スポンサードリンク

日本一美味いミートソース? 東京MEAT酒場 浅草橋総本店に行ってきた

今日は、千葉を離れ都内のお店での食べ歩き話を。

 

少し前に夕方のニュース番組・・・everyだったかスーパーJチャンネルだったか

坂田さんが出ていた様な気もするので、everyであった様な・・・

 

いずれにせよ、TVで目にして気になっていた

「日本一おいしいミートソース」を看板に掲げているお店が、浅草橋にあるとの情報をキャッチ。

 

この日の前日、野暮用で都内に泊まっていたため、翌日のランチを、噂の「日本一おいしいミートソース」にしようと向かった先がこちら

JR浅草橋駅の線路沿いに位置する、立ち飲み屋というか居酒屋の様な風貌。

ではあるものの、その実態はイタリアンという変わり種のお店、「東京MEAT酒場 浅草橋総本店」へ行ってきました。

スポンサーリンク

中年男性が1人で気軽には入れるイタリアン、東京MEAT酒場 浅草橋総本店

開店時刻とほぼ同時に入店したものの、1Fカウンターは空席が3席のみ。

ちなみに、2Fもあり、そちらは2人以上のお客さん用に作られている模様。

当然私は1人身なので、1Fカウンターへと案内されます。

 

ただし、このカウンター席も店内からの移動が困難なほど、ぶっちゃければ店内が狭い(笑)

一旦、店外へ体を投げ出し、外から別の扉を開いて、再度カウンター席に到着。

席に座り、まず目を見張るのが、店内上部に掲げられているメニュー達。

その光景は、立ち飲み居酒屋を彷彿とさせるものの、そこに書かれる品々は、欧州からのお届け物ばかり。

話によると、ここのご主人、中年の男性が1人で気軽には入れるイタリアンのお店をやりたかったのだとか。

 

そもそも、中年男性が1人フラッとイタリアンを食べようと考えるものか疑問ではあるが

よくよく考えたら、私は立派に中年でありながら、1人フラッとイタリアンを食べに訪れている。

(しかも、はるばる千葉から泊まりがけで)

 

まんまとご主人の罠にはまっている自分と向き合いつつ、ひとまずランチメニューへ目を向ける。

今日の目当ては看板でも豪語するほど、満ちあふれる自身を感じさせる「日本一おいしいミートソース」。

・・・のつもりだったが、なんだこのパスタたちは。

 

バジルだパクチーだアボカドだ、と騒ぎ立てる20代OLには響かないかも知れないが、1人フラッと訪れる中年男性の胃袋を、背中を突き破って鷲掴みしてくるではないか。

秘伝ダレとペペロンチーノと納豆、挽き肉味噌のアラビアータ、醤油だれのカルボナーラ。

どれも一度として、声に出したことのない日本語だというのに、思わず連呼したくなるほど、キーワードの羅列だけで旨さがほとばしっている。

 

鱈子と雲丹と海苔に至っては、素材の名前しか挙げていないというのに、それだけでも失敗しようのない旨さが滲み出ているじゃあないか。

なかなか足を伸ばせない都内のお店だけに、全てのメニュー上から全部食べ干してしまいたい所だが、そんなことは物理的に不可能。

キーワードの羅列のみで空腹を刺激するメニューから、たった1つを選び抜く拷問刑を受けつつ、結局導き出した答えは・・・

 

「日本一おいしいミートソース、下さい」

となった。

スポンサーリンク

日本一美味いミートソースは、見た目からして日本一凄かった(笑)

注文と同時に、カウンター越しの厨房内では、神業とも秘技とも言うべき、厨房スタッフさん達の冴え渡る妙技がスタート。

店内カウンターは既に満席、と同時に、カウンターからは見えはしないものの、2階席にも続々とお客さんが来店している様子。

 

開店からまだ10分ほどだというのに、20名以上の注文が入っている厨房では、正に「乱舞」と呼ぶにふさわしい、高速パスタ調理が始まっている。

(ホントこちらのカウンターで行われている調理行程は、これだけでも見る価値のある乱舞でした)

 

あまりにも洗練された妙技に見とれ、時計に目をやることすら出来ず、気付けば注文の品が登場。

これが、日本一美味いミートソース…か?

 

と、驚きの反応を取ることを期待して提供されたミートソース。

ではあるものの、既に私は、everyで坂田さんが驚いたリアクションを見た上で訪問している。

すなわち、ネタバレは済んでいるのだ。

 

こちらのミートソース、

「まずは麺の旨さをシンプルに味わって欲しい」というご主人の意向の元、麺が上の状態で配膳され、その下にミートソースが埋まっているのだ。

 

ちなみに、少し不自然な造詣で提供される品だけに、

この通り、食べ方の手順がレクチャーされてもいる。

 

手順に従い、まずは麺を一口。

ここ最近、頻繁に口にする様になったため、舌がしっかり記憶している。

うん、惑うこと無く美味いこのパスタ、デュラムセモリナ粉の旨さだ。

小麦本来の旨さがみっしり詰っており、それでいてツルツルした舌触りともちっとした食感。

うどんでもラーメンでも無い、生のパスタ麺だからこそ出せるこの旨さは、確かに麺とチーズだけでシンプルに味わいたい。

 

だが、ここで提供されるパスタは「日本一おいしいミートソース」だ。

このミートソースと絡めずに、感動してたら身が持つものか。

という訳で、器の下に眠るミートソースを呼び起こし、麺と絡めながら口の中へ…

 

うん、美味い。

だけど、これをもって日本一、と呼んで良いものだろうか。

かといって、これまで食べてきたミートソースの中では一番かも知れない。

だが、そもそも私は、どの程度ミートソースを食べてきたというのか。

 

文句なく美味いミートソースではある。

だが、日本一と認定してしまって、果たして良いのか…

平たく言えば、確かに美味かったモノの、手放しで圧勝する美味さでは無く、僅差による判定勝ち、といったところか。

 

だがこのミートソースには、更なる味変が待っている。

レクチャーに従い、ハラペーニョを入れて、第2段階を味わってみる。

辛味が加わり、これはこれで好きだ。

だけど、私には酸味が強すぎなので、シンプルなタバスコの方が好みかも。

 

とはいえ麺が美味いので食べ進めてしまい、気付けばレクチャーにあった通りソースのみが残ってしまった。

ここで残りの空腹度合いにお伺いを立てたところ、まだイケそうな気配。

となれば、オヤジのイタリアンだからこそ叶う、夢の一言

 

「替え玉、お願いします」を発動してしまった。

 

結果として、大量の麺を腹の中に押し込む形となったのだから、やはり美味いミートソースであったことは間違いない。

ただ、日本一に認定してしまうことには、若干憚れるのと同時に、ミートソース以外のメニュー達も実に美味そうであったこと。

次にリピる機会があれば、ミートソース以外もぜひ食べてみたい、そんな「日本一おいしいミートソース」との遭遇でした。

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

東京MEAT酒場 浅草橋総本店

■とうきょうみーとさかば あさくさばしそうほんてん

■ 住所:東京都台東区浅草橋1-19-2

■ 営業時間:[月~木]11:30〜23:30 [金・土]11:30~24:00(日・祝は23:00)

■ 定休日:年中無休

スポンサーリンク


 

合わせて食べておきたい千葉グルメ



コメントは受け付けていません。