スポンサードリンク

モノレール天台駅の中華、紀州屋飯店 町中華らしさ全開なドカ盛りカツカレー

少し前から「カツカレー」が食べたい欲求に押しつぶされそうな日々が続いております。

・・・が、千葉市内にある相当数の飲食店を食べ歩いてきた私ですら

「これぞ!!」というお店に巡り会っていない料理の一つ、それがカツカレーなのです。

 

千葉市内にカレー専門店は数あるものの、その大多数はインドを始めとしたアジア系のカレー店。

いわゆる洋食系の「カレーライス」を主体にしているお店は、数える程しか無く、しかもその大半はチェーン店ばかり。

 

チェーン店が悪いとは言いませんが、

「これぞ!カツカレー!!」と感じられる品には出会えず、まだ見ぬカツカレーを探す日々。

 

そんな最中、方々を検索していた中で、私のニュータイプの勘を震わせたお店を発見。

モノレールの天台駅から徒歩5分、穴川交差点と天台駅の中間に位置する中華料理屋さん

 

紀州屋飯店となります。

何故この店が気になったのか、は、後に説明するものとして、この日のランチは紀州屋飯店を訪れてみることに。

スポンサーリンク

天台駅から徒歩5分 メニュー豊富な町中華、紀州屋飯店 

ネット上で紀州屋飯店について事前情報を得ていく中で、メニューについては確認出来たものの、営業時間に関する情報がなし。

何度もお店の前を通ってきた経験から察するに、11:00~11:30を開店時刻と予想し、11:30頃に訪問を決行。

 

近隣を探せどコインパーキングが無く、天台駅前の駐車場に車を停め、歩く事5分を掛けお店に到着。

予想は見事に的中したらしく、私が訪問した時点で先客は2名。

焼きそばをツマミにしながら、昼からお酒を嗜むお父さん、仕事の合間にサクッとランチを頂きに来た現場作業の男性、

と、早くも町中華らしい光景が垣間見える店内。

 

続いて目を向けたメニューの方も、実に町中華らしい取り揃えが。

町の中華屋さんらしく、数多くの定食メニュ-が所狭しとラインナップされております。

 

もちろん、ランチならではのセットメニューも充実しており、

麺類+餃子は当たり前、チャーハンや小ライス、ミニたまごめしなども追随を見せており、一度入店したら最後、満腹感を得るまで帰宅できない吸引力の高さが感じられます。

 

そして最後に、麺類と単品、ご飯モノメニューに目を向けると、

一番人気とされる「特大肩ロースみそチャーシューメン」から始まり、広東麺やエビそば

サンマーメンに麻婆豆腐麺、そして・・・カレーラーメンを発見!

 

そう、このカレーラーメンの存在こそ、私が紀州屋飯店のカツカレーに期待を寄せた要因なのです。

 

というのも、カツカレー自体は千葉でも多数のお店で見かけるものの、カツとカレー、双方を美味いと感じるお店となると、なかなか…。

豚カツをメインにするお店であれば、カツは美味いモノのカレーが微妙であったり。

その逆を探そうにも、千葉にはアジアン系カレーのお店ばかりで、洋食系カレーについては、提供しているお店すら少ない訳です。

 

これまで頂いてきた千葉市内のカツカレーの中で、本ブログ調べにて暫定1位となる「竹田屋」のカツカレーも

参照:千葉の鉄板焼き専門店、フランス割烹竹田屋 ランチでは本格派の洋食カレーがお勧め  ⇒

カレーとカツ、双方共にハイレベルで確かな美味さではあるものの、いかんせんその業態(鉄板焼き屋さん)故に、ハイソ感が拭えず。

 

スパイスのよる辛味と、味の深さ、濃厚さを兼ね備えたカレーに、ボリューム感溢れる肉肉した豚カツをトッピングしたカツカレー。

両者ともハイレベルなカツカレーを求めるのであれば

・出汁にこだわりを見せ、揚げ物も得意とする蕎麦屋さん

・幅広い料理をハイレベルで提供する、町の中華屋さん

このいずれかにこそ「至高のカツカレー」が見つかるのでは・・・?

