スポンサードリンク

JR稲毛駅前にパスタ&ピザ店がオープン! Italian kitchen VANSAN 稲毛店のお得なホリデーランチ 

日々のルーチンワークとなる「千葉市にオープンした新店(飲食店)情報」を検索していると、稲毛の駅前に聞き慣れないお店の情報を発見。

調べて見ると、都内始め首都圏で『有機野菜』を使用したイタリアン、バルを運営する会社の新店が、稲毛の線路沿いに4月オープンした様子

 

ついでにメニューを見ると、ランチでは主にパスタ&ピザを提供中

加えて、土日祝日には「ホリデーランチ」という、平日ランチよりもお得なセットメニューが提供されるとのこと

 

ふとカレンダーを見てみると、今日は日曜日…これぞ天啓!!

という訳で、この日のランチに向かった先は、

JR稲毛駅の改札を東口(穴川IC方面)へ出て、線路沿いに西千葉方面へ向かうこと2分

線路に平行した通りに、4月末にオープンしたばかりのイタリアン『 Italian kitchen VANSAN 稲毛店』へと向かってみました

 

一目で「それ」と分るオシャレな入り口には、

石窯で焼き上げた本格ピッツァ、パスタ、サラダ等の紹介が

ここまでの情報のみでは詳細は分らないものの、まあ入ってみましょう

スポンサーリンク

稲毛駅チカに4月OPEN! パスタ&ピザがメインのイタリアン VANSAN稲毛店

明らかに女子ウケするオシャレな店内に入ると、まずはデカデカとした石窯がお出迎え

カウンター席の向かいに設けられた石窯には「VANSAN」と店名も刻まれており、こいつがアツアツ焼き立てのピザを産み出す大親分なのでしょう

外から見る限りでは分らなかったものの、間口に対し店内は奥行きある設計

テーブル席が中心となっており、かなりの席数があることが伺えますが、その多くは家族連れかカップル中心

中には、ご高齢の家族もおり、稲毛という土地柄もあってか、イタリアンながらも幅広い年代向けのお店となりそうです

 

多くのカップル、家族が日曜日のランチを楽しむ中、私は一人、カウンター席に陣取り『お一人様ランチ』を堪能する事に

まずメニューへ目を向けてみますと、

向かって左側にはピザメニュー、対する右側にはパスタメニューが

そして中央には、家で予習してきた「ホリデーランチ」なる紹介が刻まれております

 

席へと案内されたホールスタッフさんからレクチャーを受けたところ、ホリデーランチにはセットとして

・前菜5品のプレート

・スープ

・ドリンク✕2杯(食前&食後)

がセットに。

 

メニューに表記されているピザ&パスタの価格は、上記セットが付いたホリデーランチの価格となっており、各単品での注文については、上記より-500円で注文可能とのこと

パスタ1皿で1000円ちょいというのは、まずまずな値段にも思いましたが、その実は前菜に加えドリンク2杯までがセットとあらば、お得感しか入ってきません

ならここは、独りであってもホリデーらしさを味わうべく、季節のパスタより

「黒毛和牛と黒豚、菜の花のクリーミーボロネーゼ」

を、ホリデーランチで頂く事に。

 

注文を終え、メニューの裏面にも目を向けてみると

こちらにもまた、キラキラしたネーミングのメニューが所狭しと陳列….

どうやらこちらは、ドリンク&ドルチェのメニューとなっている模様で、タルトやティラミスなど、イタリアの風を感じる品々が並んでおります

ただ、中には自家製ジンジャエールやらチャイやらも取り揃っており、地中海だけに留まらず、世界中のキラキラしたものを取り集めている様子

・・・ま、中年の独りホリデーランチに、キラキラは無縁という事でメニューをひっくり返すことに

 

そんなキラキラメニューに目を向けている間に、まずは前菜と1杯目のドリンクが到着

(ホリデーランチでは、食前食後にそれぞれ、1杯ずつのソフトドリンクが提供されます)

プレート中央に鎮座するサラダから始まり、生ハムのバルサミコソース、かぼちゃのサラダ

紫キャベツのピクルス、冷製のポタージュスープ、そしてオリーブオイルを纏ったパン、となります

 

どれも、特筆する程のものではありませんが(サラダのドレッシングは好きだった)、パスタ単体ではどうにも満たされにくい男性にとって、前菜が付いてくるサービスは有り難いところです

