スポンサードリンク

作草部の中華 龍之介で初ランチ お得なランチセットが多数!

Vシネ俳優の様なイケメンご主人が鍋を振うことでもお馴染み(?)、町中華ながら一手の加わった激ウマ料理が味わえる、作草部の龍之介。

 

以前に一度、夜帯に訪問した際、チャーハンのウマサに惚れ惚れしたものの

参照:作草部の町中華、龍之介 テンション上がる「最強」五目チャーハン ⇒

ランチ帯では未訪問のままでしたので、久々こちらへ訪問してきました。

スポンサーリンク

ボリューム満点 お得なランチセットが多数揃う、作草部 龍之介 

ランチでは初訪問となる、作草部の龍之介。

表の看板で早速、ランチメニューを発見。

半チャーハン&ラーメンで650円というリーズナブルなAセットに始まり、中華丼&ラーメン、ホイコーロ丼&ラーメンが、それぞれ700円。

 

更に全6品ある中華の定食は各800円ながら、+200円でラーメンを付けることが可能。

どこぞのファミレスでは、スープをコーンポタージュに変えるだけでも200円の追加料金が掛かることを考えれば、なんとも良心的な値段設定ですね。

 

懐に優しすぎる価格帯に惹かれるものの、この日の気分は「白米」方面にならず、レギュラーメニューに目を向けてみると

ゴマ・・・からし・・・ラーメン?

なんだろうか、気になります。

 

美味しい中華料理が食べられるお店だけに、ここにきてラーメン、というのは正直気が引けるのですが、そこで敢えてのゴマカラシセレクト。

これは、定期的に通える近隣住人だからこそ成せる業、と言っても過言じゃありません。

という訳でこの日は、近隣に住む常連っぽさをアピールすべく、ゴマからしラーメンをセレクトすることに。

スポンサーリンク

お値打ちなランチセットを全て振り切り敢えてセレクト、ゴマからしラーメン

この日の訪問時刻は、開店とほぼ同時の11:30。

当然まだ先客のいない時間だったのですが、注文を終えて待つ間に続々と入店。

 

開店から10分弱で、カウンターが全席埋まってしまい、中には昼から中瓶をたしなむお父さんの姿も。

お盆休みに昼からビール、これなら理解は出来るものの、こちらのお父さんの服装は、まさかの作業服(笑)

午後の仕事が少し心配にはなるものの、なんの躊躇無くビールをかっくらう姿から察するに、これがお父さんにとっての習慣なのでしょう。

 

昼であろうと、ビールの中瓶がよく出る、夏の町中華らしさを観察すること10分、ゴマからしラーメンが着丼。

ゴマからしの正体ですが、どうやら担々麺風なラーメンでした。

ただ、挽き肉が無い事から担々麺では無いということで、ゴマからしといった呼称をしているものと思われます。

 

早速スープから頂いてみますと、これがまた結構攻撃的な辛さで。

上記とは別に、「激辛ラーメン」なるメニューもあるので、こちらのゴマカラシは控えで目であるものと勝手に予測していたものの、そんな気遣いは一切無し。

トッピングにネギを追加したことも相まって、2方向からの辛さを味わえるゴマからしラーメンとなります。

とは言え、ゴマの風味もしっかり出ており、ラー油と唐辛子の辛さ一辺倒ではない、深い旨味が感じられるスープでもあります。

 

とはいえ、ラーメンのみで空腹を満たせるものか不安を感じていたため、今日はサイドメニューに

こちらの餃子をセレクト。

けっこう大ぶりな餃子が5つ盛られており、箸を入れる間もなくジューシーな肉汁が溢れています。

 

醤油&ラー油Verと、昨今ブームの酢&胡椒、2種類のつけダレを用意してみましたが、酢胡椒を口に入れた瞬間

「酢、好きじゃ無かったわ」

と思い出し、醤油&ラー油へシフトチェンジ。

 

せっかく溢れ出る肉汁を、酢でサッパリさせる

という思考には、まだまだ行き着かず、終始コッテリを楽しませて頂きました。

 

さて、話を戻しゴマからしラーメンですが、美味しく頂きはしましたが、チャーハンを頂いた際の感動には届かず。

これはこれで十分美味しかったのですが、こちらのチャーハンの旨さを考えると、ゴマからしラーメンという選択肢は、まだ私には早かった模様(笑)

五目チャーハンだけで無く、あんかけチャーハン、ガーリックチャーハンと、まだレパートリーのある龍之介だけに、次回は初心に帰り、チャーハンの旨さを堪能してみようと思います。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

中華龍之介

■ちゅうか りゅうのすけ

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区作草部2-4-33

■ 営業時間:11:30~13:45 / 17:30~21:00

■ 定休日:日曜日

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。