スポンサードリンク

下志津駐屯地すぐ側のコブケコーヒー インスタ映えするお洒落なカフェご飯

千葉では数年に1度、あるかどうかな先日の積雪。

朝からの積雪につき、子供を保育園へ送ることができず、急な休みとなってしまったこの日は、予定外の子連れランチに。

 

とはいえ、まだ路面に雪が残っている&凍っている箇所も多い事から

・車の多い大通り

・積雪でも営業しそうな、気合の入っているお店

よりランチの行き先を考慮した結果・・・、

シナプスがどんな動きを見せ、導き出した結果かは分らないものの、下志津駐屯地近く小深町にある

「コブケコーヒー」ならば営業しているのでは無いかと予想を企て、ランチを頂くべく訪問するものとなりました。

スポンサーリンク

倉庫をリノベーションしたお洒落カフェ、コブケコーヒー

最近でこそ千葉にも増えてきた、「インスタ映えしそうなお洒落カフェ」ですが、ここコブケコーヒーは、それらのパイオニアとも言えるお店。

オープンから間もなく2年?となるこちらのお店ですが、

平日は朝9:00から営業しており、週末ともなると7:00開店。

カフェらしい朝ごはんを頂けることから、時折利用させて頂いておりました。

 

また、11時からはランチ営業に切り替わるのですが、

こちらのランチは、いわゆるカフェメニューではあるものの、男性でも満足出来るボリュームがあるのが特徴。

SPFポークを始め、有機野菜の利用など、健康面にも配慮したメニューですが、それでいながら肉もガッツリ頂ける、嬉しい仕様なのです。

 

そうでありながら、店内は「今時カフェ」らしく、ハイセンスな作り。

『やたら』という言葉が実にふさわしい程、やたらとデカいトイレのドアを始め、そこかしこにお洒落が散らばっております。

それだけに、日頃は近隣の奥様達で賑わっている、小深町の隠れた人気店となります。

※ さすがにこの日は、朝からの積雪もあってお客さんはまばらでしたが

 

こんな悪天候の中でも、営業して頂けていることをありがたく思いつつ、店員さんに話を聞くと

やはり天候の影響からか、仕入れがままならず、提供できないメニューが多いとの事。

(目的は、イベリコ豚丼だっただけに、少し残念…)

 

そんな中でも提供可能となるのが、カレー類とローストビーフ系との話を聞き、

・私 → スパイシーキーマカレー

・かみさん → ローストビーフ丼

・子供 → 牛肉の煮込みカレー

を、それぞれオーダーするものとなりました。

スポンサーリンク

カフェご飯ながらも、男性でも満足するボリュームあふれるランチメニュー

という訳で、キーマカレーにアイスコーヒーを注文しながら、まずはスープから。

(どんなに寒かろうと、杉浦太陽君同様、年中アイスコーヒー派です)

 

この日は2種の日替わりが用意されており、

・ジンジャースープ

・ワカメの味噌汁

の2種類がセルフの飲み放題として用意。

 

アイスコーヒーを頂きつつも、一方ではジンジャースープで暖を取るものとなります。

蓋を開けただけで、店内に香りが広がる程、タップリの生姜が使われているものの、特有の辛さは控えめで芯から体が温まります。

 

スープにホッコリしている間に、まずは牛肉の煮込みカレーが登場。

店員さん曰く、子供でも食べられる程度に辛さは控えめとのこと。

一口頂いてみると、牛肉やタップリの野菜がトロットロに煮込まれており、カレーの全面には様々な具材の甘さが染み渡っています。

後味に僅かながら、ペッパー系のピリッとした辛味を感じますが、確かに控えめ。

ご飯と一緒であれば、子供であっても難なく食べられます。

 

続いて到着したのは、ローストビーフ丼となります。

大きめのボウル皿、その一面に敷き詰められるは、淡いピンク色したローストビーフ。

トッピングのネギやスプラウトなどが綺麗に彩られており、ガッツリしたボリューム感と同時に、絵面の美しさも感じられます。

 

こちらも一口頂いてみると、柔らかなローストビーフからは、噛みしめる程に甘さが滲み出ます。

いわゆる肉汁系のジューシーは無いものの、それを補っているのが4種類から選べるソース。

こちらには山葵マヨネーズをセレクトしていたのですが、ツンッとした辛味の後に広がるマヨネーズの濃厚さが、肉汁に代わりコクを加えており、一層ご飯を掻き込みたくなる豪快さも兼ね備えていました。

 

上記2品から遅れること2分、いよいよキーマカレーの到着となります。

ご飯は、白米と雑穀米からセレクトできるとのことで、雑穀米を選択。

ご飯の赤、カレーの黄、そしてサラダの緑とで、信号の様な華やかさが産み出されております。

 

サラダ用には、ゴマ風味のドレッシングが用意されているのですが、こちらは自身で後掛けできるスタイルで提供。

カレーとドレッシングが混ざり合うことを嫌がる派には、ちょっとした事ながら嬉しい配慮ですね。

 

それでは、カレーから頂いてみます。

タップリの挽き肉、人参、玉ねぎ、そしてパプリカが、細かく刻まれていながらも、それぞれの食感や個性が頭角を現わしています。

特に、たっぷり入った挽き肉からは、肉の持つ旨味が溢れており、これらがスパイスと混ざり合うことで、辛さと甘みの調和を産み出しています。

 

雑穀米を選んだことで、ご飯の方にも、異なる様々な食感が合わせっており、これらとカレーが組み合わさることで、一層複雑な味わいを構成しています。

彩り鮮やかなカレーではあるものの、見た目以上のボリューム感も兼ね備えていて、食べ応えも十分。

お洒落なカフェご飯でありながら、これでお値段600円とあらば、非の打ちようがありませんね。

 

本業がカフェだけに、コーヒーに至っては一切の手抜き無し。

入り口から出口まで、全てを美味しく、目でも舌でも味わえる、なんとも充実したランチとなりました。

次は、早起きした土日にでも、朝ごはんを頂きに来てみたいところです(早起きなど、する気ありませんが)。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

コブケ コーヒー (cobuke coffee)

■ こぶけこーひー

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区小深町79-2

■ 営業時間:月~金 9:00~21:00 /土・日・祝 7:00~21:00

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。