注文の品、到着を待つ間にも次々にお客さんが入店し、11:40頃には早くも満席。

その後もお客さんの流れは後を絶たず、店内で空席を待つ人もいれば、諦めて他店へ向かう人も。

飲食店の多い登戸1丁目エリアではあるものの、ここ彩季がこれまでの人気店だったとは…

 

なんやかんや、オーダーから12,3分ほどで海鮮丼が着丼。

メインの海鮮丼には、ガッツリ箱ウニ付。

季節の野菜、ウリのお新香にしじみと油揚、ワカメの入った具だくさんなお味噌汁。

ここまでセットで、お値段お値打ちの700円。

 

気になる海鮮丼の中身ですが、

箱ウニ、ホタテ、イカ、タコ、サ-モン、ハマチ、マグロ、かまぼこ&玉子焼。

更に、上記具材の下にはタップリのネギトロ。

 

見た目以上に、深めの作りとなる丼で、ご飯の量もそれなり。

主立った鮮魚については、特筆すべき所は無かったものの、なんといっても箱ウニ。

この存在感だけで、700円の海鮮丼を、一気に1000円越えの海鮮丼クラスに格上げしています。

 

そして、意外やウマかったのがネギトロ。

中落ちを自家製で仕上げたのかどうか、は分りませんが、脂もタップリ乗っており濃厚。

このネギトロだけでも丼1杯イキたい、それほどに濃いネギトロでした。

 

カウンター周りのお客さんを見渡していると、せっかく箱ウニが乗った海鮮丼があるというのに、各メニューが均一に頼まれている模様。

常連さんが多い場所柄だけに、毎日異なる日替わりを注文する人も多いのかも知れませんね。

 

いずれにせよ、ボリューム面でも価格でも、非常に満足度の高い、お値打ちランチ頂きました!!

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

旬菜鮮肴 彩季

■しゅんさいせんぎょ さいき

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-13-22 City5 2F

■ 営業時間:[火~土]11:30~13:30 / 17:00~24:00

[日]17:00~24:00

■ 定休日:月曜日

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。