ただ、食前食後でドリンク2種が付いてくるものの、日頃アイスコーヒーしか飲まない私にとって、2種のドリンクを選ぶこと自体が難儀でもあり…

スポンサーリンク

とりあえず、オレンジジュースを注文してみはしましたが、まあ前菜とも合わないわなあ(苦笑)

スポンサーリンク

日曜・祝日限定のホリデーランチは、前菜だけで無くドリンク(しかも2杯w)付き

注文から即、前菜プレートが到着したものの、そこから15分が経過するも、メインのパスタは来ず…

日曜日とあって、お客さんも多く、店内のスタッフを見る限りでもその慌ただしさは伝わってくるので、まあこれも仕方ないのかと

 

ちなみに、私は1人での訪問という事でカウンター席に通されていたのですが、こちらはオープンキッチンとなっているため、キッチン内の様子が丸見えの作りでして

その分、店内の慌ただしさが伝わってきたのはもちろんなのですが・・・

なんというか、お客さんに見せない方が良い、余計な姿が見えてしまうのも、オープンキッチンの欠点なんですよね(苦笑)

余計なお世話であることは甚だ承知ですが、ホール(特にカウンター席)からは、ガン見えしている事を、もうちょっと意識した方が・・・とは感じました

まあホント、余計なお世話なんですけどねw

 

といった具合に、暇を持て余してしまい、厨房内の動向に目を向けながらも、前菜到着から待つこと20分

ようやくメインとなるパスタが到着となりました

こちらが、本日のメインとなる「黒毛和牛と黒豚、菜の花のクリーミーボロネーゼ」となります。

 

前菜ありき、のパスタになる為か、パスタそのものの量は割と控えめ

女性ならともかく、男性でしたら、パスタ単品でお腹いっぱいとは行かなそうなボリュームに見受けられます

まあでも、パスタ単品で男性が満たされないというのは、ここのお店に限らず、どこで食べたとしても万国共通なのですがw

 

ひとまず、パスタを一巻きしつつ頂いてみましょう

使用しているパスタは生パスタ、と見受けられ、モチモチトゥルトゥルな食感

歯ごたえも良く、パスタの品質の良さがしっかりと感じられます

 

ベースとなるソースはトマトクリームとなるのですが、甘みとコクがあり、これまたイイ感じ

途中、口に入ってくる菜の花がほのかな苦みを帯びており、チーズの甘さ、濃厚さに対して良いアクセントになっています

ただ、ボロネーゼには黒毛和牛&黒豚を使用とのこと、ですが、そこまでの肉感は感じません

もう少し粗挽きだったりすると、肉感や脂の旨味も感じられ好みなのですが・・・まあ、女性層を意識すると、こんな具合に落ち着くのやも知れません。

 

そして、なかなかの存在感を発揮しているのが、

こちらのモッツァレラチーズ

このサイズのチーズがズッシリパスタ内に入っているのですが、これはパスタ全体に絡めていくのが正しいのか

それとも、トッピングの一部として、そのまま食べてしまうのが正解なのか、このモッツァレラチーズをどう処理するのが一番美味しい食べ方なのかが見えてこず。。。

この辺の美味しい食べ方を見極めるには、まだまだ私自身の「パスタ経験値」が不足している様ですね。

 

そんな訳で、一通りのパスタを食べ終えた頃を見計らい、ホールスタッフさんから2杯目のドリンクが

ここでようやく、アイスコーヒーを頂くことで、本日のホリデーランチ、全て完食となりました。

 

総合的に見て、前菜に加えパスタ(ないしはピッツァ)と前菜数種、ドリンク2杯で1500円前後という価格は、ボリューム、クオリティ含め数あるイタリアンの中でも良心的に感じる価格・・・と言って良いレベルに思います

ただ、この日が日曜であることからでしょうが、前菜からパスタまでに20分の時間が空いてしまったのは、少し長く感じます

もし平日のランチで、限られた休憩時間に訪問しているとなると、この待ち時間の長さには、ヤキモキさせられそうですね

 

前菜、パスタまでを一通り頂けば、男性であっても十分なボリュームですし、メニューには子供用のキッズプレートも完備されているのも、ここの立地では有り難いです

駅からも近く、デート等はもちろん、家族連れでも十分楽しめるお店ですので、今後も頑張って欲しい新店への初訪問となりました。

ただ・・・食前食後で、ドリンク二杯はさすがに一杯で十分かと?(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

Italian kitchen VANSAN 稲毛店

■ イタリアンキッチン ヴァンサン

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台2-2-18 エヌズビル2

■ 営業時間:11:00~24:00

■ 定休日:年末年始

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。