スポンサードリンク

新小岩 自家製麺 啜乱会  喉ごし良すぎる麺との出会いに思わず悶絶…

1月最初の連休ながら、この日は学生時代の同級生との飲み会へ。

千葉在住が大半であるメンバーながら、何故か会場の指定は新小岩(笑)

 

微妙に面倒な距離ではあるのですが、新小岩と言えば・・・そう。

麺屋一燈グループを始めとした、現在の人気ラーメン店が一同に揃う町。

飲み会の場へ向かう前に小腹を満たすべく、この日立ち寄ってみたラーメン店がこちら

オープンから約1年ながら、初訪問となる「自家製麺 啜乱会 (すすらんかい)」を訪れてみることにしました。

スポンサードリンク

2016年末にオープン 自家製麺が秀逸で話題のラーメン店、自家製麺 啜乱会 

麺屋一燈グループがひしめくからこそ、そこに追随する他店にも良店が数多く見受けられる新小岩。

今回、初訪問となった「自家製麺 啜乱会(すすらんかい)」は、その名の通りこだわり抜いた自家製麺が特徴となるお店。

 

事前情報によると、上大岡の人気ラーメン店の店主さんがプロデュースしたお店だとか。

都内ラーメン店の詳しい情報は良く分りませんが、とにかく期待するに申し分ない前評判を受け、訪れて見ました。

現在は期間限定メニューとして

・味噌らーめん

・青唐辛子味噌らーめん

の2種が提供されているとの事。

 

旨辛系ラーメンを好む私にとって、この「青唐辛子味噌らーめん」は神々しさすら感じる魅力的な一杯ですね。

相当な魅力を感じる上、普段あまり足を伸ばさない新小岩だけに、期間限定との出会いはなんとも捨てがたい所。

 

が、しかし!!

こちら「啜乱会」の看板メニューは正油と塩の二本立てであり、これらを頂かないことには、拘り抜かれた麺の真髄にも辿り着けそうにありません。

期間限定が放つ魅力を振り払おうと、心を鬼にして券売機に向かった所・・・

青唐辛子味噌らーめんは、まさかの売り切れ(笑)

これにより、後ろ髪を引かれること無く看板メニューへと向き合えそうです。

スポンサードリンク

魅力的な期間限定麺を振り切り、王道メニュー「ザ・正油らーめん」をオーダー

という訳で注文ですが、塩と醤油いずれにすべきか悩んでみたものの、ここは

「券売機の一番上にある」という理由から、醤油をオーダー。

普段なら、ガッツリトッピングを併せ持つ所なのですが、一応このあとに飲み会が控えている事を鑑みて、今日は控えめに「背脂」のみを足してみました。

 

この日の訪問時刻は、17時を回った頃。

まだ夕食には早い時間とあってか、店内はお客さんもまばらで、私の他に先客のカップル1組のみとなっておりました。

 

噂の自家製麺が、どの程度美味いのだろうか、期待に鼻をヒクヒクさせながら待つこと10分弱。

ザ・正油らーめん(背脂トッピング)が到着しました。

事前の情報によると、こちらのスープには鶏、豚だけで無く「鹿」が使われているのだとか。

通称「ジビエスープ」などとも呼称されているのですが、まず一口。

 

一般に知られる様な鹿の獣肉臭さは、一切ありません。

鶏、豚の旨味がたらふく詰まったスープですが、確かにそこへもうひと味、あまり馴染み無い旨味が感じられます。

これが鹿肉から染み出る旨味なのでしょうか?

鹿自体はなんどか頂いた事があるものの、スープとしての鹿は未開の地。

なんとも説明しがたい所ですが・・・・まあ、平たく言っちゃえば文句なしに美味い!!

 

そして、なにより注目したいのがこの麺。

中太のストレート麺なのですが、恐ろしい程に光り輝いているのです。

神々しさすら感じてしまう、この麺。

まず一口すすってみると、分りますね、店名の由来が。

 

ここまでツルッツルにモチモチした食感の麺、味わったことがありません。

初めてラーメンを口にする外国人であっても、思わず啜ってしまうこと間違いない程に、凄まじい勢いですすり上げたくなる程に、とにかく麺が美味い!

スープと麺の関連性に於いて、どちらにも優越をつけない主義なのですが、この麺は「これだけ」を目的に新小岩まで足を伸ばしたくなる程。

共に味わうスープ、更には背脂の甘みも加わり、グイグイと旨味のボルテージが掘り下げられていく、まるで底なし沼の様な一杯です。

 

トッピングの方にも手抜きは無く、長ネギと玉ねぎ、食感の違う2種のネギに加え、ラーメンには珍しいスプラウトが程良い辛味を与えています。

そして、食べながら驚いたのが

こちらには、何故か砂肝を発見(笑)

量は少ないものの、他のトッピングには無いコリッとした食感を味わえ、アクセントとしては面白いトッピングでした。

 

鹿を使ったスープ自体、これが初実食となる為、この美味さをどう伝えるべきか悩む所ですが、それを超越して、とにかく麺が美味い。

もう、その一言に全てが集約できる程、喉ごし良くツルツルした麺は、別格の存在感を放っておりました。

 

今回、中途半端に欲張って背脂をトッピングしてしまったのですが、これは背脂なしでも味わってみたい所。

付け加えるなら、スープの旨味がダイレクトに感じられる塩こそ、ジビエスープの旨さをハッキリ感じつつ、一層麺の旨味を感じられる食べ方なのかも知れません。

なかなか足を運ぶ機会の無い新小岩ではありますが、麺屋一燈グループばかりが新小岩では無い、とその底力をマジマジと見せつけられました。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

自家製麺 啜乱会

■ じかせいめん すすらんかい

■ 住所:東京都葛飾区新小岩1-50-12

■ 営業時間:11:30~24:00

■ 定休日:無休

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。