スポンサードリンク

新宿で話題のパリピなお店、DANCING CRAB TOKYO(ダンシング クラブ東京 )へ行ってみた

新宿で泊まりの予定が入った先週のこと。

普段なら、まず足を伸ばすことの無い土地である新宿まで来ているのだから、

「新宿らしいご飯が食べたい」

と、我ながら理不尽な謎のリクエストをした結果、その希望に応えるべく案内されたのがこちらのお店。

JR新宿駅、南口と東口の中間あたりに位置する、雑居ビルの2F「DANCING CRAB TOKYO(ダンシングクラブ東京)」なるお店。

 

ダンシングなクラブ・・・到底ご馳走にありつけそうには無い名前に見えるものの、ここで言われるクラブは、clubではなくCRAB=蟹のこと。

聞いた話では、ワッシャワッシャと蟹が食べられる人気のお店、との予備知識のみを持ちつつ、こちらのお店に飛び込んでみました。

スポンサードリンク

ダンシング クラブ 東京、扉を開けるとそこは・・・パリピの住まう世界だった

同店に到着したのは16:59。

17:00の開店時刻に合わせて予約を入れていたらしく、開店を待ちつつお店の前へ。

店内からこぼれてくる煌びやかな光が、やはり千葉には無い、『花の都大東京』を感じさせます。

店外にあるメニューを見た所、こちらでは蟹を始めとした、様々なシーフードが頂けるとのこと。

その料理の多くが、大人数向けになっているとの事で、大人4名による「新宿らしい食事」としてはうってつけなんだとか。

 

そうこうしている間に、開店時刻の17:00に。

時計の針がてっぺんに到達すると同時に、店内からは煌びやかな光と、ケタタマシイダンスミュージックが。

予約である旨を伝え、店内の席へと誘導される間も、ホール内のあちらこちらでは

ダンスミュージックに合わせ、踊り回るホールスタッフが多数。

やっぱこの店、CRABではなく、Clubだったんじゃないのか?

 

ホールスタッフと同じテンションでハシャぐ他のお客さん達。

その姿は、まさしくメディア内でしかお目に掛からない「パリピ」そのもの。

まさか40近くにもなって、こんなリア充過ぎるパリピと共に晩ご飯を食べる事になるとは…

 

とりあえず、席に通されメニューに目を向けてみる事に。

店外にあったメニューで、多少の予習は済ませたものの・・・やはり何がどうなっているのか、サッパリ見えてこない。

とりあえず、蟹や海老を中心としたシーフードを、アメリカっぽいソースで頂けるお店、ということだけは理解できたのですが、それ以上の情報は一切入ってこないメニューばかり。

 

その他のメニューにも目を向けてみますが。

様々なカタカナが所狭しと並ぶものの、商品の想像が付くのは

・ガーリックシュリンプ

・蟹グラタン

・ホンビノス貝のワイン蒸し

この程度。

 

最後に、定番となるメニューを店員さんが大声で説明してはいるのですが

・・・とにかく、BGMがうるさい。

ケタタマシイBGMの元、商品説明を受けるも、何一つアタマには入ってこず。

視界に入ってくるのは、ホットパンツより伸びるダンサーさん達の足ばかり。

 

結局、ここで自分の意志を発揮しようにも、メニューの構成に至るまで理解できなかった為、全てを友人に一任するものとしました。

アメリカ生まれ、シンガポール経由のレストランは、近代文明を回帰した手づかみスタイルだった

パリピの住まう町、新宿にてスタートした宴は、乾杯と共にスタート。

 

それと同時に、ホールスタッフさんがテーブル上に、大きな敷紙を引いていきます。

「これなんなの?」

と友人に尋ねた所、どうやらこちらのお店で提供される商品は、全て手づかみで頂くシステムになっているんだとか。

 

文明を覚えた現代人、散々な便利さを覚えた末に回帰する先が、まさかの手づかみディナーとは。

郷に入っては郷に従う主義ではあるものの、手で蟹やら海老やらを頂きながら、写真撮影するのはFレベルの難易度じゃなかろうか。。。

 

そんな説明を受けつつも、未だ理解に苦しむ中、まず一品目として現れたのが

こちら「ロメインレタスのシーザーサラダ」となります。

サラダ、と名乗ってはいるものの、要するにデカい葉っぱ。

その上に、これでもかとばかり、大量のチーズを振りかけ「シーザーサラダ」と呼ぶとは、これが大都会新宿の洗礼か。。。

 

