スポンサードリンク

京成千葉駅 イタリアンぷらっトリア 駅チカの本格派?パスタランチ

少し前に行ったものの、記事にするのを忘れ数ヶ月…

記憶の片隅に追いやられぬうちに、備忘録を兼ねて記事にしておこうと思います。

 

という訳で、今回(多分、3~4ヵ月前だが)訪問したのがこちら

京成千葉駅から線路沿いに新千葉方面へ向かった、1つ目の踏切前にあるイタリアンのお店

「ナポリの漁師ぷらっトリア」となります。

 

以前は「エストプレッシモ」という、同じくイタリアンの店舗があった場所ながら

同店は新町(千葉そごうを背に海側)方面へ引っ越した直後にオープンしたお店。

オープンから、かれこれ2年くらい経っているものの初訪問。

 

スポンサードリンク

京成千葉駅の線路沿いにあるお洒落なイタリアン ぷらっトリア

同店では平日に限りランチメニューが提供されており、

昨今、猫も杓子も提供しているローストビーフ丼は随時据え置きメニューながら

それ以外に日替わりのパスタが3種。

 

ちなみに、この日のパスタは、

・ミニホタテと水菜のペペロンチーノ

・ベーコンとトマトのスパゲッティ

・小柱と明太子のスパゲッティ

の3種からセレクトが可能とのこと。

 

どれも女性層をターゲットにした品揃えとなっている様で、

正直、自分好みとは言い難い(サッパリ系より、コッテリ系を好んでしまう)のだが

この中で敢えて選ぶのであれば・・・ということで、小柱と明太子をオーダーしてみることに。

 

スポンサードリンク

ぷらっトリアはフレンチシェフが作るイタリアン…? フレンチちゃうんかいw

店内に入り、オーダーを終えると、まずはセットのサラダとお茶が登場。

上記のお茶だが、「すいおう」というお茶で、千葉ではお馴染みの

かつ波奈を始めとした「波奈グループ」でよく見かけるお茶。

 

もしやこちらのお店も波奈グループ?(隣近所には同グループの浜包丁もあるし・・・)

と勘ぐったが、どうも違う様子。

それにしても、何故にイタリアンで緑茶なのだろうか…謎は深まる。

 

更に謎を深めたのが、店内や食べログ等でやたらと目にする、同店シェフの情報。

仏料理一筋18年! フランス リヨン一つ星 ピエールオルシ、

フランス マルセイユ三ツ星 ジェラールパセダで修業した若きフレンチシェフが創るイタリアン。

との事だが、要するにフランスにある、一つ星の有名フレンチのお店で

修行をしたシェフが居るという事らしい。

だが、ここのお店はイタリアン。

なぜフレンチで修行した店主が、イタリアンなのだろうか。

 

そして、この説明に乗っかるが如く、食べログ等の口コミを見ていると

「さすが、本場で修行したシェフのイタリアンは本格的!」

などの声も目立つ。

 

フランスで修行したフレンチのシェフが作るイタリアンが本格的…

私の日本語が、どこか欠落しているのかの様な錯覚すら覚える。

 

まあ、いずれにせよ美味しく食べられれば、それに越したことは無い

という訳で、オーダーした「小柱と明太子のスパゲッティ」を頂いてみることに。

・・・まあ、美味しい。

可も無ければ、不可もない。

ごくごく平凡に、当たり障り無く美味しい、と言える。

 

というか、そもそも明太子のパスタなんて、コンビニで買い食べても美味しいモノ。

それをお店でわざわざ注文し、美味しくなく仕上がる訳が無い。

だからといって、プロの作る明太子パスタはひと味違う、と言える様な違いも無ければ

プロならではのアイディアや技術が施されている訳でも無い、至って普通のパスタであった。

 

この様な結果になる事を、なんとなく想像していながら注文した私も悪いのだが

そもそも何故、家庭やコンビニでもそつなく美味しいとされるパスタを、

フレンチの有名店で修行を積んだ程のシェフが、敢えてランチメニューに組み入れているのか疑問に思う。

 

そして、この至って普通(美味しいには美味しいが)のパスタを出すお店が

ネット上の口コミでは「本格的なイタリアンを食べられる」と、評価されるのだろうか。

その理由は、どうやらディナー帯の料理や価格帯にあるらしい。

なので、同店の真骨頂を知る為には、ディナーを味わうしか無さそうだ。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ぷらっトリア

■ぷらっとりあ

■ 住所:千葉県千葉市中央区新千葉1-7-3 CSB新千葉ビル 101

■ 営業時間:11:30~14:30 / 17:00~23:45

■ 定休日:無休

 

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。