スポンサードリンク

稲毛区役所向かいの隠れ名店 アジアごはん BAGOOSのウマ辛アジアンなオムライス

先日の「ヒルナンデス」だったか「every」だったか…

いずれにせよ、TV番組のグルメコーナーをザッピングしていた際に取り上げられたアジアン料理。

 

それがあまりにも美味そうに見えてしまい、その影響から美味くて辛い「なにか」をボヤッとしながら求めていた所

自身の記憶を振り返り、思わず「ハッ」となる閃きの元、思い出したお店がこちら。

稲毛区役所の向かいにある、アジアン料理「BAGOOS」。

今年の夏前にお店の存在を知り初訪問した際、その【驚きのウマサ】に感動したものの、以降未訪問となっていたこちらを久々に訪れてみました。

スポンサードリンク

稲毛区役所の真向かい、豊富なメニューに目移り間違い無し バグース (BAGOOS)

この日の訪問時刻は、開店とほぼ同時の11:00。

最寄り駅はモノレールの天台・穴川両駅ながら、両駅のほぼ中間に位置しており、徒歩では少し行きづらい立地となります。

 

お店の前には駐車スペースが3台分あるものの、私が訪れた際にはすでに2組の先客がおり、駐車場の空きもラスト1台。

ギリギリのタイミングで駐車場に車を滑り込ませ、いざ入店。

【アジアン料理のお店】を地でいく様な内装は相変わらず。

テーブルや机はもちろん、タペストリーに至るまで、東南アジアの雰囲気を醸し出しており、料理はもちろんのこと空間までも、良い意味で「千葉らしくない」本格的且つ激ウマな東南アジア料理を頂けるお店となっています。

 

前回の訪問時には、夏期限定のメニューを頂いてしまったので、この日は通常のランチメニューからセレクトすることに。

こちら「BAGOOS」のランチは、メインの品を注文すると

・日替わりのスープ

・アジアンな日替わりお惣菜

・ソフトドリンク

の、食べ&飲み放題が付いてくるシステムとなっております。

ちなみに、朝の10:30までに大人三名以上のランチ予約を入れると、プチデザートもサービスされるとのこと。

まあ、友達の少ない私には縁の無さそうなサービスですが…(その代わり、2名分なら食べられるけど)

 

続いて、ランチのメインメニューですが、

ガパオ、ナシゴレン、グリーンカレーといった、アジアンの定番ご飯ものから

・黒毛和牛の広東風のっけ飯

・アジアンフライドチキンオムライス

など、中華・洋食の定番を「BAGOOS」らしいアジアンテイストにアレンジしたご飯もあります。

 

続いて麺類ですが、

タイ風焼きそば、トムヤムラーメンといった、こちらも麺類の定番から始まり、

・豚骨炒麺(レモンの加わったサッパリスープ焼きそば)

・インドネシア風ミルク麺(ココナツベース)

・オリエンタル海老そば(鶏ガラスープ)

など、味の想像が付かないながら、魅力溢れる説明書きに期待が弾む麺類がズラリ。

 

更には、それは完全にイタリアンでは無いのか?と疑問を持ちそうなパスタも豊富で

 

パスタの定番である

・トマトスープパスタ

・ボンゴレ

・アラビアータ

などが並んでいるものの、こちらのどれにも「BAGOOS」らしいアジアンな香辛料を加わえたアレンジが施されています。

 

更には、復活メニューの括りで掲載されている

・黒毛和牛のデミオムライス

・シュリンプソースカレー

・オリエンタル屋台麺

などといったメニューもランチで提供されています。

 

なお、同店のメニューには全て「☆」の数で辛さが表記されており、その段階は☆1から3まで。

辛さにはなかなか自身のある私ですが、それであってもここの☆3はかなりの強敵でしたので、ぜひご注意を。

スポンサードリンク

本場さながらの辛さながら、ウマサは本場越え! 激ウマ&辛がクセになるフライドチキンオムライス

定番のアジアン料理から、他ジャンルの料理をアジアンテイストにアレンジした品まで、バラエティに富んだBAGOOSのランチ。

そこそこ近所なので、頻繁に来られると分かっているものの、その豊富なバラエティには目移りするばかり。

 

近日中に再訪問、再々訪問することを前提に、今日の所は人気メニューの表記に倣い

「フライドチキンオムライス」を注文するものとしました。

 

ランチのオーダーを終え、セットの食べ&飲み放題をチェック。

この日のお惣菜は

「ジャガイモ&牛モツのココナッツ煮込み」

と解説すれば良いのでしょうか・・・

 

まあ、その辺の野菜&お肉がココナッツをベースに、様々な香辛料と共に煮込まれた品が、食べ放題として提供されていました。

せっかくなので、同じく飲み放題となるスープ&ソフトドリンクも一緒に。

ちなみに、テーブルに置かれている「カエル」は置物では無く、呼び鈴代わりとなるそうです。

が。クセが強すぎてしまい、どう鳴らせば良いのか分らず…(苦笑)

 

カエルの鳴らし方に悪戦苦闘しながら、スープ&お惣菜をたしなむこと10分。

いよいよメインとなるオムライスが到着しました。

丸く包み込まれたオムライス、そしてその上には大ぶりな唐揚げ。

ここまでだけでは「アジアン」を感じませんが、その上にかかったソース。

こちらからは立派に「アジアン」の香り、甘み、そして辛味が存分に伝わってきます。

 

まずはオムライスを一口。

中のご飯はケチャップでは無く、カレー粉で味付けが施されています。

ドライカレーの様な味わいではあるものの、その上に乗るオカズやソースとの相性を兼ねてか、カレー風味ではあるもののガツンとは来ず、控えめの味付けです。

玉子もふわふわに仕上がっており、下手な洋食店より全然クオリティ高いオムライスですね。

 

続いて唐揚げですが、揚げたてホクホク、且つジューシー。

大ぶりながらも、皮目がカリッと仕上がっており、噛みしめる度に溢れる脂すらご馳走です。

 

それより何より、この決め手となるのが真っ赤なソース。

スイートチリソースの様な仕上がりで、甘みと辛味が見事に融合しているものの、やはり7:3で辛味が優勢。

この辛さが唐揚げだけで無く、下のオムライスにも見事なマッチングを見せており、玉子の甘みを強調させながら、カレー風味のご飯に対しては辛味を引き立てます。

 

甘い、辛い、そして美味い。

見事な三拍子が、バランス良く互いを引き立てており、一見普通のオムライスに見えながら、その実態は惑うこと無きアジアン料理。

スパイスの使い方ひとつで、定番の洋食が全く違う表情を見せる、アレンジの妙を感じるひと皿でした。

 

ただ、男性が食べるには少し物足りなさを感じるボリュームでしたので、次回からは

「ご飯大盛り」でのオーダーが必要かなとも感じました。

※ ちなみに、麺類も全て大盛り(麺の量2倍)が可能となっています

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

バグース (BAGOOS)

■ ばぐーす

■ 住所:千葉県千葉市稲毛区穴川2-4-4 リヴファームANAGAWA 1F

■ 営業時間:11:00~14:30 / 17:30~21:30

■ 定休日:日曜日

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。