スポンサードリンク

西千葉の路地裏イタリアン キアロ 乳化したソースが激ウマな海鮮ペペロンチーノ

しばらくパスタらしいパスタを食べてなかったためか、この日の気分は朝からイタリアンに。

 

ランチに向かう時間が、少し遅くなってしまったので、近場の美味しいパスタを…

ということで、西千葉駅のロータリーから千葉方面へ100mほど進んだ路地裏にある、

イタリアンカフェ、キアロを訪問してみることに。

 

こちらのキアロは、西千葉と稲毛にお店を構える、牡蠣料理がウリのイタリアンとなります。

過去に稲毛店へは訪問済みなのですが、同店の特徴として、普段使いしやすい価格帯であること。

そして、西千葉店、稲毛店共に

キッズスペースを完備しており、お子様連れのママさん達が訪問しやすい点が特徴となります。

加えて、過去に稲毛店で頂いたパスタは、価格に対してかなりのハイレベルであったことから、ここ西千葉店にも期待を込め、訪問してみました。

スポンサーリンク

定番から攻めのメニューまで、種類豊富なキアロのランチパスタ

この日の訪問時刻は11時30分を過ぎたところ。

土曜日という事もあってか先客はおらず、スタッフさんも1名のみ。

まだ静かな店内で、じっくりメニューを吟味させて頂きました。

 

まず、ピザ&パスタですが、

ピザメニューの方は、比較的定番系メニューを中心とした取り揃えに。

対し、パスタメニューの方は、定番となるクリームソースやペペロンチーノに、お店の名物でもある「牡蠣」を始めとしたシーフードがふんだんに使われております。

 

また、イタリアンのランチというと、パスタ&ピザばかりになりがちですが、ここキアロには

ハンバーグを中心とした、肉料理もランチから提供されてります。

中でも、牡蠣同様にキアロの名物とされている「ベラ・ロディ」というチーズを使ったハンバーグは、以前より気になっていた一品です。

 

この日は1人での訪問となるので注文出来ませんが、2名以上であれば

こちらのランチコースも、楽しそうな取り揃えとなっております。

また、女性&平日限定ながら、4000円のコースには飲み放題も付いているとのこと。

昼から前菜をつまみつつ、ピザやパスタと共にワイン・・・

想像するだけで、勝ち組感の漂うライフスタイル、間違いありません。

 

まあ、男性であり且つ、共にイタリアンランチに向かう友人のいない私は、独りパスタを巻いていこうと思います。

ちなmに、冒頭で触れたキッズルームですが、西千葉店では別館に完備しているとのことです。

 

また、キッズルームだけで無く、パーティールームも用意されているとのことで、12名~20名での利用も可能だそうです。

まあそんな大人数のいない私にとって、イタリアンでのパーティーなんぞ、来世の話かと思われますが(苦笑)

スポンサーリンク

数ある創作パスタに目移りしつつも、海鮮を頂くべくパイレーツオブキアロ をオーダー

ピザにハンバーグにと、食べたいものは次から次へと見つかりますが、今日の目標はあくまでパスタ。

とはいえ、パスタにも様々な具材に彩られた(で、あろう)創作系が多く、目移りの連続。。。

 

ひとまず、アレルギーのあるキノコ類を候補から外すも、

・渡り蟹

・ウニ

・パイレーツオブ(海鮮の意)ペペロンチーノ

・パイレーツオブ(海鮮の意)クリームソース

この4つまで絞り込むも、本日の1番を決め兼ねてしまい(どれも魅力的が故)、メニューと向き合うこと5分

意を決して「パイレーツオブ キアロ ペペロンチーノ」を注文する事となりました。

 

注文を終え、まずはランチセットのドリンク&サラダから。

サラダのドレッシングは、シンプルなお入りベースですが、野菜の色合いが美しいですね。

シャキシャキした食感で、みずみずしさも感じられ、パスタにも期待を持てる手抜きの無さが感じられます。

 

オーダーの品を待つ間に、次なるお客さんも徐々に来店。

ホールと厨房を、どちらも男性の店主さん?が1人で応対しておりましたが、途中からホールを担当する女性スタッフさんが到着??した模様。

別館のあるお店だけに、店内の様子だけでは判断できない忙しさがあるのかも知れませんね。

 

そんな様子を眺めながら、待つこと15分程でパスタが到着となりました。

パイレーツオブの名に恥じることの無い、シーフードがドカ盛りされたペペロンチーノ。

お皿の脇にはパンも添えられており、パスタを平らげた後に、ソースと共に頂く、そんな趣向でしょうか。

 

まずはパスタを一巻きして頂いてみます。

生パスタらしい、モッチモチの食感、これぞ求めていたパスタ!ですね。

最近は乾麺でも美味しいパスタを出すお店が増えては来ていますが、やっぱ個人的には生パスタが一番。

ラーメンやうどん、蕎麦とは違う、独特のモチモチ感はパスタならではの食感と言えます。

 

続いてシーフードの方へ。

海老、イカ、タコ、ムール貝と、具材豊富な上に、ボリュームもなかなかな量です。

パスタの具材は、どうしても少ないお店ばかり目に付く中、このボリュームを見ると妙に安心してしまいます(笑)

 

各具材への味付けは控えめとなりますが、それでも十分美味しく頂けてしまうのは、綺麗に乳化したソースのお陰ですね。

パスタの定番とも言えるペペロンチーノだけに、様々なお店で頂いてきていますが、ここまでオイルソースを美味しく感じたお店は数える程しかありません。

シンプルな味付けだけに、技術に左右されるといわれるペペロンチーノを、ここまで完璧に仕上げ、しかも1000円台前半(具材も豊富で)で頂ける。

この稀少さ、シンプルにまとめると「実にヤバい」、この一言に尽きます。

 

当然最後は、残ったソースをパンに付けて頂く訳ですが・・・えも言われぬ幸福、とは正にこの事。

このソースを残すなんて勿体ない、むしろパンのお替わりを!

と懇願したい程、残ったソースとパンが、最後の最後に新たな感動を運んでくれました。

 

注文から調理、配膳までの時間が、やや長めには感じましたが、これに関してはメニュー上でも

「1人で調理を行っているので、配膳までに時間が掛かりますがご了承下さい」

との注意書きがありますし、15~20分くらいなら十分許容範囲です。

 

ただ、店内の雰囲気・・・、接客対応と言うべきでしょうか。

全体的に「暗さ」を感じた点が、少し残念に思います。

 

せっかく、美味しい料理を提供して頂けるのですから、もう少し接客対応に明るさを感じられると、良い雰囲気になるんじゃないかなあ、と。

調理をお一人でやられているので、難しいのかも知れませんが、退店前に一言でも声を掛けて貰えると、イメージがガラッと変わるんですけどね。

まあ、雰囲気を差し置いても「美味いは正義」と言い切ってしまえる、極旨なパスタでした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

イタリアンカフェ キアロ(Chiaro)

■ いたりあんかふぇ きあろ

■ 住所:千葉県千葉市中央区春日2-21-14 第1野田マンション 101

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:30~23:00

■ 定休日:火曜日

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。