出鼻からしてくじかれつつも、食べてみるとこれがまたどうして、なかなかウマい。

シャキッとみずみずしいレタスの食感、目の前で削り、たっぷり掛かったチーズの甘みとがマッチし、確かに口に中でサラダが出来上がります。

食べづらさを感じることは否めませんが、それも含め、楽しもうというコンセプトなのでしょう。

 

続いて、テーブルに運ばれてきたのがこちら、

「クラブケーキ」なる、お店の一押しメニュー。

テーブルに座るは4人ながら、運ばれてきたケーキ?は2つ。

普段ならナイフやフォーク、箸で切り分け半分こするものの、そんな近代文明はこの店には無し。

念のために「ナイフ、あります?」と尋ねてみるも「ありませーん♡」の返りのみ。

 

唯一、手元にある近代文明は「蟹を切るはさみ」のみ。

仕方なしに、はさみを使って切り分けてみると・・・

なんてことはない、ただの蟹クリームコロッケ。

クリームの分量は少なめで、蟹身がたっぷり詰っているものの

「クラブケーキ」と名乗る「ケーキ」の要素は、特に感じられず。

まあ、そうは言っても蟹クリームコロッケなので、至極当然にウマいんですけどね。

スポンサードリンク

シャッターチャンスと言われてみたものの、とてもフォトジェニックじゃ無いメイン達…

サラダにコロッケにと、前菜を摘まんでビールを流し込んでいると、三度店員さんが登場。

その手には、なんかごちゃごちゃ詰まったビニール袋が。

 

ここで店員さん

「行きますよー、シャッターチャンスでーす♡」

と、突如の叫びを上げるので、急いで手を拭きスマホを構えると・・・

・・・袋の中身を、全てテーブルにぶちまけた。

 

中からご登場となったのは、ずわい蟹、海老、ホンビノス貝、イカなどのシーフード

そして、コーンやポテトといった野菜たちが、全てビニール袋の中でソースと共に揉み込まれていたのです。

 

それにしても、シャッターチャンスと叫ばれ、これを写真に納めはしたものの・・・

これって、フォトジェニック・・・か?(汗)

ソースの影響もあるのかも知れませんが、私にはこれが・・・(※ 自主規制)にしか見えない・・・

 

ちなみに、こちらの料理には4種類のソースから1つを選ぶことが出来るシステムとなっており、この日選んだのはレモンガーリックとのこと。

恐る恐る手を伸ばし、まずは食べやすそうな海老から頂いてみると・・・

 

これが残念ながら、文句なしに美味い。

 

ビジュアル面に美しさや洗練された様は一切ないものの、ガーリックソースにレモンの風味がたっぷり掛かったソースと、シーフードとの相性が絶品過ぎる。

アタマからバリッとイケる海老や貝はまだしも、蟹に至っては腹が立つ程食べにくいのですが、その食べづらさを凌駕してでも食べたくなる。

それ程までに、とにかくこのソースが掛け値無しの美味さを誇っていました。

 

このソースにズッポリ魅入られてしまった私は、ソースの味をしっかり堪能すべく、バターチーズトーストを追加で注文。

※ この時点でソースまみれとなってしまい、トーストを写真に納めることは出来ませんでした

 

想像よりも大ぶりなトーストをちぎり、ソースにつけながら頂いてみると・・・

だよね、やっぱりそうなるよね。

 

もう、この組み合わせこそが今日一、最強のパートナーシップを発揮。

レモンガーリックによる、コッテリ×爽やかの共演を引き立てる、カリッとした食感+バターとチーズの濃厚な旨味。

なにより、シーフード類とは比べものにならない食べやすさが、道具を使うことを覚えてしまった現代人の私にとって、なによりも有り難い訳で。

 

とまあ、非日常すぎる世界に案内された為、見慣れない光景、食文化の違いに思う所は多数ありました。

が、結果から言うとやっぱりウマい、それだけは揺るがぬ答えとなりました。

 

ただ、手づかみで色々頂く事によって、都度、手を拭かなければならないこと

手が汚れているが故に、自由にその辺を触れない煩わしさを鑑みると・・・一度体験できればお腹いっぱいかな、とも感じてしまいました。

やっぱ、いい大人がワシワシ手づかみで魚介類をむさぼる姿って、絵ヅラ悪いな・・・と感じた次第です。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

ダンシング クラブ 東京

■ だんしんぐくらぶとうきょう

■ 住所:東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル  2F

■ 営業時間:11:30-15:30 / 17:00-23:30

■ 定休日:無休

スポンサードリンク

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。