スポンサードリンク

裏千葉の人気カレー店 ラソイに新メニュー クセになる辛さの「激辛チーズナン」が登場!

今年初めのオープン以来、気付けば毎月数回ペースで足を運んでいる、中央区新田町(通称 裏千葉)のラソイ。

 

本格的なインドカレーがリーズナブルにいただける(しかもムチャクチャウマい)お店ながら、

子供用のカレー(こちらも甘めながら味はピカイチ)まであり、家族で美味しく頂けるのが大きな魅力です。

 

最近は、千葉ぶらぶら祭りにも参加されていたり、また10月は

チーバルにも参加されている模様で、上記の様な登りを発見。

 

そんなラソイさんに、最近新たな「激辛メニュー」が追加されたとの話を聞き、本日はそちらを紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

標準で5本のチリを使用&追いチリもOKな、激辛チーズナンが新登場!

オープンから早くも9~10ヵ月となるラソイ。

当初は日替わりカレーで提供されていた「パンプキンチキンカレー」にドハマリしてしまい、同カレーの提供をTwitterで確認する度、思わず笑顔がこぼれる…

 

それ程に、久々私の好みにドストライクで突き刺さったパンプキンカレーだったのですが、その後、様々なカレーに手を伸ばす度、

・バターチキン

・キーマ

・マトン

・シュリンプ

・シーフード

と、次々にドストライクを連発。

 

要するに、アレです。

私は、ここラソイのカレーそのものが好きなんだ、と気付かされてしまいました。

 

そんなわけで、最近はランチ帯であってもグランドメニューから選び、新たなストライク探しに明け暮れているのですが・・・

 

この通り、種類豊富なカレーに囲まれてしまうと、目移りするばかり…

まあ結局の所、どれを食べたとしても「ウマい」訳ですから、その日の気分にあったカレーを選べばOKな訳ですが。

 

ただこの日は、カレー以上に気になっていた新メニューがあり、そこを軸として考えねばなりません。

その気になっていた新メニューがこちら

「辛いもの好きの方限定!辛~いチーズナン」となります。

 

他店でこの様なメニューを見たとして

「いやいや~辛いって言っても、ソコソコでしょ」

と受け流してしまうものの、カレーの辛さにも定評ある、ここラソイが

「辛さは必ず相談して下さい!!」

とまで念を押す辛さとなると、これは只者では済まされない予感。

 

加えて、辛さの単位が「チリ5本」と説明されているが、そもそもチリ1本の辛さがどの程度なのかも分らない始末。

辛さの基準も分らない中、レベル5のチーズナンを注文して良いものだろうか・・・

 

否!! この挑戦、男なら引き下がる訳には行かない!!

レベルを下げてイージーモードな辛さを味わうような弱腰は見せず、ここは真っ向勝負、レベル5で勝負!!

 

と、不必要に発揮された侠気の元、辛いチーズナン(デフォのチリ5本)をオーダーしつつ、この日のカレーには「シュリンプ・バター・マサラ(辛口)」を併せることにしました。

スポンサーリンク

尿酸値が高くても止められない! 旨さ爆発のシュリンプバターカレー&チーズナン

侠気を見せた(?)辛いチーズナンの注文後、せめてカレーくらいは控えめにすべきだったか…

と早くも弱腰な想像が脳裏に浮かぶ中、店員さんから

「私もチリ7本を食べたんですけど、美味しいんだけど、しばらく喋れない辛さでした(笑)」との感想を。

 

喋れない辛さって・・・しかも、その割に語尾には(笑)ってw

期待と不安が入り交じる中、待つこと10分ほどで本日の強敵が登場となりました。

海老の旨味と甘みがたっぷり詰った、シュリンプ・バター・マサラ(でも辛口)と、想像していた以上にふっくら仕上がっているチーズナン。

 

まずは肩慣らしとばかりに、シュリンプ・バター・マサラから一口。

エビの旨味と甘みがギュウギュウに詰まったカレー、そこにバターのコクも加わり、言うこと無しのウマサですね。

しかも、甘みの後から「辛口」らしいスパイスが加わってきて・・・これでも十分辛い(笑)

 

とはいえ、これはまだまだ旨辛レベル。

月2ペースで慣れ親しんでいる辛さなので、この程度であればなんら問題無いどころか、最高にウマいレベルの辛さです。

 

さて、問題となるのはこちら・・・

見た感じでは、ふっくらと仕上がっており、激辛臭を感じる事の無い、ごく普通の美味しそうなチーズナン。

しかし、その内面から顔を出す、凶暴な緑たち。恐らくコイツが「チリ」の正体でしょう。

 

これが赤系カラーであれば、見るからに注意を払うのですが、厄介な事に「緑」。

その配色だけでは辛さを想像付かせないものの、唐辛子業界に於いての緑は、赤以上に危険な存在とも言われています。

 

さあ、覚悟を決めてついに、最初の一口・・・

 

「・・・ウマい!」

 

ふっくらフワフワに焼き上がっているナン、その中からこぼれんばかりのチーズが甘みと旨味を増幅。

これは普通にウマいチーズナンじゃ・・・ない!!

 

口に含んだ瞬間は、チーズの旨味が先行するものの、その後を猛追してくるのが凶暴な緑。

この悪魔の顔をした緑、小麦もチーズもフッ飛ばすその勢いは、マリカーでスターを取ったクッパの如き勢いで口内を駆け巡ります!!

 

ただ驚くことに、辛さが続くのは噛みしめた一瞬のみ。

後に残るのはチーズとナンの旨味だけで、スーーーーッと辛さが引いていく。。。

 

最初に訪れるソレは、チーズとナンを凌駕する破壊的な辛さであるものの、その辛さが口内に残り続けない、正に一瞬の爆発的な辛さなのです。

結果、「喉元過ぎれば、熱さ忘れる」状態となり、これなら余裕で食べられるじゃん・・・

と、2口目を口に運ぶと、次の爆発が到来(笑)

 

でもその爆発も、後を引くことが無いので、3口→爆発、4口→爆発

といった状態で、次々に打ち上がる花火が如く、口内では爆破と緩和が繰り返されるのです。

 

そもそものナンがウマいことは当然として、タップリのチーズが加わることにより、ウマサのボルテージが引き上がったナン。

そこに瞬間訪れる、マリカーの無敵クッパな辛さが爆発するも、居座らない辛さが病みつきとなり、際限なくこの辛さを求めてしまいます。

 

気付けば、カレー共々、残さず完食。

とはいえ、額から流れる汗の量は尋常では無く、その滴る量が辛さを象徴しているのもまた事実。

日頃から辛いものを好む派であるからこそ完食できましたが、かなりレベルの高い「旨辛」であることも間違いありません。

もう一つ付け加えると、「辛いチーズナン」を注文する際は、カレーくらい「普通」レベルに抑えておくことが望ましくも思いました。

 

爆発的な辛さが病みつきになるほど、非常に美味しく頂いた「辛いチーズナン(チリ5本)」でしたが、注文の際にはくれぐれも、自己責任にてお願い致します(笑)

(不安な場合は、チリの本数を調整して貰うのもアリかも知れません)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

インディアンキッチン ラソイ

■ いんでぃあんきっちん らそい

■ 住所:千葉県千葉市中央区新田町15-1

■ 営業時間:11:00〜15:00 / 17:00〜21:00

■ 定休日:不定休(HP、Twitterをご覧下さい)

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。