 

との仮説の元、カレーを提供する町中華を軸に探していく中で

『カレーラーメンを提供するお店には、カレーも美味い』

といった傾向に気付き、カレーラーメンとカツカレー、両者を提供する紀州屋飯店に白羽の矢を立てたのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豊富なメニューに目移りするも、初志貫徹のカツカレーをオーダー

豊富な麺類に加え、隣の席で昼からビール片手に焼きそばを摘まむお父さんの美味そうな様子。

様々な誘惑に駆られるものの、初志貫徹を守るべく、なんとかカツカレーをオーダーするものとなりました。

 

注文後、お茶と共に何故かたくわんが登場。

水では無く、麦茶を出してくれる心遣いも嬉しいですが、なんと言っても見逃せないのがたくわんでしょう。

注文の品がラーメンであれ、焼きそばであれ、カツカレーであれ、とにかく提供されるたくわん。

そのサイズ感や、小さな小皿に対し更に小ぶりに盛られた量から察するに、既製品であることは間違いありません。

こだわりのある手作り、という訳では無いにも関わらず、なにか一品出しておきたい、という店主さんの思いがヒシヒシと伝わってきます。

 

しかし、たくわんを頂こうにも箸が見当たらず、ひとまずはカツカレーの到着を待つことに(笑)

たくわんから遅れること7分、揚げたてトンカツの乗ったカツカレーがいよいよお目見えです。

平皿の端から端まで、ヒタヒタになるまで盛り付けられたカレー。

そして、カレーでスッカリ姿を隠したご飯の登頂に堂々と構える、大ぶりなトンカツ。

ボリューム面に対する不満の声だけは、絶対に寄せ付けまいとする、町中華らしさが溢れる立派なカツカレーとなります。

 

では早速、カレーの方から頂いてみましょう。

野菜がしっかり溶け込んだカレーは甘みが強く、スパイスによる辛味はありません。

具には、玉ねぎと人参のみのシンプルな構成、深みやコクは無いものの、大人はもちろん、子供でも食べやすく調節されています。

家カレーよりも更に個性を打ち消し、万人が納得する懐かしさをも感じさせるこの仕上がり・・・そう、正に給食カレーと呼ぶべきカレーとなります。

 

続いてカツの方ですが、

大ぶりな外観ではあるものの、肉自体は薄く、スプーンでも食べやすいサイズ感。

豚肉を敢えて薄くすることで、ボリューム感は残しつつ、火の通りを早くするという、多品目を扱う町中華ならではの創意工夫が感じられます。

衣は厚目に付いていますが、目が細かいため、カレーを吸い過ぎず、ソースのようにして頂く事が可能。

汁気の多いカレーだけに、衣をべちゃっとさせない工夫も見られるなど、長年に渡る調理経験が伝わってくる仕上がりに思えます。

 

今回、紀州屋飯店頂いたカツカレーは、誰もが納得するボリューム、たっぷりの甘みを抱え、子供でも食べやすいカレーとなり、昔懐かしい給食を思い出させてくれた一品でした。

ただ、これは仕方ない話ですが、私が求めている「カツカレー」とは相容れない結果になってしまったのも事実と言えます。

 

今回のカツカレーに於いては、希望を満たすに至りませんでしたが、周りのお客さんが食べていた焼きそばを始め、気になるメニューを多数発見することは出来ました。

また、今回は近隣に駐車場が見つからず、天台駅から歩いて訪問したものの、帰り際に女将さんに尋ねたところ、

お店の真隣にある「セレモ(葬儀場)」の駐車場の、端っこスペースを利用する事が可能とのことでした。

駐車場の問題も解決出来れば、メニュー数も多く普段使いしやすいお店となりますので、次はカツカレー以外を頂いてみたいですね。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

紀州屋飯店

■ きしゅうやはんてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区天台2-1-16

■ 営業時間:11:00~14:00 / 16:00~20:00

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。