スポンサードリンク

【画像あり】海が見えるシーフードレストラン PIER-01のディナーに行ってきた

スポンサーリンク

先日、オープンしたばかりにも関わらず、連日賑わっている

千葉みなとの新施設「ケーズハーバー」内にオープンしたシーフードレストラン、PIER-01(ピア ゼロワン)

 

オープン直後に、ランチへは足を運び、そちらについては本ブログでも記事にしているのですが、

参照:千葉みなと ケーズハーバーの新店、PIER-01に行ってきました  ⇒

ランチ以上に気になっていたのが、ディナータイムの料理。

 

こちらは、お酒と友に食べられるシーフードを中心に、その日の仕入れに併せて

・エビや蟹(種類は多数)

・ホタテ、ハマグリ、ホンビノス貝、アワビ

・その日の鮮魚

を、それぞれ好きな量、好きな調理法、味付けでオーダーすることが可能とのこと

※ 注文はg単位で、調理法は「焼き、蒸し」など食材毎に異なる、味付けは「ワイン蒸し、ガーリックバター、チリソース」など

 

上記以外にも他数の、お酒に合ったアラカルトや単品メニューがあるとのことなので(先のランチ時に情報だけはガッツリ収集済み)、

千葉みなとの新たな名所となるであろう、ケーズハーバー内「PIER-01(ピア ゼロワン)」のディナーに行ってきました。

 

スポンサーリンク

PIER-01の本気を楽しめるのは、やはりディナータイムだった

大量の魚たちが泳ぐ、4mはあるであろう大きな水槽、

東京湾に面した工業地帯の夜景を見渡せる、デートに最適な眺望

さらにこの季節であれば、テラス席で海を眺めながらシーフードに舌鼓できる、千葉でも唯一のシーフードレストラン。

 

ランチタイムでも、その開放感は圧巻だったが、ディナータイムはそれを上回り

今、もっとも千葉で「デートに適した飲食店」と呼んでも過言では無い、そんな内観となるPIER-01。

 

天気の良い日中に、ガーデンテラスで海を見ながら食べるランチも悪くないが

やはり、ディナータイムに海を眺め、店内の水槽を泳ぐ魚を追いかけ

カウンター前に並ぶ生け簀から、新鮮な鮮魚を選び食する、これこそがシーフードレストランの醍醐味だろう

 

とはいえ、私がディナーに行ったこの日の天気は雨

テラス席から眺める海は真っ暗で何も見えず、唯一店内の水槽だけは天気に左右されず楽しむことが出来た

ちなみに水槽周りの席は禁煙席となっているそうなので、愛煙家さんは水槽を諦め、屋外のテラスで海を眺める方をお勧めしたい

※ ディナータイムは、水槽の周辺は禁煙ですが、店内のフロア席は喫煙OKとのこと

 

ちなみに、この日は平日月曜日にも関わらず、店内は満員ギリギリ

大人数の団体が居たこともあるかも知れませんが、平日であってこの賑わいなので

近隣にはつぶしの利く代替店が少ない事もあるので、デート等で訪れる際には、

必ず事前に予約されることをお勧めします

 

スポンサーリンク

PIER-01のディナータイムは、メニューの充実度も凄かった

さて、世のカップルに向けた「オシャレな眺望の紹介」などは本ブログには似合わない

ということで、肝心なPIER-01ディナータイムの食事を紹介していきましょう

 

まず、メニューですが、

千葉,グルメ,ケーズハーバー,PIER-01,ピアゼロワン,千葉みなと,ディナー 千葉,グルメ,ケーズハーバー,PIER-01,ピアゼロワン,千葉みなと,ディナー

店内ライブキッチン前に並ぶ生け簀より、好きな海鮮を選び

・量 ・調理法 ・味付け

をチョイスする品以外に、大人数に最適な各種シーフードの盛り合わせ

(2人前~となっていますが、結構なボリュームなので3人以上がベスト)

 

そして、一品料理からご飯モノまで、シーフードレストランと言うよりも

シーフードを食べながら飲めるお店、といった印象の方が強い品々となります

 

この日は、4人で伺ったのでソコソコの量も食べられるであろう、と確信し、

まず早々と出てきそうな一品ものには「たこうに」を

スポンサーリンク

千葉,グルメ,ケーズハーバー,PIER-01,ピアゼロワン,千葉みなと,ディナー

飲む前に、軽くお腹に入れておくべきものとして、海老トーストを

千葉,グルメ,ケーズハーバー,PIER-01,ピアゼロワン,千葉みなと,ディナー

それと、せっかくの大人数でつまめるので、少し勢いを乗せ

千葉,グルメ,ケーズハーバー,PIER-01,ピアゼロワン,千葉みなと,ディナー

シーフードプラッターのSをオーダー。

 

それ以外にもつまみたいものは多数あったのだが、この時点ですでにテーブルはキャパ一杯

オープンスペースを作らなければ、キラーパスも通りそう無いので、まずは上記メニューを頂くことに

 

魚介については、その多くが生で提供されていることでも分かる通り、鮮度については言う事無し

ただ蟹については、季節も季節なので仕方ないかも知れないが、若干身が細くなっている

が、これらを付けて味わえるソースが3種用意されており、最後まで飽きずに色んな味が楽しめるのも魅力

 

上記メニューの中でも、意外な美味しさに驚いたのが海老トースト

具材として塗られている海老の濃厚さもさることながら、このパンが想像以上に美味しい上に

備え付けられているソースが、程良い酸味と辛味を加えており、お酒の友として文句の付けようが無い

 

とはいえ、育ち盛りの大人達が上記メニューで満足する訳が無く、これに加えてオーダーしたのが

・ホンビノス貝とハマグリ(生け簀より それぞれ酒蒸しにて)

・マグロとアボカドのにんにくごま油和え

・ガーリックシュリンプ

・クリスピーフライドライス

などをオーダー

 

食欲に負け、上記メニューについては残念ながら写真を撮ることが出来なかったのですが

(お酒をたらふく飲んでしまったため、カメラを向けることすら忘れていただけ)

どれも非の打ち所が無い、美味しい料理ばかりでした

 

都内まで行けば、「Bubba Gump(ババガンプ)」の様な、オシャレシーフードレストランが

いくつか見つかるものの、せっかく海に面していながら千葉にはこれまで

海を堪能出来るお店が無かった所に目を付けてか、新たにオープンしたPIER-01。

 

巨大な水槽や海に面したテラス席など、お洒落アピールが過ぎるため

料理への期待はいかがなものか・・・と半信半疑でしたが、なんのことはない

内装に負けず劣らず、料理も一級品のお店でしたので、ぜひデートでも合コンでも

会社の歓送迎会でも、家族連れでも(子供用の椅子も用意されていますので安心です)

ぜひ足を運んで欲しい、千葉の新たな名スポットでした。

 

なお、店外にはケーズハーバー専用の駐車場がありますが、お酒を飲む際には公共の交通機関をお使い下さい

近隣に常駐しているタクシーは少ないですが、店員さんにお願いすればタクシーを呼んで貰えるのでご安心を

 

PIER-01(ピアゼロワン)

■ PIER-01(千葉みなと ケーズハーバー内)

■ 住所:千葉市中央区中央港1-20-1ケーズハーバー1F

■ 営業時間:ランチ 10:00~17:00/ディナー 17:00~24:00

■ 定休日:無休

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

CAPTCHA