スポンサードリンク

モノレール天台駅の町中華 北葉飯店の名物、餃子のデカさと美味さに大興奮!!

先日、「麺処まるわ(作草部)」の店長との会話の中で、とある中華料理店の話題に。

 

そこは、モノレールの天台駅から稲毛区役所へと向かう商店街に、古くからお店を構える町中華で、存在だけは昔より知っているお店なのですが

外観ではごくありふれた町中華、といった風合いにも関わらず、店長曰く「餃子がバカ美味い」とのこと。

 

その餃子の旨さ故に、わざわざ都内から足を運ぶお客さんもいる程の、正に隠れた名店。

そんなよだれの出るお店があったなんて、これは聞き捨てならない話。

という訳で、天台~穴川間の商店街にある町中華、

「北葉飯店」へ、噂の餃子を頂きに早速行って参りました。

 

なお、こちらのお店ですが、残念ながら近隣にコインパーキングは無し。

(一番近いパーキングは、天台駅前になるかと)

 

ですが、お店から10mほど穴川方面に向かった左手にある

 

「穴川治療院」という看板左手の駐車場に、2台分の駐車スペースが用意されている他、北葉飯店並びにある居酒屋さんの駐車場(こちらも2台分)もPM2:00まで利用可能となっておりますので、これらいずれかをご利用下さい。

スポンサードリンク

千葉都市モノレール天台駅から徒歩5分、商店街の町中華 北葉飯店

これまでにも、まるわの店長からはいくつも有力情報を頂いているのですが、見事なまでにスベり知らずなお店ばかり。

もちろん今回も期待値をブンブンに振り上げ、向かった北葉飯店。

 

お店に到着したのは11:20を過ぎた頃となるのですが、すでに先客が3組。

テーブル3席にカウンター数席のこぢんまりとした店内は、既に活気で賑わっております。

 

同店の様に地元に根付いた町中華では、自分の好みや野生の勘で注文をするよりも、常連さんの注文に倣うのがベター。

そんな哲学に基づき、先客の注文に目を向けてみると・・・全員が全員、餃子をオーダー済み。

 

当然ながら私の中でも、本日の餃子は既定路線に入っております。

が、その餃子になにをプラスするかが悩めかしく、周りのお客さんの注文を見渡すと

・白米(ライス)

・チャーハン

の注文が半々。

 

なるほど・・・シンプルに餃子を味わうのなら、確かに白米も悪くありません。

ですが、味の付いたご飯が眼前に現れるだけで、テンションが2度上がる私にとってチャーハンは避けて通れない鬼門。

となれば、全ての欲求を一度で満たせる「チャーハン&餃子」の黄金コンビをオーダーしてみましょう。

 

ちなみに同店のメニューですが、

こちらの通り、町中華らしい壁掛けメニューがズラリ。

商品数も多い上に端の方になると、店内の奥席からだと凝視しなければ見えない程、手の届かない世界に到達しております。

他のお客さんもいた手前、これ以上の撮影は出来ませんでしたので、詳細はお店にてご確認下さい。

スポンサードリンク

噂の餃子のサイズ感にも驚きつつ、食べたら更に驚愕の美味さだった

忙しそうに鍋を振うご主人に、餃子&チャーハンをオーダー。

急ぐ旅でも無いので、のんびりと店内を眺めながら待つこと10分程で、まずはスープが登場。

中華料理店といえばこれ、とばかりに、金色に輝きねぎの浮かぶ、あの定番スープ。

そして、合わせてご登場となったのが、タップリ盛られた白菜の漬け物。

カウンター内を見ると、ご主人の奥様が白菜をあくせく仕込んでいましたので、自家製の漬物の様子。

 

ひとまず白菜を頂きつつ、スープを飲もうとすると、レンゲが無い事に気付きます。

まあ、セットでチャーハンを頼んでいるので、そちらにレンゲも付いてくるだろうと推測し、スープは一時保留に。

 

そうこうしている間に、早くも本日の主役がご登場。

こちらが北葉飯店の看板メニュー、餃子となります。

まず驚かされるのが、そのサイズ感。

1個あたり10㎝は優に越える大ぶりな餃子ですので、皮からして自家製と思われます。

 

なんにせよ、まずは焼き立てアツアツを頂かなければ、と注意を払いながら一口・・・

 

「う゛はぁぁぁあ!」

 

声にならない感嘆が溢れるほど、噛みしめる度に広がる甘さと旨味。

これは具材に使っているキャベツ、そして中華系のダシ??

タップリ詰め込まれた野菜たち具材から、甘さと旨味がジュワジュワと溢れ出してきます。

 

いわゆる肉肉しい餃子ではない、野菜多めの餃子なのですが、

「野菜からここまで甘みと旨味が溢れ出るものか?」

といわんばかりにジューシーで、滴り落ちるほどに旨味も凝縮。

 

10㎝強の世界に凝縮して詰まった旨味は、ビールよりご飯を合わせる方が引き立ててくれそうな予感。

これはもう、今すぐにでもご飯と一緒に掻き込みたい!!

 

そんな欲求を感じてくれたかの如く、最高のタイミングでチャーハンが到着。

中華料理店のチャーハンとしては、焼き色が薄ら付いているのみで、比較的控えめな味付けが予想されます。

このチャーハンならむしろ、白米の代わりになるのでは・・・?

と、餃子の旨味で満たされている口の中へチャーハンを一口。

 

うん、間違いありません。

塩コショウベースでシンプルなチャーハンではあるものの、旨味が凝縮された餃子の存在を否定すること無く、しっかり受け止めてくれます。

具材も、卵にねぎ、そしてチャーハンの具材としては大ぶりなの角切りチャーシューとシンプル。

シンプルな味付け、且つシットリ系チャーハンならではの食感が、旨味と甘みを蓄えた餃子のパートナーとして、互いの長所を引き延ばすコンビネーションを生み出してくれます。

 

ただ、このシンプルなチャーハンの中で、唯一頭角を現わしている存在となるのが、チャーシュー。

シンプル系で攻めている割に、このチャーシューだけは別格の存在感を放っており、これがまた肉食系の男心をくすぐってくれます。

餃子、チャーハン共に120点以上を付けたい最高の組み合わせながら、このチャーシューを口にすると、次はチャーシューが活きた一品に浮気したくなる…

そんな、「第三の女」の如く、妖艶で淫靡な魅力を放つチャーシューに至るまで、憎らしい程に魅力の詰まった品々。

 

ご近所にありながらも、一見ではなかなか入りづらい風貌もあり、これまで未訪問でいた北葉飯店。

常連さんと仲良く世間話に華を咲かせるご主人、常連さんの顔を見るだけで注文が分ってしまう奥様。

地元で愛される「町中華」と呼ぶにふさわしい、昭和の原風景ではありながら、そこで提供される餃子は平成の今でもトップランナーを走る名品でした。

 

近所にこれほどまで高水準な餃子を提供しているお店が存在していた感動に打ち震えつつ、また今すぐにでも食べたい欲求に駆られる

私の脳裏に、確実に刻みこまれる、感動的な餃子との出会いとなりました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

北葉飯店

■ ほくようはんてん

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-12-6

■ 営業時間:11:00~15:00 / 17:00~21:00

■ 定休日:火曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。