スポンサードリンク

秋葉原でも1,2を争うジャンク麺 肉汁麺ススムの辛い肉汁麺

この日は午前中より野暮用を片付けに秋葉原へ。

せっかくアキバまで来たのだから、アキバらしいランチを頂くべく、通称「ジャンクストリート」と呼ばれる、ジャンク飯のお店が建ち並ぶ末広町方面へ。

 

肉と脂が、所狭しと並ぶジャンクストリート。

右も左もジャンクでヤンチャな、食欲を掻き立てるお店ばかりなのですが、この日選んだ一食はこちら。

オープンから間もなく2年を迎える、アキバでも有数の「オカズ麺」こと、肉汁麺ススムに入店することとしました。

スポンサーリンク

ドカ盛りされた甘辛肉は、正にオカズな肉汁麺ススム

オープン当初、各メディアが取り上げたことから、ラーメン店がひしめく秋葉原に於いて一躍人気店となった、肉汁麺ススム。

私もオープンから数ヶ月のタイミングで1度訪問していたのですが、麺と名乗りはするものの、その姿は最早オカズ。

徳島ラーメンを彷彿とさせる、甘辛に味付けされた豚肉がこんもり乗る上、そのボリュームはカスタマイズ可能。

ここに生卵をトッピングすれば、最早豚すき焼と呼んでも過言では無い、肉に溢れかえったラーメンが頂けるお店となります。

 

先日、ボーッとしながら見ていたTVで、久々に「肉汁麺ススム」の特集を見てしまい、久々にフラグが点灯。

それとほぼ、時を同じくしてアキバでの所要も重なったことから、1年数ヶ月ぶりの再訪となりました。

 

さて、メニューについてですが、上記看板の通り、

・肉汁麺

・辛い肉汁麺

・肉汁つけ麺

の肉乗っけ系ラーメンが3品。

これに加え、ご飯Verとなる「肉汁丼」の全4品が基本メニューとなります。

 

上記全メニューが肉の量を調節可能となるのですが、前回訪問時にLV2でマストだったことを思い出し、今回も同量をチョイス。

また、後半に入り飽きを感じてしまう味の濃さを考慮し、今回は「辛い肉汁麺」を選択して食券を購入となりました。

スポンサーリンク

LV2でも200gの豚肉がお出迎え 辛い肉汁麺をオーダー

食券を購入し、店内へ。

まだオープンから10分程の時間にもかかわらず、すでにカウンターの半席が埋まる人気ぶりとなります。

 

アキバという立地もあってか、相変わらずの人気・・・あ。

数日前にTVで放送されたばかりだし、しかもそれを見て自分も再訪したんだった(笑)

 

今、自分がここにいる理由を思い出しつつ、念のため食べ方の方も復習を。

こちらのお店では、ラーメンを注文すると生卵がセットで提供されます。

この玉子の食べ方は様々あり、セパレーターを使って黄身だけを取り出す、徳島ラーメン方式や別皿に溶き卵を用意し、すき焼風にする付け卵スタイルなども可能。

濃い味が続くラーメン&肉だけに、味変の幅を広く持たせてくれるのは有り難いですね。

 

そんな食べ方の復習をしながら、待つこと10分。

1年数ヶ月ぶりとなる、肉汁麺との再会となります。

相変わらず、ジャンクな風合いは健在な模様。

周りを見渡すと、ラーメンをオカズに白米を掻き込む姿が目立ちますが、そりゃそうです(笑)

 

ただ、ここ暫く中性脂肪を気に掛けている私は、炭水化物の上乗せだけは極力遠慮したい身分。

(このラーメンを前にして、今更何を・・・w)

今日の所は、オカズのみで頂こうと思います。

 

まずは200gある豚肉から。

片栗粉をまぶして焼き上げられており、タレの甘さがたまりません。

豚肉自体の肉質も悪くなく、脂っこさはソコソコなのですが、いかんせんタレが甘いのです(笑)

ご飯と共に頂くなら、問題のない味付けですが、麺および単体で食べ続けるには、短時間で飽きを感じる味付け、とも言えます。

 

そこで、今回の飛び道具にチョイスしたのが「辛い肉汁麺」という訳ですね。

肉の頭頂に固まっていた唐辛子たちを、全体に均一化させ、再度肉を一口。

甘さばかりが際立っていた豚肉に、ガツンとくる辛みが加わったことで、食べやすさは格段にアップ。

スープの方も、徳島ラーメンを彷彿とさせる甘め設定となりますが、唐辛子の辛味に加え、花椒系のシビれもほんのり加わっており、甘さはマイルドに抑えられます。

 

G系ラーメンを彷彿とさせる、固めでワシワシした極太平打ち麺も、甘辛豚肉&スープに見事マッチ。

小麦の香りがどうとか、麺の味わいがどうこうを感じるというよりも、肉に負けないワイルドさがあれば成立してしまう、なんともジャンクな麺です。

 

箸休め代わりのもやしやネギもはさみつつ、中盤からは卵を投下。

これによって、新たな味わいが楽しめる様にはなりますが、せっかくの辛さがマイルドに抑えられてしまうのが少し残念。

卵は投下せず、すき焼風の付けスタイルで頂いた方が、「辛い肉汁麺」の本領を最後まで楽しめたな、と少し反省。

 

寒風吹き荒れる外気をものともせず、気付けば周りのお客さん同様、額に汗を浮かべながら気付けば完食。

途中、甘辛な味わいを中和すべく水を2杯飲み干したこともあり、満腹度合いは相当なものとなってしまいました。

 

が、ここまでの満腹を味わっても後悔の念に潰されない味わいは、さすがの一言。

賛否分かれる味付けであるのは確かですが、徳島ラーメンを好む私には、やっぱりこの甘辛さ、半年に一度は口に入れておきたいところです。

欲を言えば、片栗粉をたっぷりまぶしたお肉と、プラスチック製の箸との相性が悪く、やたらとスベるので、割り箸を用意して頂ければ・・・

ジャンク飯の聖地で、アキバらしいジャンクな肉汁麺、久々堪能させて頂きました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

肉汁麺ススム

■ にくじるめん すすむ

■ 住所:東京都千代田区外神田3-7-12

■ 営業時間:11:00〜20:45

■ 定休日:無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。