スポンサードリンク

千葉駅北口 アパートメントエムカフェ 男性には敷居高い?インスタ映えするアジアンランチ

最近読んだ雑誌(地域新聞? 笑)だったかで紹介されており

少し前から気になっていたお店の1つ、「アパートメントエムカフェ」。

こちらは、千葉駅北口より千葉公園方面に進んだ線路沿いにある

「弁天プラザ」という線路沿いに長ーく伸びた雑居ビル(駅ビル?)の1Fに

突如オープンした、このあたりの殺伐とした風景にはミスマッチなお洒落なカフェ。

 

当然、ただのお洒落カフェには全く動じない私ですが、こちらのお店では

ランチ時にアジアン料理を提供しているとのこと。

アジアンランチにめっぽう目が無い私としては、ここは抑えておかなければ!

ということで、早速ランチに突入して参りました。

 

雨天・週末となるとコインパーキングの空きが無い千葉駅北口

ひとまず車を止めて向かうべく、千葉駅北口周辺のコインパーキングを見て回ると・・・

無い!

空きが全く・・・無い(汗)

 

アパートメントエムカフェに向かったのは6月末の金曜日。

週末だから、なのだろうか?

駅近くには数多くのコインパーキングが線路沿いにズラッと並ぶにも関わらず

アパートメントエムカフェのある千葉公園方面に向かえば向かう程、駐車場に空きが無い。

 

雨の日に駅前の駐車場が混むのは理屈としても分かる。

が、この日は6月梅雨まっただ中とはいえ、天気は晴天。

このエリアには、およそ200台近い駐車場スペースがあるというのにも関わらず

ようやく見つかった駐車場は、千葉駅北口から西千葉方面に向かったところ。

 

せっかく近隣に大量の駐車場があると言うにも関わらず、徒歩10分の距離に車を止めるハメとなってしまいました・・・

余談ですが、千葉駅北口周辺に駐車場が見つからない際は、線路を挟んだ反対側である栄町方面に車を止め

千葉公演に向かうガード下より線路を徒歩で越えた方が近いかも知れませんね。

 

スポンサーリンク

期待を込めたアパートメントエムカフェ ランチのメニューは・・・

車で向かったにも関わらず、徒歩10分もの距離を歩かされ到着したお店。

時刻は13時近くとなっており、中のお客さんは

・お茶とお喋りを楽しむ近所の主婦(らしい女性)4名

・近隣学校の高校性カップル

の2組のみ。

 

周りを見ると、片付けの終わっていないテーブルもある事から、少し前に昼ピークを越えた

といった所じゃ無いかと。

 

とりあえず、店内に入りメニューをチェック。

千葉,グルメ,JR千葉駅,北口,アパートメントエムカフェ,カフェ,ランチ

アジアンカフェ、と考えていたのは私の思い込みだった模様で、どちらかと言うと普通のカフェらしい。

ランチメニューも数は多くなく、またアジアンな料理が多いとは言え、アジアンに限定されたものでも無い。

 

ちなみに私事ですが、数日前から持病である鼻炎の治療を兼ねて、今流行りのグルテンフリー(要は小麦を取らない食事法)の最中。

従って、ここ数日はラーメンやパスタ、うどん、そばといったグルテンを含む食事を制限しているため、この日のランチも自動的にご飯モノをチョイス。

その中でも、もっともアジアン且つガッツリしていそうなガパオライスを選択しました。

 

なお、上記したランチメニュー以外にも

千葉,グルメ,JR千葉駅,北口,アパートメントエムカフェ,カフェ,ランチ

こちらの様な、いわゆるスイーツメニューが店内に掲載されており、価格やセット内容を見る限りでも

どちらかと言えばこれらの商品こそが、アパートメントエムカフェの主力戦力な様子。

 

やはり、アジアン料理はあくまでランチ時のオマケであり、名前通り本業はカフェなのだろう。

この界隈には昔ながらの一軒家や、新たなマンションの開発も進み始めているにも関わらず

飲食店の数が決して多くないエリアだっただけに、こういった形態のお店が増えるとまた盛り上がりそうだ。

 

などと、お店の運営形態に関して1人勝手に模索している間に、注文の品が登場。

スポンサーリンク

千葉,グルメ,JR千葉駅,北口,アパートメントエムカフェ,カフェ,ランチ

色彩豊かな新鮮そうな野菜(まだ食べていないのでw)が大量に盛られ、お皿残り半分のスペースを選挙すべく、大きな目玉焼き。

そしてその下には主役となるガパオライスが登場。

 

なお、右上に置かれているのは日替わりの付け合わせで、この日はトマトのジュレ?と呼ぶべきかどうか・・・

野菜に対して無頓着かつ詳しく無い私にとっては、初めての食感&味ではあったモノの、確かなトマトの甘さを感じる上に

野菜が別に好きで無い私ですら「あ、この野菜は美味いな」と分かる程の、不可思議なトマトを使った一品。

 

また、プレートに盛られている野菜も、どれも鮮度が良いと感じるほどにシャキシャキとみずみずしい。

やはり女性をターゲットにしたカフェ形式のお店にとって、野菜の鮮度や種類、素材感は重要なのであろう。

 

が、同ターゲットに含まれない私にとって、最重要となる項はガパオライス。

最初に目玉焼きを崩すべきか否か、悩みつつもまずは具材とライスのマリアージュを楽しむことに。

 

久々に食べたガパオライスではあるが、お世辞抜きでこれは美味い。

少し濃い味付けにも感じるが、ご飯の方が甘みの強いお米を使っているので、具材の濃さ&塩度がご飯と合わさることでバランスを取っている。

ニンニクを始めとした複数香辛料の味を感じるモノの、いわゆる本格的アジアン料理店の様に、

日本人にとって馴染みの浅い(苦手とする人が多い)タイプの香辛料は使われておらず、なんといっても食べやすい。

 

が・・・

上記画像を見ても分かる通り、食べ盛りまっただ中にいる男性の私にとって

僅かばかりの野菜&茶碗1杯分のガパオライスであっては、お腹を満たすに至らなかった。

恐らく、同店の経営スタイルがカフェである為、ランチを食べて頂いた後に

多少の空腹感を残して貰い、そこにケーキ類を食べて貰う。

 

といった流れを意識してランチを提供しているからだろうか、主食のボリュームは小ぶりに感じた。

ただ、小ぶりなランチとは言え、ここは南青山では無く千葉駅北口徒歩7分の弁天町。

(私が車を止めた駐車場からは徒歩10分)

この界隈の相場を考えると、どうしても強気な価格設定に感じてしまう。

 

ただし、価格を考えずにガパオライスの味のみで評価すれば、久々大当たりな美味しいランチであったのも事実。

できれば、男性客が満足できるボリュームor追加のもう一品でもあれば、再度訪問したいお店になるのでは無いでしょうか。

 

■■ ブログランキング、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

アパートメントエムカフェ

■ アパートメントエムカフェ

■ 住所:千葉県千葉市中央区弁天2-23-1 1F

■ 営業時間:火~土:11:30~21:30 / 日: 11:30~21:00

■ 定休日:月曜

千葉駅北口を千葉公園方面へ

線路沿いに7分程歩いた、弁天プラザという駅に隣接した雑居ビルの

一番奥側(千葉公園側)右手になります

スポンサーリンク


合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントを残す

CAPTCHA