スポンサードリンク

お洒落な内装が人気の理由?マンマパスタ バオバブ 千葉都町店

千葉から東金方面に向かう国道126号沿いにある「マンマパスタ バオバブ 千葉都町店」。

住所的には鶴沢町であり、都町では無いことはともかく、その派手な風貌で存在こそ気付いているものの、

派手すぎる外観からか、足を踏み入れることを躊躇してしまっていたイタリアンのお店でもある。

特に避けてきた訳でもないのに、何故か足を踏み入れなかったお店なのだが、ネットの評価を見てみると、思いのほか好評が多い。

そんな「マンマパスタ バオバブ 千葉都町店」が、どうにも気になってしまい、ついに初訪問して参りました。

 

スポンサーリンク

外観以上に凝った内装で幅広い層から人気 マンマパスタ バオバブ

国道沿いを車で走っていると、近隣に並ぶ他店とは違いすぎる風貌で、圧倒的な存在感を示している「マンマパスタ バオバブ」。

外観もさることながら、凝りに凝った内装もなかなかのもの。

一階フロアはケーキを始めとしたテイクアウト商品の販売となっており、飲食スペースとなるのは2階フロア。

このフロアに入り、まず目に飛び込んでくるのが、大きな石窯。

この石窯でピザを焼き上げているのであれば、さぞ美味しい事だろう。

 

続いて客席に通されると、想像以上に広い店内に驚かされる。

また、客席の多くがボックスシートになっているものの、どのソファーも背が高くなっているのが特徴的。

照明や観葉植物など、店内内装など至る所にこだわりを感じる作りとなっている。

 

さて、肝心のメニューだが、この日は日曜日ということもあり、ランチは

「ホリデーランチ」のみとなっていました。

ランチセットはパスタが8種(うち1つは日替わり)

ピザが6種(うち1つが日替わり)となっており、

メインに加えドリンクとパン、スープが付き、1580円。

ランチの価格としてはお高く感じるが、これは平日のランチでは無く、ホリデーランチだからかも知れません。

 

また、ランチ帯でもグランドメニューの注文が可能となっており、

この様に、パスタとピザを中心に、多数の取り揃えがある様子。

 

上記以外にも、期間限定のメニューが用意されており、

上記メニューのうち、

・鴨とごぼうのラグーソース(パスタ)

・紅ズワイガニとしめじ、九条ネギのトマトソース(ピザ)

が、それぞれこの日の日替わりメニューとして提供されていました。

 

スポンサーリンク

凝った外観&内装に反比例し、主張の薄いパスタランチ

過去にも何度かブログで触れているのですが、ワタクシ、きのこアレルギーでして…

その為、イタリアンといえば定番ともなるきのこを含むパスタ&ピザは全てNG。

 

結果、メニュー数の豊富なパスタ店であろうとも、きのこの記載があるメニューは全て除外されるため、

・ランチセットのピザ → 全てにきのこが含まれいるので除外

・ランチセットのパスタ → 日替わり以外、全てOK

と、選択肢を容易に絞り込むことが可能に。

 

とりあえず初見となる今回は、違いの最も分かりやすいオイル系パスタを食べてみようと

「辛口!自家製パンチェッタとベーコンのペペロンチーノ」をランチセットでオーダー。

 

オーダーから待つこと5分、セットメニューのスープとパンが登場。

まずスープ(この日はミネストローネ)から頂いてみると

・・・ヌルい。

 

冷えてしまっている、というほどでは無く、ほのかな暖かみは残っている。

が、熱々とは程遠い、36度の平熱から40度のぬる燗、その程度の暖かさしかない。

 

まあ、猫舌の身分として、スープがぬるかろうと、そこまで嫌悪感は抱かない。

が、続いて頂いたパン、こちらは完全に冷えッ冷え。

 

常温で提供するタイプのパン、なのかも知れないが、どうほおばっても常温以下。

冷蔵庫ほどの低体温では無いものの、冷えているパンでは、どう立ち回っても「美味い」という感想は出てこない。

せめて軽くトーストするなどして提供すれば良いのに、なぜこのパンを、敢えて冷えたまま提供しているのか首をかしげてしまった。

むしろ、このスープ&パンの低体温コンビがセットとなり割高になるのであれば、パスタ単品の方がマシだったかも知れない。

 

などと、食事開始からわずか5分でテンションはトーンダウン。

冷えたパンをつまみながら、更に待つこと10分、いよいよパスタが到着。

自家製ベーコンとパンチェッタを使った、辛口のペペロンチーノ。

が、、、、

全く辛くない。

 

この程度の赤唐辛子で「辛口」を名乗るくらいなら、ノーマルに「ペペロンチーノ」を名乗るだけで十分じゃ無いだろうか。

またパスタについても、小麦の味、香りは特に感じられず、ごくごく普通の乾麺を使っている様子。

 

もちろん、メニューに「生パスタ」の記載がないのだから、乾麺を使う事に対しどうこう言うつもりはない。

だが、外装や内装に関しては、細部に至るまでこだわりを見せていたのに、肝心な料理に全くこだわりを感じられないのは残念。

 

ただ、小洒落たパスタ店にしてはボリュームが多く、男性であっても一皿で満足できるボリュームにはなっている。

とはいえ、イタリアンのお店で良かった点が「ボリューム」ってのも、ねえ…

 

ランチセットに拘りたく、敢えてパスタを選んで見たけど、あのスープとパンなら…

せっかくの自家製石窯がある訳だし、やはりピザを注文すれば良かった

と、自身のメニュー選択を悔やむ結果に落ち着きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

マンマパスタバオバブ 千葉都町店

■まんまぱすた ばおばぶ

■ 住所:千葉県千葉市中央区鶴沢町20-18

■ 営業時間:11:00~23:30

■ 定休日:無休

 

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。