スポンサードリンク

JR幕張駅近く 中華の人気店,回頭で初めてのポーザーハン

昨年の末頃まで、毎月1度幕張に通っていた際、

(といっても、幕張にある耳鼻科への通院ですが)

たまたま立ち寄ったにも関わらず、予想のはるか斜め45度上を行きすぎてしまい、

興奮を抑えきれないほどに絶賛してしまった、中華のお店「回頭」。

参照:幕張の中華、回頭(HUI TOU)が本格派過ぎる!  ⇒

 

あの驚愕中華に出会って以来、これまでに2度、同店を訪れながら、気になってはいるものの未食となる品がある。

それが、「ポーザーハン」なるランチメニュー。

スポンサーリンク

想像を斜め45度上回って美味い「町の中華」、幕張の回頭

ポーザーハンというのは、『中華風土鍋ご飯』の様な料理のことで、こちら回頭の名物ランチ、とも言われている。

これまでにも何度か足を運んでいるにも関わらず、このポーザーハンを食べる事が出来ずにいた理由、それは

「きのこが含まれている」からだった。

 

本ブログでも何度か説明してきたとおり、私唯一の弱点となるのが「きのこアレルギー」であること。

また、この回頭のランチメニューである「ポーザーハン」は、週替わりで具材の変わる土鍋ご飯となっている。

その為、足蹴く通ったとしても、なかなか期待値高まるポーザーハンに出会うことが出来ず、今日に至ってしまった。

 

かといって、回頭さんがTwitterやブログ等で、

「今週のポーザーハンは○○です」

と、アナウンスしてくれる訳でも無いので、今週のポーザーハン

その正体を知るためには、お店まで足を運ぶ以外に方法が無い。。。

 

そんな状況下、淡い期待を込めて先日、幕張の回頭へ突撃。

気になる今週のポーザーハンは・・・

「干しエビと白菜の塩煮込み」とのこと。

 

・・・渋い。

 

ネット上で目にして来た「過去のポーザーハン」には

・豚の角煮

・海老のチリソース

など、想像するだけでヨダレものの極上メニューが存在しており、それらと比較した

「干しエビと白菜の塩煮込み」は、どうしても渋みを感じずにはいられない。

 

が、店員さんに直接確認してみると

「きのこは含まれていない」とのことなので、海鮮あんかけ焼きそばと悩みに悩み抜いた結果

ついに念願のポーザーハンデビューを果たすことを決意しました。

 

スポンサーリンク

念願叶い、期待のメニュー「ポーザーハン」を頂いた

回頭のランチと言えば、そう、サラダ。

中華ではどうしても不足になりがちの生野菜を頂けるサラダバーが常設されているのも回頭の特徴。

同サラダは、上記写真の品で全てとなるので、品数は決して多くない。

が、品数どうこうでは無く、脂分が多い中華だからこそ、生の野菜を提供してくれる心遣いが嬉しいじゃないですか。

 

サラダをお替わりしながら、待つこと10分。

ついに念願のポーザーハンが、眼前に降り立った・・・!

事前に伝えられていたとおり、今週の具材は、干しエビと白菜の塩煮込み。

メニュー内容と寸分違わず、タップリの白菜、それに細切りした竹の子と干しエビがチラホラ。

干しエビの香ばしさが、テーブル一面に広がるほど、香り高いのが特徴的。

 

あんかけでまとめ上げられた具材の下には、土鍋一面のご飯。

当然、土鍋で提供されることにより、おこげを作る事が出来る。

このおこげを、具材と絡めながら頂くと・・・

薄い・・・(涙)

 

いや、干しエビや野菜からタップリの旨味が出ており、

またその素材の味を引き立てるべく、最も適している調味料は塩、で当然なのだろう。

 

何より、塩煮込みと称しているのだから、中華料理とは言え味付けが薄目であることも想像出来る。

むしろ、濃い味が苦手な人でも食べやすい中華、として塩煮込みは存在しているのだから。

 

だからこそ、今週のポーザーハンが「薄味」であることは、当然の話だし、食べる前から想定した通りなのだ。

 

だけど・・・だけど・・・

 

過去にも何度と、私の想像を上回ってきた「回頭」だけに、

渋さばかりが先行する「干しエビと白菜の塩煮込み」であっても、私の想像を上回る

ガツンとパンチの効いた、驚愕土鍋ご飯が出てくるのでは無いか・・!?

という、淡い期待を頂いてしまっていたのだ。

 

しかし登場したのは、当然ながらメニューに偽り1つない「干しエビと白菜の塩煮込み」ポーザーハン。

干しエビの香り、野菜の甘み、程良い塩加減に、お米のおこげ

どれを取っても、文句の付け所無い完成された料理、ではあるものの・・・「クセが無さ過ぎる」のだ。

 

自分で言うのもナンだが、まだまだ血気盛んな年齢。

1日の英気を養うランチには、やはり「クセが強い!!」と声を挙げたくなる

そんなパンチある1皿をどうしても好んでしまう。

 

今週のポーザーハンは「干しエビと白菜の塩煮込み」なのだから「クセが強い!」訳が無いし

それを分かりながら注文した私が悪く、ソレを食べながら「クセが弱い!」発言など、お天道様だって許しちゃくれないことだろう。

 

ただ、夢にまで出てくるほど、気になっていたポーザーハンだけに

勝手に過剰な期待を掲げてしまい、その期待に勝手に無念がってしまった、それだけの話である。

 

人気メニューのポーザーハンと言えど、様々なポーザーハンが存在し

それだけ懐深い中華料理の数々を、町の中華屋さんでありながら提供してくれるのが、回頭なのだ。

次はぜひとも「クセが強い!」と声を挙げたくなるポーザーハンを頂きたいです。

 

PS.

帰り際に「先週のポーザーハンってなんだったんですか?」

と質問したところ

『先週は、海老のチリソースでしたよ♪』との返答が。

 

・・・先週に戻りたい(涙)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

回頭(回头 HUI TOU)

■ふいとぅ

■ 住所:千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-144 雄和ビル101

■ 営業時間:ランチ 11:30~15:00 / 17:30~22:30

■ 定休日:火曜日

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。